スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛はいくつまでできるか

▽Category : エッセイ
「恋愛って いくつまでできるんだろうね」
ふと 恋愛休業中に思った数日前。

恋愛進行形の人は
「いつまでも」
と願うだろうし

恋愛準備中の人は
「次が最後かも」
と思うかもしれない。

世の中は、いつまでできると思っているのだろう。
Googleで調べてみた。


「80歳以上になっても」と回答した人が1194人で一番多く、全回答者数の76.9%にあたる。
2011年4月 朝日新聞の週末別冊版「be」に掲載されていた「いま恋をしていますか?」のアンケート結果より

  • 80歳以上 1,194人
  • 70代まで  42人
  • 60代まで  71人
  • 50代まで  52人
  • 40代まで  61人
  • 30代まで  57人
  • 20代まで  32人


まあ 夢のある話だな(笑)

実際に、したい、と、する
とでは違う。

80歳の恋愛ブロガーをオレは知らない。
いったい、世界最高年齢の恋愛ブロガーは誰なんだろうか。

調べてみよう。

”世界最高年齢の恋愛ブログ”との一致はありません。
”世界最高年齢の恋愛”との一致はありません。



残念。

とはいえ、自分がそれを目指しているわけではないのであしからず。


▼かつての年齢

そういえば、かつての恋愛の中で
「60歳までは一緒にいるか」

といったことがあったので、オレの中で60歳恋愛定年制というのが
かつてはあったのかもしれない。

なぜ60歳なんだと、説明はできないけど、
職業人としての一般的な定年に自分を重ねたのかもしれない。

恋愛もある意味 仕事のひとつだと思っていたふしもある。

とはいえ、今 それを70歳だとか50歳だとか言いたいわけでもなく、
ただ、以前は恋愛とセックスをパッケージだと考えていたとすれば

肉体的な変化や、物理的な機能不全による
恋愛感情の変化は当然無関係とはいえないと思っていた。

もちろん今も そんな感覚はさほどかわってもいない。

でも、棺おけに片足つっこむときにさえ
脳裏によぎる誰かが、その時の恋愛相手であれば
それはそれで幸せなことかもしれない。

年齢に応じた、恋愛対象って 当然かわるんだろうしね。
けれども、今 思うに、誰かを好きでいられることと、実際に恋愛しているかどうかは
別モノなんじゃないかなーと思ったりもする。

関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

いくつまででも
したいと思えば出来るんだろうね♪
年齢はあまり関係なかったりするのかもよ~( ´艸`)

おばあちゃんやおじいちゃんになっても 誰かをおもってたいな♪

to みこ

たしかに 年齢は関係ないのかもしれないが
みこは おじいちゃんには なれないだろー(笑)

しかし 恋愛脳が萎んでる自覚あるわー
ちがう脳がめざめるといいのだが ははは

恋愛脳

やはり、萎んできてますか?(笑)

うすうすわかっていらっしゃるとは思いますが、アタクシもかなり
萎んできておりますw
いや、萎んでいく過程というより、もう萎みきった状態かもしれません(苦笑)

んー 
でもそれはきっと、若い頃の「萌え萌えな恋愛気分」というのが萎んでいるのであって、
何かそれとは別の、もっと落ち着いていて、もっとオトナで、もっと穏やかな、
「恋」より「愛」に近い感情は、以前より膨らんでいるような気もします。
勿論、人によってはいつまでも「萌え萌えな恋愛気分」を維持できるのでしょうけれど。
どちらでも良いのだと思います。
自分が、そして周囲の誰かが、幸せになれる方向なら。
恋愛に限らず、「誰かを想える自分」であり続けられたらいいなぁと思います♪

うわー なんか真面目すぎる?(ノ∇≦*)キャハハ♪

いくつまで?

年を重ねると 誰かを想う気持ちを自分の中に隠してしまうかも。だから、恋はしても、恋愛まで行くには勇気が要りそうな感じ。 
オトナになって気づいたのですが、「動物的本能」より「人間的理性」が勝っていることが多いような。
恋愛に人として繋がりを求めている?
「好き」という気持ちは 若い頃と変わらないんだけどね~

to リカ

>>やはり、萎んできてますか?(笑)
緩やかながら、きてるねー 「ゆるラブ」とか名づけようか。この状態を。

>>うすうすわかっていらっしゃるとは思いますが、アタクシもかなり 萎んできておりますw
いや、萎んでいく過程というより、もう萎みきった状態かもしれません(苦笑)


ははは。なんだろうね、まだ若いのに(笑)

>>若い頃の「萌え萌えな恋愛気分」というのが萎んでいるのであって、
何かそれとは別の、もっと落ち着いていて、もっとオトナで、もっと穏やかな、
「恋」より「愛」に近い感情は、以前より膨らんでいるような気もします。


ニュアンスが違うかもしれないけど オトコの場合
「こんなに頑張ってるオレってすごい」←ココに注目してー
とか
「かっこいい車やバイクにのってるとか、バンドしてるとかなんとか」←ココに注目!
みたいな、自己顕示欲がだんだん なくなって
もっと 何もしていない時の平素な状態を 注目ー みたいな感じで
見て欲しい部分も、逆に相手をみている部分も かわってきたのかねーなどと。

そういう恋愛においての 相互観察and見せびらかしポイントが
ちょっとずつ 変化しているように思うよ。

>>勿論、人によってはいつまでも「萌え萌えな恋愛気分」を維持できるのでしょうけれど。
どちらでも良いのだと思います。
自分が、そして周囲の誰かが、幸せになれる方向なら。
恋愛に限らず、「誰かを想える自分」であり続けられたらいいなぁと思います♪


恋愛における表現は加齢に比例してかわるんだろうね
80歳になって「うっひょー」とか いってる自分は想像できないわ(笑)

>>うわー なんか真面目すぎる?(ノ∇≦*)キャハハ♪

たまには(笑)

to ゆん

>>年を重ねると 誰かを想う気持ちを自分の中に隠してしまうかも。
だから、恋はしても、恋愛まで行くには勇気が要りそうな感じ。 

なんだろう、隠す理由が相手に対してなのか、世間に対してなのか。
はたまた 自分に対してなのか。どれだろうね。

>>オトナになって気づいたのですが、「動物的本能」より「人間的理性」が勝っていることが多いような。

動物的本能は死ぬまで消えないんだろうけど、機能不全が目立って
精神的ダメージに変換されるような気がするよ。
理性というより、なんだろう、もっと本質的な情熱の表現の変化のような。

>>恋愛に人として繋がりを求めている?
「好き」という気持ちは 若い頃と変わらないんだけどね~


なんだろうね。
恋愛の目的自体が 変わっていくのかね。
好きな気持ちがかわらなくても。

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

恋愛脳、恋愛棒

ファザコン女子

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。