スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達になってください.2

▽Category : 友達について
▽アルコール
家飲み・晩酌の習慣なし

▽飲むと
酔う

▽酔うと
思考が停止・鈍くなる。

9時に終わった昨夜の懇親会。
家にたどりついたのは12時だった。

朝、30分の距離を、途中休憩こみ、2時間かかった。

酒に、足腰が呑まれるタイプのようだ。

ところで、今週もドロドロに忙しかった。
忙しさの中身が、新人の成長による前向きなものがふえてきた。
ので、この2行で仕事のことは締めて、頭のスイッチを切り変えよう。

━━━━━━━━━━━━━━━━
▼友人 ~素朴な疑問
━━━━━━━━━━━━━━━━

今日は、事務所を5時台に出て、今週の書き残したものの、整理のための準備MEMOをつくった。

異性の友達はありか、なしかを決定したいわけじゃなくて、

Q.オトコが既婚女性に、「友達になってください」
これは ありなのか、という きわめて限定的な疑問。

そしたらさ、
「そんなの、当事者間で話し合えばいいだろう」
「好きにすればいいだろう」
「今までどおりでいいんじゃないか?」
とか、まあ せいぜい、3パターンくらいのアプローチしか浮かばないわけで。

ただ、これまでの人生で、既婚女性に
「友達になってください」
「友達だよ オレたちは」
こういうの ないんだよ(笑)

「知人⇒目的型おつきあい」
これはあるけど、それは同性とイコールの友達の定義じゃない。
肩書き抜きなら、恋愛とさほどかわらない。
長期か、一泊二日かの違いでしかないので。

そんなことは サテオキ


━━━━━━━━━━━━━━━━
▼友人 ~意味があるかどうかはサテオキ 考えたことMEMO
━━━━━━━━━━━━━━━━

このブログ、オトコの恋愛視点から書いているので、案の定、
『友達のつくり方』など書いたことも無ければ、考えた事もない。

正直、友達って作ろうと思って作るものじゃなく、自然と仲が良くなって友達になる。
というのが、一般的だ。

と言いきってしまうなら、
悩んだりしないし、こんなことを書いたりもしない(笑)

比較することを、躊躇うんだけど
『恋人の作り方』など書いたことも無ければ、考えた事もない。同様に。

考えるのは、つくり方ではなく、どうすれば、付き合えるか、だと思う。
だから、自分の考え方をなぞれば、友達の作り方ではなく、どうすれば、友達になれるか、
ということになる。


━━━━━━━━━━━━━━━━
▼友人 ~一般化と自分
━━━━━━━━━━━━━━━━

異性に対して、しかも肩書つきの友人について考える。
(既婚とか 彼氏持ちとか、いわゆる 誰かに対して義理立てしなければいけない相手)

この発想自体を『陳腐な人』呼ばわりされにとしても、
人の考え方は、そうそう変わるものじゃない。

変えることができるのは、
選ぶテーマと
アプローチの仕方と
それに沿った行動である。

相手の考え方も変えられない。
理屈抜きで。

『誰とでも仲良くなろう』
『仲良くなった誰かと話とすると楽しい』
『楽しいと意識する相手、意識しない相手を無意識に選んでいる』
『楽しいと思える相手が残っていく』
『あるいは楽しいと思ってくれる相手が、残ってくれている』

ここら辺りまでは、たぶん一般化が出来るかな?

━━━━━━━━━━━━━━━━
▽楽しいと思えること
━━━━━━━━━━━━━━━━
同じ話題を共有できる。同意見でも、反対意見でも、態度保留であっても。

共感・同調軸でも
反感・対立軸でも
態度保留でも

言葉を交わすことは、交わさないことに優る。


━━━━━━━━━━━━━━━━
▽楽しいと思って貰えること
━━━━━━━━━━━━━━━━

共感・同調軸でも
反感・対立軸でも
態度保留でも

言葉を交わさないことには、その判定を受けることすら出来ない。
ちょっと 角度を変えて


━━━━━━━━━━━━━━━━
▽楽しさの総量
━━━━━━━━━━━━━━━━

10個の話をして
10回とも楽しい話ができる人なら、周りに人が集まるだろう。

10個の話をして
ひとつも楽しくない、としたら、
それはそれで人を惹きつけることは難しい。

大体世間は、1~9個位の、楽しさをもつ人で溢れている。

そんな中で、縦の関係、横の関係が繋がっていく。

━━━━━━━━━━━━━━━━
▽楽しさの数え方
━━━━━━━━━━━━━━━━

オレは楽しさ10/10タイプではない。
だから、
(1)1/10~9/10
(2)10/100~90/100
(3)100/1,000~900/1,000
としていくタイプ

過半数以上で楽しい判定を受けられるなら
(1)5/10
(2)50/100
(3)500/1.000

以上なら続き、以下なら自然と離れて行く。
お互いに、無意識に。

この楽しい判定が、
2/10であれ、8/10であれ、
その基準は分母が増えれば分子も増えて
分子は、時間を割り当てられる範囲の中で、厳選されていく。

そう考えると、
9/10レベルを長く続く親友とするなら
分子が9になるまで、分母は増え続け分子が
5.6.7.8・・・レベルに自然淘汰されていく。

物理的に、親友など9人も揃えなくても、2~3人で、人生には十分だと思うし、
特定の肩書きがあれば、0~1人とかでも十分だと思うかもしれない。

━━━━━━━━━━━━━━━━
▼友人に求めるレベル、というか自分が用意する品格
━━━━━━━━━━━━━━━━
レベルは、友人に対する点数(人間力)ではない。
そんなものを、人はたぶん考えない。

人物点ではなく、距離感だとか、安心感とか、信頼感とか、
そういう互いの関係性への評価点のようなものなんだろけど。

それを居心地のよさとか
自分らしくいられるとか、
本音をきいてくれるとか

表現は、なんでもいい。

少なくとも、
居心地悪い
自分らしくいられない
建前しか言えない

これだと友人とは認識不可能だろう。

おそらく、こういう切り口だと、何も見つからない。
自分の中にある事柄を並べてるに過ぎない。

あれこれ、自分を納得させてるに過ぎないんだと思うんだよね。

ただ、これまで 『異性の友達』なんてのは
『恋愛にならなかった成れの果て』くらいに思ってたけど
最初から、友達コースがあるなら、それに越したことはないんだよね。

相手が既婚者だと。

実際、アタマで考えて「友達になってください」などとは思ってなくて、
会えば、まあ、思ったことをたぶん 云うと思う。

「友達になってください」 
こんなセリフ
「なにいってんのよ」とか「いいわよ」とか
軽く流されるのは わかってる。そんな人。

なんだかんだいって、互いの周りに共通の知人・同僚が多すぎるから
ドラマは起こらないし、起こしたくもない。

これは 相手に対する敬意というよりも
自分自身の品格を問う。というところなのだろう。


以下は、参考にした過去log


▼ : 恋愛と友情




▼: 異性の友達





▼ : 友達の境界線



▼ : 女友達



関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

友達になろう!

そう、いっそ 最初から「友達になろう」って言っちゃうのがいいかも!と今日の記事を読んで思った。
気が合うから友達であり、それが「特別なヒト」になる可能性はゼロじゃ無い。
でも、自分自身の「品格」を落とさないようにするには 最初から宣言した方が気が楽かも。お互い。

ただ、「同僚→同僚で無い→今は友達として」のつもりでも 周りの人から「ほんとうに?」って言われることは覚悟しておいた方がいいかも・・・ヒトってそんな目で見るから。やだやだ、だから「異性の友達」が面倒なのかも私。
好きに生きて、人になんと言われようと気にせず、流れに任せて・・・なんて生き方をしたいけど 世間って勝手に何かを決めつける。やだやだ。

男女で違うかもね

> そう、いっそ 最初から「友達になろう」って言っちゃうのがいいかも!

うん、「友達になろう」って背中を押す ゆんさんは、いい人だと思う
「いくとこまで いっとけば?」と背中を押すもうひとりのオレが 罪悪感をかんじてる(爆

冗談だけど。

***********************************
古い記憶で、何かがひっかかってたので、記事をさかのぼってみた。 去年の4月末に
http://falkish.blog.fc2.com/blog-entry-1262.html
年3回以下の飲食 映画はNG ドライブはなし 肉抜き の契約をしてた。(すっかり忘れてた)
(※肉抜き= ホテル抜き いわゆる肉体関係のないデート)

その時
「飲食はOK」

「映画は?」
「う~ん それはNG」

「ドライブは?」
「ははは なんで ドライブ?」
***********************************

で 映画と観劇の違いとか、隣町まで、車で送るよ と申し出てくれたので、
てっきり、いつもみたいに「忙しい」で断られるかと半分くらい思ってたから。意外で。

>  周りの人から「ほんとうに?」って言われることは覚悟しておいた方がいいかも・・・

うん そこらあたり、オレは慣れてるからいいけど、
先方の女性の立場があるからね。 

> 好きに生きて、人になんと言われようと気にせず、流れに任せて・・・
なんて生き方をしたいけど 世間って勝手に何かを決めつける。やだやだ。


あはは、そこらあたり、気にしても人生 気にしなくても人生。
一度きりだよー。 

ただし 気ままに生きるなら、自己責任でー。と無責任なオレがいう。(笑) 

友達って・・・・

友達って、何なんだろうね?(笑)
「友達の定義」とは・・・なんて難しい話は苦手なんだけども。

アタシは「人類みな兄弟」的感覚を持つ人間なので、
友達に、老若男女は一切問いませんw
既婚・未婚・先輩・後輩・元カレ・友カレ・カレ友・そういえばいたな男まで、
今現在、楽しくお付き合いできる相手は、みな友達だと
アタシは勝手に思っております(笑)

つまりアタシの「友達の定義」は、「現在仲良しな人」です。
過去形はありません。
未来形もあまり考えてません。

昔、仲が良かった人でも、今疎遠なら、友達とは思いません。
昔、いろいろあった人でも、今親しくできるなら友達です。
顔を知らなくても、名前を知らなくても、ネット上で楽しくお付き合いしている方々も
(勝手に?)大事なお友達と思ってます。

「お友達になってください」というのは、
「付き合ってください」の序章っぽい雰囲気で、ちょっと違うかなー?と。
いわゆる「まずは友達から」的なお願いで、その先を想像しちゃうというか。

元々仲良くされていた方なら、
「俺たち、友達だろ?」で、よいのではないでしょうか。(笑)
その方が相手の方も安心して付き合えると思いますw

基準 上げすぎてたかも

>>友達って、何なんだろうね?(笑)

これで 結局 自分のハードルあげてしまった気がする。
自分が思ってる友達って、子どもの頃の無邪気に遊んだイメージなんだよ。
今だと、誰に対しても「気が抜けない」みたいな(笑)

確かに、人類みな兄弟で オレも苦手なひとはほとんどいないんだけど、
そういう人を『知人』と呼んでしまってるんだと思う。

ちょうど、フェイスブック始めた時期に、
ぽちぽちっと『友達』が増えるんだけど。
『ほんとに友達か?』 って 疑問がわくわけ。
ボタンひとつで(笑)

ここのウェブで過ごした10年で、話をした人のほうが、
フレンドリーだったと思うと、ちょっとズレたんだと思う。勝手に。

>>「友達の定義」は、「現在仲良しな人」です。

それがシンプルでいいね。

>>「俺たち、友達だろ?」で、よいのではないでしょうか。(笑)
その方が相手の方も安心して付き合えると思いますw


今更感満載なので、そういうのでイッテみようと思う。
これまでどおりで。「まずは」 ⇒「今更orすでに」 こんな感じで。

なにより オレ自身が安心(笑)

ご意見助かります。

No title

なるほど
さすがリカちゃん・・
色んな事が ストンと納得


あまり形にこだわらなくても、いいのかもね
あれ~?友達じゃなかったの?くらいに構えていれば。

相手が友達と思ってくれてなくても 自分が友達だと思っていたら
それは もう お友達♪

個別銘柄で

ひとりひとり距離感が違うから
シンプルに、相手に名札みたいなものを
つけておく、脳みその中で。

最初に友人宣言がないから
こうなるんだろうね。

告白や区切りが無い分



Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

タロットの魔女マニアックス.8

日常の風景~春~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。