スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VoL.580.画面の向こう側の世界

▽Category : エッセイ
世の中には 知らないほうがいいことがたくさんある
画面の向こう側の世界もまた そのひとつだ

一秒 時を刻むごとに 数え切れないほどのサイトが更新されて
覚えられないほどの へのへのもへじの顔が 同じだけある

4年ほど前に ネットを始めたころは
画面の向こう側にどんなひとがいるのか 興味津々だった

だけど 興味=冒険心 だとすると 冒険の行方=満足
とならないところが ウェブの世界の奇妙なところ

似たもの同士 という言葉があるけれど
ひとつの時間軸に沿って 似たものが集まってくる
という傾向は ずっと以前からある

ウェブで知り合った人たちの多くが 
とても個性的で激しく そして美しい人が多い 

と 書くとなんだか うらやましく思われちゃいそうだけど
人間関係というのは不思議なもので 

激しい人の周りには 穏やかな人が戯れて
穏やかな人には 激しい人が集まる 

いわゆる 相殺の相性関係とでもいおうか
コミュニケーションという名のもとで 
掲示板に頻繁に通ったりして仲良くなって
互いのプロフィールを交換していた頃

その親密になっていくさまは きっとどこにでもある
人間関係の自然な構築のカタチのように見えて

個々には キリがあるけど
全体には キリのない繰り返しの中で
なぜか 疲労が生まれる

他人の事情に自分が共存してしまうからだろう

親しくなりすぎない人間関係のバランスが
長く遊ぶためには不可欠で
それでいて 冷たくなりすぎない距離感と
イカレルくらい熱くなりすぎない距離感との
そんな調整なんて 意識的にできるものじゃない

数年前に比べると 遥かに希薄になっている交友関係に
それでいて 逃げ出したいほどのストレスも抱えてなくて

結果オーライ程度のつきあいだからこそ
さほど 変わらぬ毎日でいられるんだろうけど

だけど実際は 彼女がそこにいるから遊び続けていられるだけで
いなきゃいないで とっくにネット遊びをしてないような そんな気分にもなる

ネットに依存していたと錯覚していた頃よりも
実際は 遥かに彼女の存在に依存していたりもする

もっと個人を知りたいと思う気持ちよりも
もっと楽しく遊べるためのナニカを知りたいと思っているのも事実で

画像がちりばめられている昨今よりも
もっと 情熱的に文字を追っかけていた頃のほうが
純粋に楽しかったような気もする

時代の変化に取り残されているような気もするけど
すぐに変わってしまうような流行を追っかけたくもない

せめて 自分の遊び方がスタンダードのひとつとして
ずっと残っているのなら それに越したことはないけれど

だけど どこを押しても似たようなサイトにぶつかる感覚は
自分の感性が鈍ってしまったのだろうかとも思う

求めない時に感性なんて必要もないんだけど
求めることが感性だなんてのもちょっと変で
求められたことを 感性だというくらいがちょうどいい 

だけど 求められたいわけでもない 
かといって ほうっておかれたいわけでもない

ナニカが足りないと感じるのは 子供の頃から変わっていない
いつだって そんな足りないものを探しているんじゃなくて
足りないものがなんなのかを 知りたがっているだけのように思う


関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

はぁ〜(←大きなため息)

これ読んで
ところどころの言葉が大きく響いた。
今、過去書き物の整理してて
今思えば、すごい量だったりする、1日あたりが。
その原動力が何か、心当たりはしっかりあって
あのころは、楽しかったんだろうと思う。
今が楽しくないわけじゃないんだろうけど
何かが足りない、そんな気がしてるよ。
その不足感は、おそらくネット上だけでなく
リアルな生活に原因があるんだろう。<わたし

ブーム到来

ほとんど 同じ年月を過ごしてるからな まあことオレ
その時々に感じることも さほど 大掛かりにかわりはしないだろうけど(笑)
純粋に 書くことが楽しいと感じる時期ってあるんだと思うよ
頭の中に漠然とモヤってることが くっきりと言葉に代わったり
誰かの言葉が妙にヒットしたり
書いている最中に 謎めいていたものがミエテきたり
きっと 循環サイクルみたいなものだから
マタ ブームがくるよ(笑)

はじめまして

ネットを覗きΣだして、8ヶ月の噛音というものです。
画面の向こう側について、モヤモヤをつのらせている時期なのです。
モヤモヤについて、格好よく言葉に出来ないので省略しますがw
凹んだら『このページ見よう』っていう程 滲みましたw
なんとなく、お礼を言いたくての._〆です。
『ありがとう』            (コメント欄汚してスミマセン;)

噛音様へ

>噛音様 【はじめまして】
なんてお読みするのでしょうか(笑)
今度 教えてください
ネット暦8ヶ月ころだと
いろんなことが新鮮で それでいていろんな事件に出会ったりして
とまどったり はしゃいでみたり 
一喜一憂の時期でしょうか
ネットの世界って ある意味 自分の意志だけでは
コミュニケーションの完成が叶えられないからな
相手を選別したり自然淘汰しながら 
これからも 楽しく過ごせるといいな
オレの言葉で滲みてくれたといわれると
凄く嬉しいよ 
ほんと ありがと
遠慮無しに これからも いつでもどうぞ

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

VoL.581.オトコが恋愛を語らない理由

VoL.573.飽和状態の謎

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。