スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛の世代別特徴

▽Category : Office.
4月30日

快晴の三連休と打って変わって、雨。

平易な言葉から 浮かぶ言葉
羅列した文字から 浮かぶ絵

人は、キーワードを見たときに、文字で考える人と
絵や動画で思い浮かべる人とに分かれるのだろうか。

それぞれ、記憶や未来を描く着火剤としては役に立つのだろうけれど。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼新入社員の世代別特徴
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アニマとレーコの最終日
新人への引継ぎ資料をそれぞれ作るように命じた。

終わった。

「どんな人がくるんだろうね。楽しみ」
というアニマ。

半年ごとに、また一からということにうんざり気味のオレ。
ミーティングが終わったあとに、世代別の新人時代の特徴について調べて見た。

T君の新人時代は「タイヤキ型」だという。
それぞれの、社会人デビューの年に名づけられた「新人タイプ」を調べた。


みんなで読んだ記事はこちら

『入社年度』

  • 平成25年度(2013年) ■ロボット掃除機型
  • 平成24年度(2012年) ■奇跡の一本松型
  • 平成23年度(2011年) ■はやぶさ型
  • 平成23年度(2011年) ※東日本大震災に伴い発表を自粛
  • 平成22年度(2010年) ■ETC型
  • 平成21年度(2009年) ■エコバッグ型
  • 平成20年度(2008年) ■カーリング型
  • 平成19年度(2007年) ■デイトレーダー型
  • 平成18年度(2006年) ■ブログ型
  • 平成17年度(2005年) ■発光ダイオード型
  • 平成16年度(2004年) ■ネットオークション型
  • 平成15年度(2003年) ■カメラ付ケータイ型
  • 平成14年度(2002年) ■ボディピロー型
  • 平成13年度(2001年) ■キシリトールガム型
  • 平成12年度(2000年) ■栄養補給食品型
  • 平成11年度(1999年) ■形態安定シャツ型
  • 平成10年度(1998年) ■再生紙型
  • 平成9年度 (1997年) ■ボディシャンプー型
  • 平成8年度 (1996年) ■床暖房型
  • 平成7年度 (1995年) ■四コママンガ型
  • 平成6年度 (1994年) ■浄水器型
  • 平成5年度 (1993年) ■もつ鍋型
  • 平成4年度 (1992年) ■バーコード型
  • 平成3年度 (1991年) ■お仕立て券付ワイシャツ型
  • 平成2年度 (1990年) ■タイヤチェーン型
  • 平成元年度 (1989年) ■液晶テレビ型
  • 昭和63年度(1988年) ■養殖ハマチ型
  • 昭和62年度(1987年) ■テレフォンカード型
  • 昭和61年度(1986年) ■日替わり定食型
  • 昭和60年度(1985年) ■使い捨てカイロ型
  • 昭和59年度(1984年) ■コピー食品型
  • 昭和58年度(1983年) ■麻雀牌型
  • 昭和57年度(1982年) ■瞬間湯沸かし器型
  • 昭和56年度(1981年) ■漢方薬型
  • 昭和55年度(1980年) ■コインロッカー型
  • 昭和54年度(1979年) ■お子様ランチ型
  • 昭和53年度(1978年) ■カラオケ型
  • 昭和52年度(1977年) ■人工芝型
  • 昭和51年度(1976年) ■たいやきクン型
  • 昭和50年度(1975年) ■カモメのジョナサン型
  • 昭和49年度(1974年) ■ムーミン型
  • 昭和48年度(1973年) ■パンダ型
※興味のある方は、解説URLから飛んで確認してください。

「あーあるある」
「あったねー」

と、それぞれの時代を懐かしむ。


恋愛にも 世代別の特徴があるのかね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼送別
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎回恒例、最終日の5時にフロアで送り出しの会がある。
今回の退職者は、6名。

それぞれが、一言ずつ挨拶をする。
あっさりした人もいれば、感極まる人も。
つられて涙が感染して言葉に詰まる人も。

レーコは、事務所が違ったこともあって、淡々と挨拶。
アニマは、いつもはハイテンション型。
この日は、場の雰囲気にのまれ、一気に涙があふれてきたようだ。

言葉に詰まりながら、挨拶をした。

退職者の言葉が終わると、オレ、K君、O君の順に送り出しの言葉をかけた。
オレの場合は、こういった場に慣れていることもあって淡々と皆の活躍を称えた。

K君、O君は、初めての卒業生を送り出すと云うこともあって、


ayashibito013.gif オトコ泣きに咽ぶ。


そんな彼らと比較して、自分が冷たいのかなと思ったりする。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼送別会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

送別会は、チームごとに開催。
もともと元気なKチーム。

先ほどまでの湿っぽさは何処へやら。
1年経って、事務所が違うこともあり、レーコは最初で最後の宴会参加。
同じく、送り手のM子も初参加。

M子とレーコの話題を中心に会が進んだ。
話を誘導していくのは、仕切り屋のアニマ。

M子のご主人が4月に県外へ単身で転勤。
寂しくなったかどうかはサテオキ
高価なダイヤのネックレスを買ってもらったという。

子どもがいないことが理由か、今でもお互いを
「Mっちゃん、Kクン」と呼び合う仲だと云う。



ayashibito016.gif らぶらぶな中年男女(笑)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼呼称
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

夫婦でも、恋人でも、相手の呼び方は人それぞれ違う。
オトコはだいたい、どう相棒を呼ぶのだろうか。

アニマ「男子は、彼女のことをなんて呼ぶの?」

ユータ「○○ちゃん。ですね」
オレ 「呼び捨てかなー。だいたい。ちゃん付けは恥ずかしいな」
T君 「おい、とか、オマエ、とか」

女子 「サイテー!!(怒)」
T君 「なんで(笑)」

クニミ「アタシ、オイとか呼ばれたら絶対無視する」
アニマ「アタシなら、喧嘩になる」
レーコ「私なら、捨てる。と云うか、オイコラ!で捨てた」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼捨てた男の話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アニマ「なになに!(輝きの目)なんで捨てたの?」
レーコ「浮気」

T君 「どうやって 見つけた?」
レーコ「アイツ馬鹿だから、携帯のメールの送受信を全部消してたつもりだったらしいけど、
下書き保存に残ってたのを見つけて…」


その番号を携帯の明細で発見して、携帯会社に問い合わせ。
名前を確認して、元探偵の友人が調査。
その友人と勤務先の前で待ち伏せ。

そこに、出張のはずの元夫登場。

レーコ「おい、コラ、今日は出張じゃないのか!帰って来るな!ボケー!!」


一同 「こえー」

オレ 「・・・(苦笑)」
アニマ「なに、はるきさん、その顔、浮気ばれたことあるんでしょ」

一同 振り返る。

オレ 「どうだろうね。まあ オトコは迂闊というか、馬鹿だから(苦笑)」
女子 「サイテー!!(怒)」

アニマ「その修羅場の話が聞きたい!」
オレ 「・・・ないない」

T君 「携帯とか見られるのって、腹たたない?」
ユータ「ロックとか、かけてないんですか」

クニミ「ロックとか、ますます怪しまれるでしょ」
オレ 「ロックとか 怪しまれるとか、それ以前に、まあ、そもそも人として論(笑)」

一同 「そりゃ そうだ」

アニマ「ほんと オトコって馬鹿よね」
女子 「ほんとよねー」
M子 「ウチところは、ラブラブだけどね。」


違う意味で 馬鹿っぷり万歳ですな。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼フェチズム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

どういう流れか、フェチズムの話に。

アニマ「男子って 可愛い子と 綺麗な子、どっちがいいのよ」

ユータ「僕は俄然、可愛い系ですね。」
T君 「可愛い系」
オレ 「綺麗で、自分だけに可愛い子」

アニマ「うわっ 出たよ」
オレ 「なにが(笑)」

アニマ「ほら、語って語って、語りたいんでしょ」
オレ 「ないない(笑)」

ユータ「でも、アニマさんて 綺麗ですよね」
アニマ「またまた! ほんとユータクン、お上手よね、この人そっくり!」

T君 「でも、この人(はるきさん)って、誰にでも同じ話し方するから、わかんないんだよね」
クニミ「あーそれ、わかる。」

アニマ「絶対、この人、『あの子が綺麗』っていわないでしょ。やらしい」
T君 「そんなことはないよ、この間も、一緒に行った事務の子が可愛いっていってた」
オレ 「あーあのJAの子 可愛かったね」

クニミ「でも、あの子可愛いっていうのは、よく言うけど、あの人綺麗っていわないですよね」
オレ 「そういわれてみれば、そうかもね」

アニマ「でも、この人(はるきさん)のスマフォの待ち受け画面、綺麗な脚なのよ!!」
レーコ「なにそれ。顔より脚のほうが好きなの?」

オレ 「んー、スマフォに顔はないかなー。好みの顔でも。」
ユータ「ひょっとして、脚フェチなんですか?」
オレ 「あーそれ、あるかも」

アニマ「変態趣味?」
オレ 「女子も、運転しているオトコの腕、良いとかいわね?」

レーコ「いういう」
クニミ「アタシはわからない」
アニマ「あーあるかも。」

T君 「それは、変態じゃないのか?」
ユータ「似たようなものですね」
クニミ「でも、待ち受けにはしないでしょ、女子は」
女子 「しない、しない」

オレ 「いいよ、変態で(笑)」
女子 「へんたーい」

オレ 「ちょっと ムカついた(笑)」


オレが変態だった という話じゃないから。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼2次会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

結局 このあと、T君、ユータ、アニマと2次会。

きりがないので、このへんで。

関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

おもしろーい

全然聞いたことなくて、「こんなのいたのかー!」ってなりました。
でもこれ、誰が決めるのかなあ。
これはあの「ヒット商品横綱番付け」みたいに、後からみたら
「あーあれねー」ってなるようなものなんですね、きっと。

考える人はすごいね

うん、面白かったんだよ。特に解説が(笑)
バタバタしてて、解説までまとめられなかったんだけど。

これ作ったのは、※公益財団法人 日本生産性本部
ってところみたいだね。

今度、恋愛の年齢別のこういうの作れたら面白いだろうな。
などと思いながら読んでたわ。

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

BBBA

GW

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。