スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VoL.569.ウェブの世界のユニセックス化

▽Category : エッセイ
ウェブの世界に広がっていく友人は
オトコでも女でも どちらでもいいんだけ

最近 男女の性別の区別がつかないことが多い
いや 誰かのマギラワシサのせいじゃなく 
オレが呆けてるんだと思うけど

たとえば 未婚だとか 既婚だとか
たとえば シングルだとか ダブル(?)だとか
そんな肩書きは どうでもよくて

たとえば どっかの社長さんだとか
はたまた 無職だろうと
花嫁修業中だろうと 花嫁廃業中だろうと
そんな肩書きも どうでもよくて

『恋愛』というカテゴリーを通して[:hide:]
さまざまな意見や疑問を聞くのは面白いし
その立場立場で見方や見解が違うのも理解できる

不思議なもので 言葉から伝わる感覚の同化は
性異を超えない範囲で存在していると思っていた

つまりは オトコには男の感覚
女性には女性の感覚が 必ず存在していて
アタマでは理解できても 体感による同一化は不可能であると
そんな 先入観に似たナニカがあって 

だから 言葉を読めば その人なりの人柄が浮かんで
見えなくてもいい肩書きなんかが浮かんだりする
それ自体が ナニカに影響を与えるということじゃなく
ムシロ 逆に自分に影響をアタエル人の存在の定義を知りたがったり

いわゆる オレ自身がフムフムと頷く同化作用は
女性の言葉よりも男性の言葉であることのほうが圧倒的に多いんだ

ところが 最近 どうも 性差関係なく頷きながら
相手の人物像を思い浮かべることを後回しにするもんだから
勝手に 「この人物は男性である」 と思い込んでいる節がある

ナニが問題ってわけでもないけど 
先日 「ああ あの人 面白い男性の恋愛論書いてたよ」
と 彼女に紹介した人が実は女性だったり 

ナニが問題ってわけでもないけど
まるで オレが嘘つきみたいで ちょっと 痛い 

世界がユニセックス化へと向かっているのか
それとも オレが ただ呆けに向かっているのか 
ちょっと 気になったりしてみたんだ 

彼女は女 ←これは当たり前 
だけど 会話の感覚とすれば
女性of女性であるよりも 
男性的な感覚を持っている女性のほうが
オレ的には会話は弾む 

オトコっぽい女性 ←たとえば ひげが生えているとか 
そういうんじゃなくて 
男性的な感覚を理解できて かつ 女性らしい女性
言葉で説明するのは難しいけれど 

男性的な感覚を理解できて・・・
というよりも ムシロ 男性的な感覚で会話を無意識にしている女性
っていうほうが 馴染むけど

ナニが男性的で ナニが女性的であるかを
説明するのは面倒だ 

そこらへん 適当に そんな感じってことで 

関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

投げやりwヽ(`○´)/

ユニセックス化・・してきてますね;;
私も先日間違えました(笑)
「男性的な感覚を理解できて かつ 女性らしい女性」
いいですよねぇ( `ー´)ノ
前に一人いましたが、理解ある娘だなぁと感心?したことあります^^今思えば↑のような人だったなぁと。
オトコも女性的な感覚を身につけないと(爆)
・・・そしてどんどんユニセックス化は進んでく;;

文明開化

最近 間違えっぱなしです(笑)
いい意味でのユニセックス化の進展は歓迎だけど
勘違いしている人も多いし
たとえば 
ただナマイキなだけの女とか ぷ
ただ理屈っぽいだけの女とか ぷぷ
浮気が甲斐性だと思ってる女とか ぷぷぷ
文明開化だよな〜(違)

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

VoL.570.恋愛と夏目漱石と彼女と

VoL.568.恋愛と距離感とか欲求とか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。