スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VoL.289 誰かに伝えたいお話

▽Category : エッセイ
今日の松山は 20℃ ぽかぽか陽気にのんびりとした風が心地いい

社用で 社会保険事務所に 自転車で向かっていたときのこと
道程は ほぼ南北直線の路を方道2キロ 

途中 東西に流れる川の前後で 緩やかな上り坂と 橋を越えた向こう側には
同じほどの傾斜の 緩やかな下り坂があった 

息を切らすほどの急ぎ足ではなく 川を流れる水面を眺める余裕のある程度のスピードで 
その橋を越え さて 下り坂にさしかかった所で
右側から 一台の自転車が追い抜いていった

昼下がりの風景としては よくあることで さして 気に止むこともなく
眼の前に真っ直ぐにのびている地平線のほうへ視線を送っているオレの視界に
右後方から まもなく 追い抜いて行く姿が飛び込んできた

戦後に流行した・・・いわゆる もんぺを履いた 70歳はとうに過ぎているご婦人であった
てっきり 学校帰りの学生さんだとばかり 先入観で思い込んでいたオレには驚きであった

生涯 この年齢のご婦人に 自転車で追い抜かれたことなど 
未だかつて 経験したことのない という新鮮な感動であった 

しばらく その追い抜いてゆくその後姿を スローモーションのように見送りながら
下り坂にもかかわらず そのもんぺを穿いた両足は
ペダルを回し続けているのだ 

しかも ・・・ ( ̄□ ̄;)!!脚が消えている・・・漫画ミタイダ


ご婦人の自転車の車輪は オレの半分の大きさ 

しかし  スピードは二倍


つまり オレの脚の動きの 


6倍速?? 


みるみるうちに 地平線の彼方へ消えて行く 

なんだか気になって 少しスピードをあげてみた
まさか 今どきのはやりの電動機付自転車の自己発電中??かと思ってみたが
どうやら 自転車は ごく普通の 婦人用のものなのだ

近づこうにも近づけない オレの 目が回りそうなくらい脚が廻っている
それでいて 上半身は安定しているのだ 



なんだか ・・・( ̄□ ̄;)!! かっこいい 


ああ ひょっとすると そのもんぺの下にがあるのでは・・・


きになる

きになる 

ひょっとして・・・( ̄□ ̄;)!! サイボーグ??


と 思った昼下がり 




関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

rosa

脚が消えている
っというあたりから
オカルト話として
倍速モードで
読み込んでしまいました(笑

逆だよ(笑)to rosa

勘違い方向へ様 っていうから 誰だと思ったら
名前と タイトルが 逆になってるよ をぃ(笑)
わざと そうしたか 天然でそうしたかは
聞くまでも無いけど(笑)
倍速モードで見える風景って
自分の意識との すりあわせで
違和感が異常に不思議に見えるんだよ

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

VoL.290 イメージぷれい

VoL.288 Selfish declaration

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。