スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VoL.468.恋愛について

▽Category : エッセイ
恋愛については 
かなり柔軟なほうだと自負しているものの
人間的には かなり頑固なオレ

恋愛の中にある頑固さは 意固地に近くて
人間的に頑固なのは 信念に近い 
っていう持論は いわゆる 屁理屈
[:hide:]
生まれて死ぬまでの 自分の賞味期限の中で
どれほどの恋愛ができるかは サテオキ
どれほどの恋愛について語れるかは無限大

おそらくは 語りつくすことはできなくても
気が済むまで語ることは できるだろう

恋愛について考えているということが
新しい恋愛を ザクザクしていくためではなく

現実にヤッテイル恋愛に潤滑油代わりになるなら有益で
自分の理屈どおりに進まないとカンシャクを起こすなら無駄

オトコ同士でも オンナの子とでもそうだけど
酒の席だとか 宴の席だとか 
いわゆる 仕事とは別のプライベートタイムのテーマとしては
“恋愛”について考えることは ある意味
実用的ではなくても 人生の清涼剤にはなるもの

それは 自分の持論を誰かに頷かせるということが目的ではなく
自分の恋愛を結果として 「いいな ソレ」といわれて初めて
自分の恋愛が自他共に認める “いい恋愛”に昇華・昇格する

彼女と恋愛をして
同時に 恋愛の話をして 
もしも 彼女が 恋愛上手を自負していても
オレの恋愛観に賛同できなければ いい恋愛とはいえない

もしくは 賛同できない彼女に対して オレが持論を封印して
現実の維持だけに 精神を注ぐとしたとしても
そら 仮面系の恋愛にすすんでいくだろう 

こうした状況を余儀なくされている二人組は
世界にあふれかえってはいるだろうけど それはサテオキ


そんな オトコ同士 オンナ同士 あるいは性差を超えて
恋愛に対して ひざを突き合わせて語れるのは
誰とでもできるようで 意外と それが複数回であることは少ない

ヒトは不思議なもので 他人の恋愛話なんてのは
一度聞けば十分で 同じ話を何度も聞かされるほど
苦痛に感じることはないのだ(笑)


それが 複数回に及んでも 苦痛に感じず
逆に 快感をもよおす楽しさだったりするのは
話の内容もさることながら 話しての魅力にひかれるからに
他ならない 

それが 恋心だったり はたまた そうじゃなかったとしても
“あのヒトと恋愛の話がしたい”と思える相手は意外と少ない

そんな少ない相手の筆頭が 彼女であったりすることが
この上ないラッキーであることを いつも思ってはいるけど

酔っ払いの戯言みたいに
これでもか というくらい同じ話をするわけじゃないにしても
うっかり似たような話を繰り返したりしているオレ 

それを聞いてもらえることは ある意味
最上級の幸福であると思う

世の中のオトコ達の 恋愛論は
目の前の女性に 意外と受け入れられていないと思う



たまにはさ 聞いてやれよ
「だって 話してくれないんだもん」
という女性に限って

相槌が下手だったりする

「へぇ〜 すごいね」
って 嘘でもいいから いってみればいい

オトコは オンナの嘘には 寛容だ(笑)

関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

VoL.469.Tシャツと決断

VoL.467.リモート・コントロール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。