スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VoL.726.恋愛と感覚とマニュアルと

▽Category : エッセイ
恋愛をマニュアルに沿って進めていくヒトは よほどのビギナーでない限り あまり聴いた事はない

昔は そういう恋愛マニュアル雑誌なんかがあったような気もするけど
実際は アナログの実体験に基づいた感覚で進めていくほうが吉である

恋愛には 恋愛相手のみにしか通用しないパターンが存在している
当恋愛においても そう 他の方にはまったく通用しない感覚もマニュアルも ひとつの恋愛には存在している
 
それは 行動パターンにおいても 思考回路のメカニズムにおいても そうだと思う
だからこそ 相手の動きや考えを予測して 自然に対応しているのだと
毎回動きが読めなかったら そりゃ ういういしいどころの騒ぎじゃない

すげえ 疲れると思う

ヒトは無意識に そんな先読み思考回路が 経験によって研ぎ澄まされている
いやなに 恋愛の経験を積めと 世間にいっているわけではなく

とどのつまり 自分の経験にそって作り上げられたマニュアルは使えるけど
マニュアル先にありきの経験あと付けの行動は いただけない ということ

それは オトコもオンナも 別カテゴリの志向性であったとしても やってることは 同じだと思う

とあるゲームサイトでは スタートからゴールまでの近道を
マニュアル化されたデータベースが存在している 

モチロン 知っているのと知らないのとでは 攻略スピードもちがう
最初はソレでいいと思う

マニュアルに沿って スタートからゴールまでを何度も繰り返して行くうちに それがひとつの感覚になって行く 
ズレてれば自動的に人間の修正機能が働くし 同じ場面に遭遇すれば 以前の記憶がフラッシュバックやポップアップされるもの
彼女も ケッコウな月日をそこで過ごすようになった

レシピを観ながらイロイロな料理を作るのは楽しいし 新しいものへどんどん挑戦するのも楽しい

そして 覚えたものをレシピなしで披露するのも また楽しさのひとつである
そんな岐路に立っている彼女

まだまだ 奥が深いな
と思うこのごろ まさに 独り言である
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

VoL.728.恋愛に向き合う姿勢

VoL.725.彼女の残像に重ねるもの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。