スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VoL.642.恋愛と外側からの世界とがつながるもの

▽Category : エッセイ

誰にでも訪れるその日が、自分にとって特別な日であるということ。
幾度目かのその日に、かつて通り過ぎて知り合った人の数と同じだけの笑顔があって、
幸福であることを、いつにもまして感じることだろう。
そうであって欲しいと願う気持ちと、そうであろうと確信めいた気持ちとが同居している。

人は、時間と時間との狭間の出来事を、次に巡り合ったときに埋めようとするけれど、
僕はあの日、その瞬間に、巡り合わないことを望んだ。
本当に望んだかどうかはさておき、そうしようと決意したんだ。[:hide:]

いつかくる恋愛の終わりを思い描いたことはなかったし、
終わった恋愛の意味を考ることも心が拒絶した。

君の中にあった僕の残像が途切れ途切れになることを恐れたりはしないけど、
僕の中にいた君が、消えそうになったり、突然現れたりしても、
そのどちらも、痛いんだ。

君のその後の現実を知ろうとはしない。
知ることが痛みに変わるわけじゃなく、
知ろうとする自分の姿が痛い。

痛みから逃れるために、何かに打ち込んで、
浮かんでは消そうとする言葉にならない文字が頭に並んでは消して、
繰り返す日々をやり過ごすことだけに没頭していた。

いつか、感情が揺れない日が訪れたときには、
何をしてすごしたかさえ忘れるような、そんな些細な日常でのおめでとうよりも、
きっと今、君の幸福な日々を願う気持ちの中で、強く祝福したいと望んでいる。

おめでとう。

それだけが、いつか伝わるといい。


関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

心配でした

お二人のことが 気になって気になって
ちょこちょこ覗いてました
人生 いろいろあるよね
はるき♪さんのこのメッセージ
伝わるといいですね
はるき♪さんの書き物 これからも もっと読みたいです
その気がムクムクしてきたら また書いてね(股じゃなく・・・爆)

はじめまして〜。

こんにちゎ。
とてもステキなHPですね。
ここを発見してからたまに見にきてたんですけど、更新がなくてさみしかったです。
久々の更新ですね。
これからも見にきます。
更新楽しみにしてますね〜。

うふw

更新よりも もう炬燵をしまったかどうか、
もっとシンパァ〜〜イ(はあと、ナシ
誰にでも訪れる日を 流石風にw受け止められたこと
まずは おめでとう〜
半年後にはまた開いてくれよ(祈w

わたしも・・

はじめまして。
イチ読者(?)として、時々、お二人のページを覗かせて頂いていました。
モノの言い回しがとても粋な感じがして好きでした^^
((ぅ。。過去形にはしたくないのですが))
再開されることを祈っています。

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

VoL.643.いつか彼女の声を聴くまで

VoL.641.恋愛の副産物

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。