スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空気と人間と蜜柑

▽Category : エッセイ
人間には、まとっている服がある。

もし、服を着ることが当たり前の世の中にあって、
突然、目の前に裸の人間がいたら、たぶん、驚き、引く。

同じく、人間には、まとっている空気がある。
目には見えないけれど、心でなんとなく感じるアレだ。


見えない服を着た 王様の話じゃない。
見えない服を作った 仕立て屋の話でもない。


まして オレは 仕立て屋じゃない。


ayashibito018.gifむしろ したがり屋である(何を


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼空気を読む・空気を作る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『空気を読む』ということの意味は、
今さら 世界に向けて、うんぬん書かなくても、世間でも、十分に浸透している。

『空気を作る』(職場編)
これについて考えてみた。

そもそも、誰かが空気を読める。ということは、
  • 空気を読まれている相手が作り出した空気が存在するのか、
  • 複数人いる場合、そこに存在する雰囲気は、誰が作っているのか、
  • 元々、意思とは関係なく存在するのか、

そんな話


かつては、「空気を読む」という言葉ではなく、
  • 「TPOにあわせて」
  • 「その場の雰囲気に臨機応変に」

そういうニュアンスの服装や振る舞い、言葉づかいなど、
ある意味作法ともよべる日本人独特の空気観が存在していた。
  • 言葉遣いや文章は、「オフィシャルorプライベート」
  • 服装や振る舞いであれば、 「フォーマルorカジュアル」
  • 他人との距離間隔、つまり『間合い』『呼吸』『フォーム』『タイミング』などの形なき得体の知れないもの


仕事であれば、
  • 「忙しさの演出効果による、話しかけないでくれ・手が離せない風味」
  • 「余裕のあるそぶりをみせるための砕けた表現や軽クチ」

こういうことは、無意識3割、意識的7割、くらいで使い分けている。


新Kチーム~稼働半月経過

初日の5月1日
各自、10個ずつ大切にしている『価値観』を出しあった。
昨日、その10個のうち、5つを残して、5つを入れかえる(同じものでも可)ということをした。

結果的に、コアな価値観5つに加えて、
  • 「貢献」「目的意識」「チャレンジ」「共感」といったフォア・ザ・チームのキーワードを選ぶ人が増えたこと
  • 「楽しむこと」「自分らしさ」といった組織的なチーム運営の中で自我の確立や、自我の没個性に危機感を抱いている

こんな印象を受けた。

人の個性や価値観は、言葉にした瞬間から、等身大よりも、少しだけ際立ち、自他ともに、意識するようになる。

もちろん、それが狙いなんだけど。


新人4人とも、初日より、個性がくっきりとしてきた。
彼らが、その空気観を出してきたか、
彼らの、その空気観をオレが読み取りはじめたのかはサテオキ


雰囲気の空気は読めるけど、人の考えを、恋愛以外で推測することは、滅多にない。
主に、対象者に興味があるかないかの違いかもしれないし、
観察する必要があるかないかによるかもしれない。


ayashibito060.gif そこらあたりの、観察と他者理解の話は、後日談とすることにして。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼半月後MEMO
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リナ
  • 1を聞いて、10を知るタイプ。
  • 10を知るために、20を調べ、不明なことを全て尋ね、納得した上で次に進む。
  • 一番若い・一番苦労人・努力家
  • 本人いわく「10kgダイエット中のおやつタイムが断れず困ってます。」
  • 4人の子育て中にて、仕事抜け多し。調整能力でカバーできるしたたかさあり


フミ
  • 1を聞いて、5を知るタイプ。
  • そこから応用の効く5を加えるものの、不明なことの半分を尋ね、残り半分は、自己流でする。
  • 結果、トンデモナイことがおきる。要注意。
  • 典型的お嬢様気質。
  • 本人いわく、「私はB型に痛い目にあわされたので、他の三人がB型で正直引いてます。」


Y君
  • 1を聞いた時には、5を既に調べている。
  • ズレは少ないが、口数も表現力も少ない。アウトプットの訓練が必要。
  • 行動より思考派。
  • 本人いわく、「テンションあがりませんね」「今日はもういいです」
  • 完全マイペースの型

ナオ
  • 1を聞いて1を覚えられない。
  • 記憶装置が一番ミニサイズ。3回繰り返してメモをとり、次にメモを読み返すも
  • 本人いわく「これ、なんでしたっけ」「私なんて・・・」
  • 一番素直・一番打たれづよい
  • 自分の行動・思考を説明できない。全く。
  • どんなときも笑顔。それが少し痛々しい。

どちらかといえば、オレは時間をゆっくりかけて 相手を理解しようとするタイプではない。
興味の対象、理解の対象、関係者一同には、
一気に近づいて、がっと引き出し、ぐわっと自分を要約して伝えるタイプだと思う。

だいたい 1か月もすれば、その関係性はあまり上下にぶれずに、安定した関係性を保とうとする。
それを望まない相手は当然除外するけれど。

恋愛であれば、一定期間ののちに、興味が薄れていき、理解をしようと努めるようになる。
仕事であれば、興味とは関係なく、理解をすることが目的になる。

あくまで 第一歩目の話。

そんな理解の手段として、
会話で読み取るか、行動で読み取るか、噂で読み取るか、
そして 空気で読み取るか。

読み取れないものは、
会話にならないか、行動をしないか、噂がないか、空気をつくっていないか。
さらに、空気をつくらず、自分が空気になっていないか。


そんな風に考えると、一定期間を過ぎると、
がっと引き出すことも、ぐわっと自分を要約して伝えることもなくなっていく。

近づくものはより 自然と近づき
離れていくものは自然と離れていく

たぶん 双方 あるいは 団体であっても、無意識にこういうことがおこってるのでは。
などと 思ったりした。


何がいいたい とかじゃなく、たぶんストレス振り返りの自己調整のプロセスにおける



ayashibito037.gif 脳内整理作業みたいなもの。




この週末も、仕事のことは これでスイッチオフにして
リフレッシュしよう。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼リフレッシュ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リフレッシュといえば、

「グレープフルーツの香りは交感神経を活性化する成分が含まれているらしいよ」



という話を、みこのところで読んで、えひめに グレープルーツはだめだろー。
と突っ込んでしまいたくなった。

あれは みかんの敵だ(笑)


けど それぞれ 人のリフレッシュ方法を読んで、意外と不快な朝でもない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼みかん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みかんといえば 先日読んだ「ToLoveる」という少年漫画。
主人公の妹が みかん という名前だった。

ロリコン趣味は まったくない(たぶん) ※20代前半の時の彼女がこの子に似ていて、その本人にロリコン疑惑をかけられたけど(爆)
ロリコン疑惑を 恐れずに書けば、このみかんという子は 可愛い。すごく。


ただし マンガの設定では 小学生だけどな(笑)


なんだろう 初恋の子に似てるわけじゃないし、
アニマやマンガに対して 萌素質を持っていると思ったこともないんだけど。

そういえば、先日のヤマトを見たときにも思ったけど、
最近の そういうアニメやマンガって、絵が奇麗になったんだろうな。昔に比べて。

そういうことにしておこう。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼主人公の妹
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

どうでもいいついでに、思いついたことをつらつらと。
主人公といえば、このブログでは、オレ=主人公。

どなた様のブログでも同様に、あくまで記者(書いている人)が主人公。
で 疑似設定とするなら みこは 妹設定。



ayashibito016.gif みかんのような子だといいな。



と思ったオレは 



変態だろうか。しかもダブルの意味で。


そう思ったオレが変態なのか
思ったことを こうして書いてしまうオレが変態だろうか。


いずれにしても、妹萌属性ではないし、開花宣言をしたいわけじゃないんだけど(笑)


特に深い意味はないんだ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼属性と開花宣言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

改めて 自分の属性や何かを宣言しなければならない時期でもないし、企みもない。

開花といえば、今朝マックにいったときに、いつもの『一重まぶたの彼女』と話をした。(意味深じゃなく)
寝起きは割と無愛想系のオレ。

コーヒーを飲んだ後、タバコを吸っていたら、彼女(※オレの土曜朝限定の脳内彼女です)が箒とチリトリを持って掃除をしに外に出てきた。

灰皿近くの、葉っぱやゴミが散乱していた。

「掃除も大変だね」
と、ふと思ったことを声にしていたようだ。

「いつも ありがとうございます」 ←コーヒーの代金受け取りとはちょっと違った声色で。
と にっこりとほほ笑んでくれたあと、ほんの少し世間話をした。




ayashibito014.gif 可愛い!



けど こういう感覚って、彼女にしたい! という可愛さではなく、
妹にしたい とか 娘に来てほしい。という感覚なのだろうか。


オレに 息子はいないが(爆)


最近、女性に対して、恋愛対象や性的な意味での対象以外の可愛さを感じるのだが、
言葉にあらわせない 違和感がすごくある(笑)


オレの中で 何が開花してるのだろう。



考えたって答えなどないんだけど。(実際知りたくもない)



greenman003.gif オレの中の なにかが テンパっている。

Comment

Post a comment

非公開コメント

No title

私が登場してる(笑)
みかん と言えば 小さい頃
自分のことを みかん と言っていた時期があったみたい(笑)

で はる兄は 何が開花してるんだ(笑) クンクン・・怪しいw
だめだぞ~
お兄ちゃんっ(笑)←これ言ってみたかった

お兄ちゃん

なんで みこが みかんなんだ(笑) みかん好きだったのか?

オレの中で何が開花してるのか イマイチ不透明というか 輪郭がないんだよ。
ロリ気質なのか 二次元萌えなのか 妹萌えなのか はたまた なんなのか みたいな。

お兄ちゃんとか いわれたら 目を見開くわ(爆 
昔 義理の妹ができたときに、お兄ちゃんと呼んでくれるのかと期待してたけど
「はるきさん(仮名)」で がっかり(笑) 

みかん

本名と少し関係してるからかな?わからない(笑)

がっかりって(笑)
お兄ちゃんて呼ばれたかったの??
でも はる兄 妹さん 居たよね?

妹疑惑

オレ末っ子だから 呼ばれたかったんだと思う。たぶんね。
妹は、実姉の旦那さんの妹だから 義理妹だよ。

義妹を妹と表記してたのかな、以前。誤解させてすまない。

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

チケットと勧誘

とある大荒れの週末

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。