スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VoL.132.砂の城

▽Category : Midnight love


公園の砂場で 無邪気に笑いあう子供達のように
そんな感覚を 取り戻して

時間の概念もなく
空に描かれた どんな色彩さえ
笑顔を濁らせなくて

ただ 目の前の砂の城だけが
積み上げてきた過去も
崩れ落ちていく未来への不安も
すべての時の刻みを止めていく

へんてこな形を創り上げたって
それが ふたりで掬ったものだから

たくさんの砂の中に 
煌めく光が 時々 見えるように

いつもの笑顔の中にも 
一番 可愛いと 
そんな風に映る瞬間があるんだ

気ままな風に 崩されたとしても
幾度も また指先を重ねては
砂を 握り締められるように


いつだって この手を繋いでいるんだ


関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

VoL.133.幸福の天辺

VoL.131.想いを伝える言葉

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。