スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VoL.509.オトコとオンナのリアクション

▽Category : エッセイ
月曜日から東京出張

・・・出張というよりも社員旅行なのだが
いわゆる ヾ( ̄∀ ̄)ノ おのぼりさん? 

今のところの予定では 昼から自由
夕食は全員が集まって その後 また自由

てなわけだから 彼女とのデートを目論んでいるオレ
ところで 体調が全快とはいえない彼女

内容的にはハードなプレイは控えて 
豆腐を手のひらにノセル心境か・・・意味ふめぇ

-----------------------------------------
【金曜日】 

珍しく6時上がりの仕事
彼女に電話すると 小説を書き始めるのは「コレカラ」 ということ
オレのほうは 週初に数曲作って送っておいたから
「飯でも食ってから帰るよ」

飯後
「2時間くらいで書けるわ」
という彼女に

「じゃあ 4時間で予定しとく」

「なんでよ」

「うむ 経験上だ」

という時間計算のどんぶり系な二人

彼女が書き上げるまでに マンガ本でも読んで帰ることにして
ネットカフェに立ち寄る

「お時間はいかがいたしましょうか?」
「え~ っと 3時間パックで」

それから 2時間ばかりたったところで
彼女からの電話 

「なにしてるの~」

「ドラクエ読んでんだよ 今 11巻。 小説はどうだ?」

「まだ 書き始めてないの 後で電話する」

「じゃあ またあとで」

それから さらに数時間
「あれ? 彼女から電話がないな でも集中して書いているんだろう」
と 気にはかけていたものの

それ以上に 読書にハマっていたオレ
気づけば


12時を回っている

・ ・・( ̄□ ̄;)!!はっ いつのまにか5時間

とりあえず 全37巻のうち 25冊を読み終えたところで

「帰ろう」

徒歩 一時間 


家の近くのローソンで 夜食を買う
深夜 一時

「ケッコウ 頑張ってるんだな 肩が痛いといってたから
きっと 悪戦苦闘しながら書いているに違いない」

と 励ましの電話を

~~┗─y( ̄◇ ̄[]ゝモシモーシ









怪獣出現




・・・( ̄□ ̄;)!! なぜ そんなに怒っているんだ



待っていたオレ VS 繋がらなかったと主張する彼女







25冊もぶっ続けで読んでいたオレと
「ソープでも行ってたのかと思ったわ」
と ソープ童貞のオレに対し 挑発してくる彼女

ヾ( ̄∀ ̄)ノ マンガ本読んでたんだよ

5時間もぶっとうしで読み続けることが常識かどうかはサテオキ

「メール送ったのに」
・・・( ̄□ ̄;)!!読んでいないオレ 

「ほら だって いつも予定より遅くなるだろ? 
コレは リベンジだよ リベンジ」

「・・・」



さらに ぶが悪い気がする



結局 ローソンで買ったパンが涙の味がしたかどうかはサテオキ

2時半頃

「もう少しで書きあがるわ」

「そっか じゃあ もう少ししてかけるよ」


と言い残して 睡魔の女王に抱かれたオレ



さらに ぶが悪い気がする


ヾ( ̄∀ ̄)ノ 


---------------------------------------------------------
【翌 土曜日】

彼女はバーベキュー大会
オレは休日 


12時ごろに目が覚めて 電話をしてみた
昨日のことなど すっかり忘れていたオレ


彼女は 痛みの走る肩を抱えて最後の仕上げに入っている


もう なにもいうまい ヾ( ̄∀ ̄)ノおとこらしぃ~ 


「で 曲はどうするの?」




・・・( ̄□ ̄;)!! え? 気に入らなかったのか?


「30分??」

・・・( ̄□ ̄;)!!むりむり


「1時間??」

・ ・・( ̄□ ̄;)!!むりむり 2時間はいるよぉ



2時間という時間を与えられたら 2時間で仕上げるオレ
2時間という時間を与えたら 延長間違いなしの彼女

結局は 週初に送った曲 


「ああ コレいい」


・・・( ̄□ ̄;)!!って 聴いてなかったのかよ おい

-------------------------------------------------

彼女のバーベキューは4時ごろからだったはず
とりあえず アイコンを作って送って 家を出た

目的は 夕飯だが 実際のところ 
ドラクエ26巻 ヾ( ̄o ̄;)オイオイ 

「前回のバーベキューは 徹夜だったけど
今回は9時には終わるわ」

「ヾ( ̄∀ ̄)ノ じゃあ 11時だな」

「なんでよ~」

「うむ 経験上だ」

という時間計算のどんぶり系な二人パート2


しかしながら自信たっぷりに「9時」と言う彼女に
8時半に漫画喫茶を出て 9時に帰ってきたオレ


メールチェック・・・異常なし 
さすがに 昨日の二の舞はフメナイ

ヾ( ̄∀ ̄)ノ学習効果のあるオレ


ちょうど バイオハザードの映画が始まった
今日出来上がった小説と偶然かどうかはサテオキ

とりあえず 「帰ったメール」代わりに送る





反応なし




「うむ」 ここまでは予想通りだ 



そして映画の終わった11時 


「うむ」 ここまでは予想通りだ 


【日曜日】



というか 日付変更線を越えたあたりから





なぜか ぶが良い気がする






・・・が 結局 バンパイヤの映画を観終わって 4時





「勝負に勝ってイクサに負ける」


そんな言葉が ふと浮かんだ


きっと 彼女の体調が悪かったに違いない
と 自分を納得させるオレ
けっして「ソープにでも行ってたのか?」
などという台詞は吐かない




でも 

同時に



「彼女のリベンジ?」





そう思ったのが 現実だったのか夢の中だったのかは 謎
何はともあれ 日曜日は仕事 




月曜日はデートだ

関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

16th.デートレポート

VoL.507.恋愛強化月間

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。