スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VoL.369 恋愛と価値観と

▽Category : エッセイ
恋愛が うまくいっているときには 
『価値観』というキーワードはでてこなくて

ため息の中でとか
記憶の中の過去の恋愛だとか
情熱をどっかに置き忘れたみたいな一人の夜にだとか

悪魔の呪文のように にょきっと あらわれるキーワード
なのかもしれない



彼女と付き合い始めたときに感じた価値観の相違は
それは 『違和感』というよりも 『ある種の衝撃』のような感覚に近くて

無論 眉間にしわを寄せたり 眉をひそめたり 
というリアクションよりも 
会話の中で出会う衝撃に対して 
自分の心が受身の姿勢をとるもの

その槍のような言葉になら ひょいと交わすような感覚や
その鞭のような言葉になら しゃがみこんでタイミングを計るというように

芽生える違和感を 価値観と認識する瞬間ってのは
きっと 無意識に自分の中に『アキラメ』という名の感情を
なにか 自分を納得させるために置き換えるキーワードみたいなもので

『アキラメ』とは まったくの逆方向に存在している恋愛の形の中でなら
おそらくは 『価値観』 というキーワードは 相手に対する尊敬だとか畏怖だとか
そんな新しいものに出会えたという 感覚に近いような気がする


まったくの他人から始まる恋愛だからこそ
たくさんの経験に含まれている『貴重な経験』も 『 どうでもいい経験』も
情熱があればこそ 『理解しようと無意識』に心が違和感を凌駕するもので

恋愛の初心者や 恋愛の上級者もどき にありがちな

大切な一瞬の言葉を見逃したり 
大切な一瞬の状況をうやむやにしたり

どうでもいいことで 過剰に反応したり
どうでもいいことで 言葉を選び間違えたり 

恋愛のボーダーラインである 楽しい 楽しくない の
そのどちらかよりに ひょっこりと足を踏み入れたりするときには
小さなミスが 致命傷になることもある

心が アレ? と違和感を生み出したとには 
すぐさま 紐解かなければならないし 

紐とかなきゃいけないようなことを
解決することもできない無責任な恋愛しかできない派所属の人は

特に 違和感を与えるようなことを 優柔不断な脳みそでやっちゃうと
表面上は相手が痛い思いするだけ・・・だけど
最期に痛い目にあうのは いつだって 自分なんだ





『 世間の恋愛の中に存在する常識とよばれている非常識な価値観』と
『自分のちょろっとしかしてきていない恋愛で築きあげた非常識だけど常識だと思い込んでいる価値観』との
そのふたつを ぶら下げながら いつだって ヒトは恋愛をしているんだ

そして 終わったときに
『価値観が違ったから』  
と イエル そのへんてこなメカニズムが 
恥ずかしげもなく また 世間の非常識に常識として組み込まれていく

どうせなら 終わったときに
『新しい価値観を探しにいくんだ』
と そんなへんてこだけど 前向きなような意味不明な感じのほうが
恥ずかしさの向こう側に きっと 笑顔があるような気がする 



価値観と個性
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

VoL.370 約束の果て

VoL.368 恋愛と日付変更線と

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。