スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好き嫌い

▽Category : Office.
金曜の午前中、7チームの協議会。
午後からは3チーム(K・J・W)でエリアごとの担当者のペアを組ませた。

昨年度まで部下だったアニマとレーコは今年はWチームに参加

その会が終わったあと、
個人的で一方的な報告を4人から受けた。

Wチームの二人から
「何、アイツ感じ悪い!」
とKチームの源氏の、会議中の態度にクレ-ム。

「アタシ忙しいのよねー」のオーラ全開だったらしい。

レーコにいわせると、去年リナと源氏の2人分のエリアを持っていたので
「なに?それくらいもできないわけ?」
ということだし、その話を聞いたアニマからは、
「あんな態度許していいわけ?」
と怒りの矛先がオレにも向く。

その会話を聞いていたT君とトモコからは
「確かに無愛想だった」
「ヒヤヒヤしてました」
と。

冷めた目で見れば
「忙しいのよねー」というほど手一杯ではない。
単に新しい仕事を受けるだけの余裕がないだけなんだろうけど、
社交的な振る舞いができないのはヒトとしては致命的だ。

おそらく取引先にも同様の印象を与えているかもしれない。

ただ今は、その余裕のなさは、経験を積めばクリアできるものなので
「1ヶ月くらいは放っておけばよい」と思っている。

レーコには、
「こちらから必要な情報は入れるから」
ということで話した。

仕事に差し支えない程度の技術的なサポートはできても、女同士の好き嫌いの調整まではしない。
できるできない以前に。

▼夜の懇親会
「アタシ、あの子無理かも」
なんでもOK系のミツコにしては珍感想。

新人のトモコに対する感覚らしい。
「どの辺が?」
と聞くオレに

ミツコがオレの背後に視線をおくる。

「ちょっとーTさんたらー」
と、トモがT君と絡んでいる。

「ああいうところ」
と、ミツコのいう感覚は、おそらく男性へ『オンナ』の部分で接するところをいっているのだろう。

「アンタもその気になってくっつかないでよ」
と云われて、ああそういう意味ね、と気づいた。

女性同士というのは、そんなものなんだろうかね。個人差はあれど。

▼オトコの視点

オレが気になったのは実はそこじゃなく、朝の23人の会議に遅刻してきた人、懇親会のスタートに遅れてきた人。いずれもWチー厶の人のその時間管理のゆるさ加減。

今回の会議資料や会場の手配は、男性スタッフがしてくれていた。

他人のために頑張れる人、
他人のことは他人ごとの人

不思議なのは「他人ごとの人」は、最初の価値観を選ぶときに
主観的はことがおおいけれど、だんだんと、時間をかけて相手との調和をはかれる人も多い。

一方、最初からフォアザチームの人は、そんなスビード感の差違にイラッとする面々もいて、それぞれに一長一短がある。

▼気づかいとフランスパン

先日読んだ記事に
フランスパンが大好きな人が
1.「自分が大好きなんだから勧める人」
2.「相手がちぎって食べやすいようなパンを勧める人」
3.「1も2も用意しておいて相手に選ばせる人」

そんな「気づかい」の記事を読んだ。
まあほんと、いろんな人がいるな、と思う日々を過ごしている。


関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

七夕の夜に思うこと 望むこと

恋愛脳、恋愛棒

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。