スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VoL.258 Jealousy論

▽Category : エッセイ
いわゆる “嫉妬“=Jealousy
コレ 恋愛をしていると 必ず影のように そっと ソコニアル 怖いもの 

恋愛をしていると 6種類の嫉妬に囲まれている 
  1. 自分が恋人に抱く感情
  2. 恋人が自分に抱く感情
  3. 恋人に嫉妬するオンナ
  4. 恋人に嫉妬するオトコ
  5. 自分に嫉妬するオンナ
  6. 自分に嫉妬するオトコ

もちろん コレ 同時に勃発ということは ありえないけど

いづれかの体験をしたことのアルひとは
そりゃ もう うじゃうじゃいるに違いない 

あんたもダロ? 

チョッと 恋愛にコ慣れてくると 
巧みに嫉妬シテイルコト 隠す技を覚えたりもするけど
基本的に 全くしないってのは 
そりゃ 恋愛じゃないし・・・ってのが オレの持論

だけど 誰かの恋愛に対して 自分が 5や6の立場に立たされたことは
幸いにしてない 

オトコとして 仮に嫉妬の感情が芽生えたときには
おそらくは 全力で隠し通すか もしくは チクット 言葉が滑って
あわてて ( ̄□ ̄;)!!イヤ コレは嫉妬じゃないから・・・と否定したりして

つまり オトコって っていうか オレの場合
嫉妬スルなんて ありえない・・・というスタンスは崩せない 

勿論 恋人が感情をまったくもっていなかったとしたら
それはそれで かなり 淋しい気もするが つまり2のケース 
( ̄□ ̄;)!!コレは恋じゃなかったのか・・・みたいに

自分の場合だと
『いや ぜんぜん平気』 ミタイナ台詞を 100歩譲って 
歯医者の椅子に座らされたみたいに がまんするか ( ̄□ ̄;)!!カッコわるぅぅ


嫉妬しない自分に こりゃ 恋じゃないな と 再確認するか
いづれにしろ ゼロではない感情を むりやり ゼロに見せる 
と云う作戦は オトコにとっては 極あたり前の行動 

なんで って 

そりゃ 

ミットモナイ 

と云うことに決まっている


コッパズカシイ  

ではなく

ミットモナイ 

なのである 


ところが 女性が コレを全力で隠す必要があるか
もしくは 女性が コレを完璧に隠せるかどうかは 
そもそも 疑問だけど 

彼女の場合なら

「あ〜ん♪ 妬いちゃうわ」
と 言葉以上の真実味に乏しいことの方が多い ...φ(* ̄0 ̄)ココがミソ 

おそらくは 嫉妬という感情自体は 過剰であれば忌み嫌われ
足りなければ足りないで 何かしらの事件に繋がる可能性も否定できない

つまりは いかにうまく乗りこなすか・・・ということが大事なのだろう 
オレ的には いかに悟られないように隠し通すか ということのほうが重要だけど 

しかし いったん バレてしまうと 
それは ミットモナイ というよりも 今度は

コッパズカシイ  系になるのである


どちらにせよ 


オレをそんな窮地にたたせるオンナがいれば 
それはそれで


事件だとひとり さわいだとしてもやりすぎではあるまい


関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

これ面白い。

「事件だ」というの わかるなぁ。
別な意味なんだけど わたしも思う時がある。
「夢中にさせる男出現っ 事件だ」ってね。(笑)
「あっ 勘違いだった」と省みるもんも含めてだけど。 あははっ
後半の9の壱弐参....これは男同士(同性)だから わかるのかもね。
これって 女にも当てはまるよね。(爆)
女なら その4がありそうな。
「彼じゃないとダメなの」と泣きを入れてくる。(爆)

My事件

わかるだろ?(笑)事件系の出会いって
sayokoのときは そうだったんだよ ある意味 My事件
オレの場合 勘違いってのもあるけど 
おそらく まあこより すごく早い時期に見切るけど(爆)
ま 冗談はサテオキ
?の四 『カレじゃないとダメなの』ってのも あるんだろうなぁ
でも いづれにしても 嫉妬するオンナ ??のケースで
本命を押しのける確率は 限りなくゼロに近いと思う
相手より先に嫉妬するようなら 
恋愛のスタートにもタテネーヨ ってのが オレの持論
嫉妬って 恋愛が始まってから 生まれるものがジェラシー系嫉妬
そのほかは ヤッカミ系だろ ただの(笑)
そのあたりは まあこも いやっちゅうほど
経験もあろうがな (もちろん やっかみをうけたことだぞ)
ぷぷぷ

ライバルだな(笑)

わたしも さよこに出会ったことは ある意味 my事件だ。
同性で よかったよ マジ。 ぷぷぷっ
話変わるけど 
その「コッパズカシイ」とか「ミットモナイ」とか
男性特有のような感情
ちゃんとドラマあたりにも描かれてることに最近気付いた。
なんで今まで気付かなかったんだろう。
多分 自分のことになると また別話になると思うけど
客観的に見ると 見えるようになってきた。
自分に変化を感じるよ んー。(遅過ぎかな?)

男性特有の感覚

その男性特有の感覚がわかるようになれば
オトコ心も 鷲づかみ(笑)
そういう視点で物事を見ると
ドラマも本も 二倍楽しめるよ(笑)
もちろん ネットの日記もな(爆)

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

VoL.259 Restraint論

VoL.257 Fetishism論

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。