スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VoL.385 バラード

▽Category : Midnight love
たとえば キミが 
その長い髪の隙間から 耳元で愛の言霊を受け取るよりも

青い空の下で 誰もがふりかえるような
そんな 大きな声で 気持ちを受け止めたいと思うとして

たとえば 誰もが
その甘い声の響きから 驚いた顔がやがて 緩んでいくように

見えないはずの地平線に向かって 立ち止まった足を
また 一歩踏み出すまでのその一瞬に キミだけが 駆け出すような

 ひとつの声が あたり一面の時間のスピードを 切りとって
 新しい色の言葉だったり 誰もが欲しがっていた言葉だったり

 誰にでもわかる言葉で キミだけに伝わる想いがあるとして
 誰もがほほえむけど キミが一番煌めくような笑顔にかわるなら

手をつないでいれば 空の色が どんな彩りだって 
同じ気持ちでいられると思うんだ


たとえば 満ち足りているような朝にではなく 
ほんの少し足りないと感じた夜でさえ

見上げた月にかかっている虹をみても タメイキがでるのなら
見上げた月に向かって 大きなはしごをかけて 落書きをしにいこう

 ひとつの文字が そこら一面の空気をあっというまに 吸い込んで
 新しい風が 昨日のキミも 明日のキミをも巻き込んだりして

 誰にでもわかる言葉で キミだけに伝わる想いがあるとして
 誰もがほほえむけど キミが一番煌めくような笑顔にかわるから
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

トラバ

ちょっと影響されて、私も返詩という感じで
書いてみました^^;
よかったら読んでやってくださいw

恋愛のうた

恋愛をしている時にしか
浮かんでこない言葉ってのがある
ソンナ瞬間にしか 使わない言葉も
るかさんの ソンナ瞬間の恋愛が ソコに
言葉として詰まっていて ヨイ出来だ
ちょいと セツナゲだけど(笑)

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

VoL.386 WHITE POISON STORY

VoL.384 恋愛の歴史

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。