スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誉めの代償

▽Category : エッセイ

「褒めてもらえる」うちが花
最近アタシ、褒めてもらえてない。 それが結構ストレスかも。

~東京都 女子 ペンネームRさん




▼誉め萌え

世の中が少しずつ変化している。
女性はますます美しくなり
オトコはどんどん優しくなってきた。

それはそれで歓迎すべきことなんだろうけれど

『男らしく・女らしく』
それぞれ男女がそういうものをめざさなくなってきているようにも思うんだ。

オトコも誉められれば嬉しい
オトコ同士だと容姿や性格を誉めあうことはまずない。

ふるまいや行動、段取りや結果
ユーモアやモノいい
そういう包括的な行為を誉めるし誉められることを由とする。

一方、オトコが女性を誉めるときには、見た目も誉めるし性格もそうである。
つまり、行為よりも人間性を誉めることがあるが、これは稀である。

人間性に踏み込む場合、結構距離感が近い。
遠い場合は、ひとえに値踏みできていないから。

値踏みというと、ちょっとやらしいけど。悪い意味じゃない。
他者による『称賛判定ポイント加算期間』のようなもの

ところでRさん
「君はオトコに誉められたいのか、女性にほめられたいのか、それともオレにか?!」
「バ力ね、全部に決まってるじゃはい。オホホ」

そんな空耳も聞こえてきそうだが


▼誉め角度

シンプルに
誉め角度は3種類ある。

(1)羨望系

年下、格下からの
「素敵ですね~」

(2)等価評価系

同年輩、ライバル、親友、パートナーからの
「それいいね」

(3)承認系

年輩、格上からの
「君は凄いね」

まあ台詞のバリエーションはいくつかあるにせよ

その他、どうでもいい人からの社交的な誉め角度は、今回は除外するとして

「君はどのタイプに誉められたいんだ?」
「そんなの決まってるじゃない、角度なんて考えたこともないわよ、バカね」

まあ、バカねはつかわないだろうけど(笑)


▼見せ方

褒める要素がないのか、
褒めたいと思われない のか、 どーでもいいのか、ね。

~東京都 女子 ペンネームRさん



バカだな。
まったく自分のことがわかっていない。

そもそも、
オトコにはホメバリ(誉め方のバリエーション)は3種類しかない


「うわっ、かわいい」
「うおっ、きれいやん」
「ぐはっ、美しすぎる!」

これだけしかない。
その他の誉め方は本心だとは認めがたい。

まあ、ちょっと考えてひねりだせば色々あるわけだが(笑)

でもそれは、上記3つの装飾でしかない。

「君にはマニアを生み出す力がある!」
とかもその系統の亜流だ。


▼代償として

オンナなら、 「綺麗」とか「美しい」とか、そういう見た目 を褒められるのが嬉しい。

~東京都 女子 ペンネームRさん



「綺麗」 「美しい」

おそらく平均的な国民より100倍は云われて育ってきたのではないかと思うのだが

それを云ってくれる顔ぶれが、昨今変化に乏しいのかと想像してみる。
それともブンブン飛び回るオスからみをとおざけてしまっているか。

「綺麗」 「美しい」

の言葉をもらうために、君は何を捧げているのだ。

ちょこちょこ部屋でマニキュア塗ってる場合じゃない(笑)


「角出せ、やりだせ、目玉出せ!」

なぜか、カタツムリの歌がBGMとして脳裏に流れた(笑)

もっと顔というか、自分をだせばいいやん。


▼オプション

勿論、内面や技術、能力を褒められるのも嬉しい。

~東京都 女子 ペンネームRさん



それは、とおりすがりの人や、とりまきめいた人々にはムリだろー。

世間はそんな看破力って、ないんじゃないか?

技術や能力であれば、その道の専門家からの評価や称賛が嬉しいだろうし、内面ってそもそもなんだ?

よい性格とか、素晴らしい教養を指してるわけじゃないだろう。

もっと人間性を前面にだせばいいのに。
何に遠慮してんだろう。

と、我おもふ。


▼冷やかしかよ

あ、いや別に「褒めてくれ」って催促しにきた わけじゃないんだけどさw

~東京都 女子 ペンネームRさん



ケンカうってんのか(笑)
いっそ
「もっとほめろよー」
のほうが「らしい」だろ、Rさんよ。





なんなんだオレは。
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

No title

ごめん  笑った(笑)。

そうだそうだ、爪なんか塗ってる場合じゃないわー ぷぷぷ。


そんなアタシも
けなされることは、あっても
褒められることは、もうない。

褒められるといえば

「写真写りいいよね」

おいこら!である(ぷ)。

to 椛mama

>そうだそうだ、爪なんか塗ってる場合じゃないわー ぷぷぷ。

そうなんだよ。あの人の場合、マニキュアが上手く塗れようが、爪が剥げてようが、本質的に美しいんだから、そこじゃない感ぷんぷん

>そんなアタシも
>けなされることは、あっても
>褒められることは、もうない。

なんだろ、mamaの場合
一介のOL時代ならいざ知らず
すでに「誉め時代」から「畏怖時代」に変遷してるのでは(笑)


>褒められるといえば
>「写真写りいいよね」

mama!
mamaのウリはそこじゃない感ぷんぷん(笑)

にっこりポーズより
疾走感のある全身写真の方がふさわしい気が

>おいこら!である(ぷ)。

ははは

足りねぇ・・・・

もっと褒めろー!
足りねぇぞー! オーイ!! L(゚□゚ L)Ξ(」゚□゚)」オーイ!!

>「綺麗」 「美しい」
>おそらく平均的な国民より100倍は云われて育ってきたのではないかと思うのだが

この部分が遠回しな「褒め」っぽいが、遠すぎる!爆


>ちょこちょこ部屋でマニキュア塗ってる場合じゃない(笑)

(*´ェ`)ボー...∑(*゚ェ゚*)ハッ!
そ、その通りだわ!
マニキュアなんぞ塗ったところで、ほとんど外に出ていないしな!ははっ!

やっぱりねぇ、はるき♪からの「褒め」を一度味わうとさぁ、
なっかなか満足のいく「褒め上手」に出会えないんだよねぇ・・・・
君、プロフェッショナルの域だもの。(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン

あー そうか。
露出が少ないってか?
あー 確かに最近はエロスを見せておりませんよ、ええ。(違)

仕方がない。出すか。(何を)
赤い玉。(意味不)

でもね、ちょっとイイ気分になった♪ ありがと♪(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪

to リカ

>もっと褒めろー!足りねぇぞー! 

ははは、Rらしいな
なにごとにも勢いがいるね。

>遠回しな「褒め」っぽいが、遠すぎる!爆

いい線ついてると思ったのだが(笑)


>マニキュア

これさ、つけまつげや、ウィッグなら、リカの雰囲気かわるからリアクションとれるけど、マニキュアは、女性しか誉めれなくない?(笑)

「いい色合いですね」「光沢が君をいっそう輝かせ・・・ボツ」
つめは勘弁(笑)


>満足のいく「褒め上手」に出会えないんだよねぇ・・・・君、プロフェッショナルの域だもの。

それは、ハードルあげすぎだろー。
ただでさえ、ただ者じゃない人を誉めるって難易度高いのに(笑)


>あー 確かに最近はエロスを見せておりませんよ、ええ。(違)

違う(笑)
それは十分妄想で事足りる
むしろ足りないのは、言葉の破壊力のほう。


Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

青春とワンピース

体重と汗と水分と

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。