スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VoL.441.オトコらしさの謎

▽Category : エッセイ
オトコらしいと云われれば ヨロコビ
オトコらしくないと云われれば 凹む

オトコってすごくシンプルだと思う



女らしくない という言葉が
100%の否定の意味を込めていないとしても

オトコらしくない という言葉は
100%の確率で オトコを打ち砕くだろう

まさに 死んでくれ と同義語である

------------------------------------------

時代とともに オトコらしさの概念はかわっても
オトコらしさを求められている強迫観念は失われない

オトコは物質や機械の取り扱いに優れていたとしても
女性の取り扱いに優れているとは限らず

逆に メカ音痴の女性が 
オトコを手なずけられないか といえば そうでもない

おそらくは 会話のエキスパートはオトコではなく
女性のほうが 特殊な場合を除いて平たく語れば得意だとして
オトコはそんな会話の中身はサテオキ 
包括的に物事の結論にたどり着ければいいと 考えている

客観性といえば極端だけど 空間的に物事を捉えさせれば
マチガイなく オトコは優秀だ 
その才能は 恋愛以外では抜群に発揮される 

おそらくは そんな目に見えない心理的な部分ではなく
もっと 広義の意味で 目に見える部分が 
オトコらしさを表わしているんだろうけど

たとえば 男女問わず

自己保身にはしるよりも
危険をカエリミズ突き進んでいく姿だとか

内に引きこもらず 外側にむかって
未知の世界へ突き進んでいく姿だとか 

その突き進んでいく動機が 純であれ不純であれ
それをやっているオトコが オトコらしいかはサテオキ
それが できないオトコは オトコらしくない とはいえる

オトコが考える オトコらしさは
あくまでも 恋愛の中でさえ
目の前の彼女と比べて オトコらしさを誇るものではなく
まして 彼女の過去のオトコと比べて競り合うものでもなく

オトコの中にある いわゆる偶像崇拝に似た
勝手気ままなオトコらしさのイメージを
追走しているだけなのかもしれない

------------------------------------------------

恋愛のはじまっていない距離であるなら
そんな 生物的側面から オトコらしさを感じたり

何気ない行動が 女性自身の心理的側面のコントラストとして
オトコらしさを感じさせたり

あるいは 職場の同僚や先輩に対して 
責任感や自立心の強さに オトコらしさを感じるかもしれない

感じる部分は 個別に違ってはいても
感じさせる部分は さほど風変わりなものでもなく

ただ 経済的自立だけが最低条件だった 今よりも古い時代と
経済的自立をしはじめた女性が増えた今の時代との混沌の中で

同時に 生活的自立を 何者かによって求められたり
あるいは 余儀なくされたりしながら 

そういう意味では 経済的にも生活的にも
男女の格差がどんどんとユニセックス化していく近未来に

オトコらしさと 粗暴さを履き違えてみたり
優しさと 卑屈さを混同してみたり 
正解と不正解とをブレンドしながら 

もともと持っているオトコの部分と
新しくにょきっとあらわれるオトコらしさを
晒し続けて恋愛はそれでも進んでいくのだろう

結婚と恋愛との 決定的な違いが
その経済的/生活的自立との境界線の左右で
その束縛がないだけ 恋愛のほうがお気楽にもみえるけど

気づいていない主婦の人も多いみたいだし・・・( ̄□ ̄;)!!あ 
世間一般では オトコらしさの定義なんて とても曖昧

------------------------------------------------

前置きは サテオキ ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

今の 彼女との恋愛において
オレのオトコらしさが にょきっとでてくるのは
彼女自身がオンナらしいときであって

彼女がある意味 各種さまざまな自立心を発揮している場面では
オレのオトコらしさは影を潜めている

恋愛においては 結婚生活とは別の
オトコらしさと オンナらしさの役割分担があって
そんな分担は 結婚生活における 
食事・洗濯・家事・オヤジの分担ではなく

もっと 曖昧なものの中にある境界線にかなりの分量があって
それは 目に見えない部分の相互分担みたいな役割を
シナリオ無しでこなしていくことなのかもしれない

あ・うんの呼吸というよりも
もっと ごく 自然なもの

食事代をどちらが 持つとか
ベッドの上で どちらが上になるかとか
そんなことじゃなく

もっと もっと 究極にシンプルなものなんだと思う
その答えが なんなのかを 探すことよりも

きっと オトコらしさをなくしたなら
どうなるかを 本能で知っていることのように


オトコらしさは ただ持っていればいいってものじゃなく
恋愛のヒトコマ/ヒトコマに 
記憶として 刻んでいくものなのかもしれない

見えない未来にではなく
過ぎ去った過去にしか 見えないように
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

VoL.442.会話に潜む罠と恋愛の番付

VoL.440.ひとりのときに考えてること

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。