スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VoL.461.取捨選択

▽Category : エッセイ
オトコと女の取捨選択には
ちょっとした違いと 大きな違いがあって

捨てて胸の痛むものや 
感傷的になるもの

拾って笑顔に繋がるものや 
ソレが正解だったと思うもの

それ自体も違うし
選ぶ基準も かなり違うと思う

彼女の場合
「自分のための、取捨選択」

くるものは拒まず、去るものは追わず。
これがアタシの基本スタイルで。
でも、拒まないことによって、
自分にとって、非常に不利益で
疲労を増加させるものまで、受け入れてしまうんだ。


基本的には 
オレも来るものは拒まず 去るものは追わずタイプ

しかしながら
「誰にでも優しくして」
と彼女がオレに云うように

オレと彼女とでは微妙にタイプが違うらしい

彼女の場合 広い交友関係と 狭くて深い人脈を持っている
オレの場合 広い交友関係はあるけど 深い人脈は持たない系

どちらがどう ということはサテオキ

決定的に違うのは
彼女の場合 好き嫌いは激しいけど
入り口部分では とりあえず スルー
オレの場合 好き嫌いは激しくないけど
入り口は やや 狭い

ということは 入り口を通したヒトやモノに対しては
基本的には 同じスタイルで接している

個人差にもよるだろうけど
誰に対しても 同じリアクション
おそらくは 他のヒトと比較されたって
さほど かわったもんじゃない

恋愛と交友関係の違うところは
恋愛の終点は 理性を無くした果ての感情の終点だけど
交友関係は 感情の一歩手前の本音あたりで
ある一定の距離感を保てるようになる

いわゆる 恋愛の倦怠期の入り口付近で
交友関係は 一定のラインから 踏み込むことも
踏み込まれることも なくなって 安定する

こういう状態を 彼女から見れば
誰にでも優しい状態 に見えるのかもしれないけど
オレからすれば そこから先には不干渉という
見えないシグナルがあって

特に危機感を感じていない

誰だってそうだろうけど
毎日遊ぶ友人
毎週遊ぶ友人
毎年遊ぶ友人
数年に一度会う友人

といった感じで
それぞれ 1対1の場合
必然的に距離感は違うけど
互いのベストポジションというものが
自然に 出来上がるもの

女性とオトコの性差の違いもあるけど
オトコは 基本的に 「毎日なになにをした」
ということを 誰かに報告しなくても生きていけるモノ

女性の場合 あたりを見渡せば分かるように
「本日なになにをした」といわなきゃいけないような
そんな部分を持っていて

だから 単純に
「朝飯 ナニ食った」
ってのを オトコがいわないように

昨日 「友達とこんなことがあった」
ってのを 云わないのと同じで
そんなことに 罪悪感なんてあるわけがない

オトコなら
「へぇ そうなんだ」
ってのが
オンナなら
「なんで いってくれなかったのよ」


っての よくあることだし
気が利かないとか 隠してるとかの
レベルの話じゃないと思う

オトコは そんな日常を取捨選択している


選択時のよしあしの基準と
選択後のよしあしの基準とは

別物だと考えながら
オトコは そんな日常を取捨選択している

関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

VoL.462.恋に必要なモノ

VoL.460.愛する理由 愛される理由

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。