スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VoL.388 自分を変えた誰かのフレーズ

▽Category : エッセイ
おそらくは 誰にでも 自分の飛躍の転機に関わった人物の一人や二人はいるだろうし
もしくは 自分の小さな世界を 広い世界に導いた言葉のひとつやふたつには
出会ったこともあるだろう

何に対しても瞳を輝かせて 新しいものをどんどんと吸収していく
そんな子供時代に たくさんの情報から知識を深呼吸のように吸い込んで
それが 叡智に変わるか ただの 耳障りなノイズに変わるかは ヒトそれぞれで

ヒーローものの活躍する世代に育てば 誰かのために正義を貫くことがどんなことかを
漠然と感じながら 物事の判定の基準を 正しいか 間違いかを
おぼつかない頭で考えてみたり 心もとない胸の痛みで感じてみたり

その基準さえ正しかったか どうかを 悩み始めるのは ずっと後になってからで
純真な子供心というものは ナニが正しいか という分析よりも
信じたものが 正しいと思いたい という概念が先にたつもの

そして それで いいんだ と思えていた頃


いつのまにか ヒトは世間からどんな風に自分が映っているかを意識し始める 
そんなことが 子供心に芽生えるのは 身近なヒトからの教育で
「そんなことをしたら 恥ずかしいでしょ?」
といった言葉に代表される ”恥”という概念を 理解するまで何度も叩き込まれながら
思考回路の中に 客観性というプログラムを組み込まれていく・・・かどうかは サテオキ

そんな 客観的視点をどうやって 手に入れたかなんてのを意識しなくとも
恋愛においては 異性にモテタイ という願望を セックスというキーワードよりも早くから
本能として いつの間にか持っているものなのかもしれない

好きな子をイジメル という主観的な行動原理から
好きな子にモテタイ という客観的な行動原理に いつしか オトコは変わっていくのが自然

おそらくは そんなものを察知したオトコ達は 世間にコロガッテイル

1.オンナにモテソウな ナニカを探しながら スポーツやバンドや バイクや車に
自分の情熱を注ぎながら 自分の趣味や特技の根底にある行動を意識し始める 

2.一方で そんな客観性を あまり取り入れることをしなかったオトコ達は
自分本位のオタク道を極めたり なんだか理解不能な研究の道へ進んだり

もちろん そのどちらかを 選んでも どちらにも 自分が満足しうるナニカってのは
当然 精神的充足感として 存在していて 
そこに 異性が介在しているかどうかの 違いでしかない 

1.系のオトコも 2.系のオトコも その自分と対照的な同性の相手の存在には
あまり関心をしめさないところが オトコらしいといえば オトコらしい 


オレはといえば 迷わず1.系の道を 突き進んだかのようにミエル自分を振り返りながら
その転機として存在するナニカってのは 女性のひとことや 女性の存在というよりも
ムシロ モテルオトコの存在であったり 振る舞いであったりする 

つまりは 模倣であったり 人真似であったり モテルオトコになるために
モテルオトコのたどった道を てくてくと歩いていくんだ ヾ( ̄∀ ̄)ノオクレルナ〜〜みたいに


自画自賛系のオトコの姿は ミットモナイ というのが日本人の感覚で
さりとて 冷静にふりかえれば 自分の実力以上にモテテイタような錯覚に陥るのは
どこの地方でもある スポーツができていたとか お勉強ができていたとか
バンドで田舎じゃ有名だったとか バイクを乗り回していたとか 

自分自身がミーハーであることを 否定しないけど 
流行を追っかけるということは みっともないことではなく
ちょっとかっこよくなる未来の自分を追いかけていた 
と 自分なりに 納得して そうしていたように思う

もちろん かっこいい先輩の真似をしまくり 
追い抜けではなく 追いつきたいという 程よい願望と行動とが
結果的に 実力をオブラートで包んだ モテル条件みたいな怪しげなアイテムを引っさげて
ナントナク 思った以上にモテテイル=自分がある程度満足してた 程度の感覚で


そうこうするうちに オトコって 本当の実力を身に付けなきゃいけないときが
ちっぽけな人生においてさえ 一度や二度は必ずあって
それが 社会的に催される選抜試験だったり
狭い意味での社会的に催される 
恋愛選抜試験だったり ←オンナの主観に採点されることを余儀なくされるけど 



ayashibito014.gif 選んでいるようで 選ばれてるのか・・・みたいな


目に見える競争世界も 目に見えない競争世界も 
いずれにせよ 恋愛だけにとどまらず 部活のレギュラーにしろ
バンドのナンカの大会にしろ 選ばれるためには ナニガ必要かということを
オトコは ちゃくちゃくと手に入れた情報から ちいさな知恵を働かせて
試行錯誤を繰り返していく 

もちろん 知恵なんて たいそうなものじゃなく
「なんだか はるき♪って クールでいい感じ」
などと 学校の噂で小耳に挟めば 
ますます 図に乗って ヾ( ̄∀ ̄)ノクールなふり全開 

「なんだか はるき♪ってやさしくて いい感じ」
と これまた クラスの女子〔爆〕からの 怪しげな情報が
教室でメモ書きでまわれば
さらに 図に乗って ヾ( ̄∀ ̄)ノ やさしいふり全開 

とまあ ・・・( ̄□ ̄;)!!オンナにふりまわされっぱなしな オレ 
そんな人生でいいか悪いかなんてのは サテオキ
自分を変える誰かのフレーズなんてものは そこら中にコロガッテイタ


大学に入ると ゼミの教授が こらまた びっくりするくらい凄いひとで
血族以外のヒトとしては 影響力NO.1だった教授
残念ながら その5年後に他界されたけど 
バブルの中にあって 10年後の日本をしっかりと見定めていた

当時 世界の企業ランキングに日本の銀行が名前を並べてたけど
10年後には 全部名前が変わってるとか
郵便局はなくなるとか 当時の学生としては 
「適当にいってませんか?ソレ」 って感じだったけど

まあ 後の時代は お察しの通り 

そういや 本を読み始めたのが 20歳を過ぎてから 遅すぎ
そんな教授が勧めてくれた本を 今でも覚えている


億万長者はハリウッドを殺す〈上〉 / 広瀬 隆

億万長者はハリウッドを殺す〈下〉 / 広瀬 隆


序章 バスカーヴィル家の犬
第1章 1冊目の本『ハリウッド映画史』
第2章 2冊目の本『機密漏洩事件』
第3章 モルガン家の伝説『大列車強盗』
第4章 ロックフェラー家の伝説『ジャイアンツ』
第5章 20世紀の歴代大統領とゴールドフィンガー
第6章 億万長者の異常な愛情
第7章 ハリウッド危機一髪
第8章 ジキル博士とハイド氏
第9章 紳士が法服に着換える時
第10章 眠れない時代
第11章 ケネディーに群がる亡霊
第12章 噂の真相
第13章 われらの眠れない時代
終章 神秘のなかの謎
資料・20世紀の歴代大統領と閣僚ファイル



この本の内容はサテオキ

それから 10数年
今日は マイぷれすで ちらちらっと気になるランキングにある本を読んでみた

久しぶりに衝撃的だった
ひょっとしたら オレ サムライになるかも ヾ( ̄o ̄;)をぃ

武士道の画像 武士道 新渡戸 稲造
4003311817



目次

道徳体系としての武士道
武士道の淵源

勇・敢為堅忍の精神
仁・惻隠の心


名誉
忠義
武士の教育および訓練
克己
自殺および復仇の制度
刀・武士の魂
婦人の教育および地位
武士道の感化
武士道はなお生くるか
武士道の将来

関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

トリビア観た?

日本刀とピストルの対決。
興奮したよー アレ。
日本刀に触ってみたくなった♪
はるきもサムライになるのなら
まずは日本刀買わなきゃだね。(笑)

ううん 見てない

ちょんまげと ふんどしを買おうかと思ったけど
それじゃあ ただの コスプレだよ をぃ
サムライになるかどうかは サテオキ
久しぶりに いい本を読んだ気がする
いつか 引用で紹介してみよう

フレーズ

感情に四季があっても
変わらない場所を 無くさないように
↑これ 確か はる兄の言葉
あたしは これが 衝撃的だったんだよなぁ(笑)
あれから もう 何年?謎笑

衝撃の裏事情

みこ スマン 覚えていないんだ オレ(素)
しかし いい言葉じゃないか(爆)
もし それをみこに渡してるとしたら 3年くらい前のはず(怪謎)
自分が流した言葉に 励まされるときだってあるからな
みこもオレの元気の素だし(エッチな意味ジャなくて)←アエテ
今度 サヨコとふたりで みこを胴上げするよ
オレ 足の方担当で(力強く握りこぶし)

アンパンチだな(爆)

覚えてないのか〜(笑)
そそ いい言葉なのよ〜♪
忘れもしない(爆)
みこが貰った言葉じゃなくてね、
カフェの日記の中の言葉だったんだぁ
あれから はる兄のとこ、真剣に通い出したのかも?笑  ←曖昧
きゃはは みこも元気の素なの?(笑)
ありがとうo(*^▽^*)o
おぅ〜 胴上げぇ〜♪
落とさないでヨぉ〜(爆)

言葉のルーツ

意外と自分が書いた文章って 覚えてないんだよ
あとから読み直して 「へぇ〜〜」ってのしょっちゅうだし(笑)
今度 古いやつを読み返してみるよ
たぶん マイぷれすには持ってきてない言葉だから
探せばアルかもしれない
印象に残る言葉って あるんだよなぁ
忘れる方が圧倒的に多いけど
胴上げはオトさないけど ちらっと 覗くよ(笑)

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

VoL.389 奥ゆかしさの謎

VoL.387 小市民の野望と デジカメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。