スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VoL.592.デートまでの道のり.4

▽Category : エッセイ
オレの記憶が正しければ 彼女との二度目のクリスマスが近づいてきた
恋愛をしていなければ イベントなんてほとんど興味のない系所属のオレ

彼女が真性マグロに変身する前に イロイロと作戦を練っていた
深夜の電話の途中で どうにも元気のない彼女

機嫌の悪い時には毒を吐き
元気のない時には魂を吐く 
それは 彼女もオレも そんな変わったもんじゃない

「あ そうだ もうすぐクリスマスだよな」
「まだ ずっと先だよ それまで続くかわかんないし」

あいかわらずである

「そうそう オマエに曲を作ろうと思うんだ」
「・・・」

今 ぴくっと シマシタね? 

「どんな曲が好きなんだ?」 ←知らないオレもドウヨってのはサテオキ
「う〜〜ん いっぱいある 明るいのもいいし 静かなのもいいし・・・」

会話に乗ってキマシタネ?

「オレ コーヒーのCMのやつがスキなんだよな ほら アレアレ」
と 受話器越しに 歌詞さえ知らないやつを歌ってみる
コレで通じるからアラ不思議

「じゃあ アタシは サザンがいい」

サザン丸ごと弾いてしまうと 著作権なんたらがどーよ
って話をしたあと
似てるだけならいいだろう 
ってことで 
彼女のリクエストのTSUNAMI(byサザンオールスターズ)の
ワンフレーズをちょろっとお借りして 
・・・というか オレこの曲サビの部分しかしらないんだけど

日曜日まるごと使って 創ってみた


クリックして聴いてみる



関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

大作だねぇ

聴きごたえあったよ
しかしニクイプレゼントだなぁ。(このこのっ ←つっついてる 笑)
職人系が好きなくせして
絵とか詩とか曲だとか言葉とか
好きになったオトコにもらったことがない。(ああ、かわいそう 自爆)
この曲を聴きながら
「彼がわたしのために弾いてくれたんだわ」
と思える彼女さんは、さぞかしニンマリしたんだろうと想像すると
こっちまでニンマリになったよ♪

いいんじゃな〜い

好きな人から曲のプレゼント♪って萌え
だけど、あたしもそんなコトはないなぁ(残念)
はるき♪さんの曲を聴きながら、才能を感じつつ
ウットリ浸って聴いていたけど
その反面で「あたしの為じゃないのよ〜」って言い聞かせてた(笑)
例えばもらったとしたら・・・自慢しまくりで、聴かせるか
それとも、もったいなくって1人占めするか、しばらく考えたけど
そんなコトは、ありえないから考える事をやめた
はるき♪さん、解凍レシピはいらないでしょ〜

プレゼントと男の因果関係

>まあこ様
だいさくって呼ばれたのかと思ったよ(笑)
「聴きごたえがあった」といってくれるのは 彼女とまあこぐらいのもんだよ 実際(笑)
しかし 職人系がすきなまあこが 職人技を発揮されたことがないってのは
こりゃ かわいそ杉注意報だな(追い討ち)
ソレハサテオキ 同情とか じゃなくて いつか 彼女とオレのコラボで
まあこには 贈り物をするよ
ハンカチの用意シトケよ ぷ

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

VoL.593.デートまでの道のり.5

VoL.591.デートまでの道のり.3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。