スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VoL.658.空白を埋めるということ

▽Category : エッセイ

何もかもをなくしたように感じた 2月のあの日
それまで積み重ねてきたものが 一瞬にして消えた

消えずにくすぶり続けたものを 消そうとしたオレ
消そうと思えば またすぐに浮かんでくるオマエ

結局は 無意識の中の意識としてずっと居続けて
それを抱えながら 消えたのが自分自身だったことに気づく

自分ラシサが 
ただ オマエがいたからソウ観えていただけの幻想だったのか
それとも どこかで 置き忘れてきただけだから探さなきゃいけないのか
それさえも わからずに いた

文字で思いを綴ることを止めた
思考で恋愛をまわすことを止めた
感情でナニカに揺らされることを止めた
掻き消そうとしたすべてのあがきさえ止めた

街往くウィンドウに チラツク自分の影や
通りすがりの すれ違いざまに誰かの瞳に映る自分の姿や
雨の日に うかつにうつむいて反射する水たまりだとか

本当に逃げ出したかったのは
オマエじゃなくオレだったのかもしれない

「自分を愛せないヤツは恋愛 なんてできない」

きっと ほんの少し前にほざいていた台詞に
口元がほんのすこし歪むだけだ

がんばったって何もかわらない から始まって
何もしなきゃ 何もかわらない に辿り着くまで

誰だって たくさんのことに思いを巡らせたり
ただの偶然にすがったり
いろんなことを 試してるんだろう

オレだって そうだ

始めたのは ゲームサイト
きっと ただの暇つぶしだったんだと思う
誰かと言葉を交わす必要もなく
ただ 流れる時間だけが 少しだけナニカを埋めていた

それから2週間たって 記録帳代わりに始めた新しいブログ
http://blog.livedoor.jp/falkish/archives/15924919.html

さらに それから 2週間 ようやく 数字以外の言葉が綴れたhttp://blog.livedoor.jp/falkish/archives/16530876.html

その日以来 少しずつ 書くことが日課になって
同時にゲーム自体が楽しくなった

4月5日 彼女の誕生日 
ここ マイプレスに日記をひさしぶりに書いた
http://www.mypress.jp/v2_writers/falkish/story/?story_id=991928

そして ゲームサイトでも気分新たに名前を作った
http://blog.livedoor.jp/falkish/archives/18047359.html

4月11日 彼女とのメールのやりとり 再開
当然 この日から気分的に劇的な変化を向かえた
http://blog.livedoor.jp/falkish/archives/18598888.html

もちろん 王座について彼女を迎えにいこう
などとは アタマのいっぺんにもない

ただ 当時の日記 を全部読み返していくと
テンションがあがっていることが よくわかる

2月の あの日のテンションを考えると
すでに 4月の中旬アタリから 
その時の自分なりの 幸福への道が見えているようにもみえる

5月に入って 今でいうところの カウントダウンは3,000
途方もない数字だった

だけど あと もう少しがんばれば10位になれる
というところまで来ていた

当然10位になったら ご褒美に彼女の声を聴こう
と たくらんだのは オレ

がんばる動機を ソウ決めて 勝手に伝えた
まあ 自分勝手この上ないけど

恋愛に気遣いは必要だとは思うけど
恋愛外での気遣いは 無用だと思った

そして 5月6日 その日がきた
http://image.blog.livedoor.jp/falkish/imgs/5/f/5f8e51a4.JPG

それから 彼女と電話で話す日が始まった
いつしか ちゃんぴょんになったら告白するよ と伝えた

それが いつになるのかは 誰にもわからない
もちろん オレ自身 予定など立てられるわけがない 

だけど いつか その日がくるとその時 感じていた

季節が変わって 夏になった

日に日に 王座が現実味を帯びるようになった頃には
彼女自身も その世界の中のひとりとして
かつての ふたりのように ふたりを取り囲む人たちの中で笑っていた

今 思えば
彼女に対してナニカをした わけじゃない

ただ いつのまにか かつての彼女がオレを必要とした頃の
そこにいれば楽しい という理由がそこにはあって

楽しいところには人が集まる
それだけなんだと思う

集まってくれた人たちには
言葉にならないほどの思いを感じている

作為的に作り出す世界観よりも
ごく自然発生するような そんななにげない日々の積み重ねが
いつか 振り返ったときに ドラマになるのだろう

オレは ずっと 楽しかった
きっと 彼女もそうだったと思う

だけど 

明日からは 比べようもないほど
もっと 楽しいドラマ があると

オレは そう思う





ふたりで つくっていこう


関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

学ばせてもらった。

書き物で出会ってから
ずっと学ばせてもらっているように思う。
中でも今回のはでかかったな。
自分がどう思うか、どう感じるかよりも
流れている時間の中に
どう自分を置くか
何かのために、というんじゃなくてね。
うまくいえないけど
逆らわずに進む、というのかなぁ。
ゆっくり考えてみる。
しかしまたドラマがみれるのはオイシイ。(笑)

ユウジ港

感動したよ・・・;;  自分と重ね合わせて読んでるうちに泣きそうになってきたよ・・・。  俺はもう取り返しがつかないが、後悔はしてない。。。  次にチャレンジするよw しかし、ほんとよかったね!!  青チャットでしか祝いの言葉をかけていないから、ここで改めて二人を祝うよ♪  ほんとにおめでとう!! 二人とは、会った事もないし、麻雀で対戦したのも数えるほどしかないけど、やっぱ、こういうのは同じライブ仲間としてほんとに嬉しく思うよww   
これから、たくさん喧嘩したり、辛い思いや楽しい事も色々あると思うけど、それも二人の歴史になるww  がんばってね!!  陰ながら応援してた若造よりww

す・・・すげぇ

マジで玉座ゲットか〜!!
ぎょ・く・ざ・フォーーーーーーーーーーー!!
なんか上手く表せないけど、イイ感じのオーラが文字から出てる気がする(笑)
ここに来て、イイもの貰った気がする(笑)
そして、ナチュラルハイになった気がする(笑)
・・・何かを変えるために何かしよう と思ってみた。

よくがんばったね。

なんて言葉は なんだか生意気だけど・・・
はる兄、はなまる♪だよ。

>ふたりで つくっていこう
 ↑
このコトバに思わず うるるん。。
そっかそっか〜
頑張ったね〜はるき♪
これから始まる(お二人の)素敵なドラマが
笑顔いっぱいでありますよに
おめでと☆

初めまして

どうして、あなたの表現を読むと涙が出てくるんだろう…。
「伝える」って大事。
人間とかく格好付けがち。
でも、はるきさんの「言葉」って何か温かみを感じちゃう。
いつまでも、自分の気持を大切に。
そして、それを「表現」出来る自分を可愛がろうね〜。

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

VoL.659.恋愛一日目

VoL.657.告白の権利

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。