スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうすればあの人はわかってくれるのか

▽Category : 恋愛理論
前作の続編

「人の話を聞かないタイプの女性」に対して、
  • 「勝手にすれば?」とか
  • 「アンタのそこが悪いのよ」とか
  • 「グチャグチャ言っていないで 好きな人見つけろよ!」とか
  • 「とりあえず、選んでる場合じゃないだろう」とか

言い捨てるのは、云えるとして、


云った本人がすっきりしたとしても、
云われた相手が「すとん」と腑に落ちなければ、
せいぜい「きょとん」とされて、一時休戦。

しばらく、時間を置いてから、また空気の読めない再登場。



ayashibito049.gifおかえりなさいませ。 (「ちっ、またきたか」 ←腹に木霊する声)


 オレの知り合いにも、こんなタイプの女性はいる。結構な数で。

話は聞いてほしいけれど、「別に答えがほしいわけじゃないの」系
特に、自分が若いときに多かった。


昨今、あまり出くわさないのは、
  • 最初から切り捨てた距離感を保ってるか、      ・・・70%
  • 手短に話を切り上げるか、             ・・・20%
  • 短い言葉で、相手に「気づき」のヒントが渡せるか。 ・・・10%

のいずれかしかない。

「答え」や「図星」や「個人的な意見は、的外れよりも、命中したときのほうが厄介なのだ。

オトコ同士であれば、
上司から、あるいは、格上の人物から言われたときには、納得したフリをして
『自分の中で物事を昇華』しようと、自分で自分を説得する。

同僚や部下であれば、カチンと来るようなことに対して、
考える暇もなく、本音が口をつくかもしれない。

これが、女性同士だとどうなるか、オレには当然わからない。

オトコと女の関係だと、オトコ同士だと思って話をする。
これが、恋愛相手だと、渦中なので、だいたい意味がない。

友人知人のレベルだと、相手もある程度冷静な立場でいるので、
話が通じたフリはする。あとは、本人が自己昇華できるか、なかったことにするか。
云った相手(この場合オレ)を逆恨みするか、のいづれか。
あるいは、オレを紹介した友人を恨むか。※遭遇した経験はない、かオレの耳に入って聞いていない。


こういうパターンを女性同士に当てはめたって、オレの頭で考えられるわけがない(笑)
だから、話半分で書いてみよう。

女性同士の場合、上下関係よりも、横のつながりのほうがオトコに比べて頑丈・堅固。
というのは、なんとなくわかる。

そういった、横のつながりにおいて、
  • 信頼された友人か、
  • クチの固い友人か、
  • あるいは、長年付き合った友人か、

いずれにしても、心を開くことのできる相手、というのは、誰でもよいわけじゃないと思う。

そもそも、女性の相談話ということ自体、
  • 相談    ⇒ 根本的な解決 よりも
  • おしゃべり ⇒ その場限り・その日限りの気分転換 
を 本質的に求めている傾向が、オトコに比べれば圧倒的に多い。

世間話であれば、どんどん話題が枝分かれしていって、 一番最初のテーマがなんだっけ?
まったくかけ離れたことになってるぞ。てなことは日常茶飯事で
オトコはこういう状況にいると、強烈な違和感を覚えて、無口になっていく。

「ああ、またか」という無口コース。

ある程度、時間が経って、「ところで、さっき最初に言ってたのだけど・・」
とか、話の方向性を修正したりしてみるコース。


「実はね・・・」とくるか、
「ああ、それはもういいの」とくるか、


割と、この2種類を身構える。その他がきたら面食らうけど(笑)

ひとつひとつの小さなテーマに対して、
女性同士が共感しあいながら会話がつながり続いていくのに対して、
オトコは、ひとつひとつのテーマを、ざっくりタイトルだけしか覚えられず、
それらを拾い集めて、大きなテーマ=解決方法。といった思考でその場にいる。

話を聞いているようで、物事を考えているので、入る・切るスイッチを切り替えている。


ayashibito003 オトコは単一回路だからね。


だから、えてして、あいづちを打っているときには、何も考えてなくて、
無言でいるときのほうが、真剣に聞いていたりもする。
そっぽむきたいときも、無言だけど(笑) 

ちなみに、女性の長話に対するオトコの無言は、
  • 興味あり 0~3
  • 興味なし 7~10 

こんな感じ(笑)

恋愛中だと、もっと真剣に聴いているけど、その「聴く」という行為にさえ、
よし、聞くぞ という覚悟がいる。
疲れてたり、眠かったり、忙しかったり、何かをしていたり、ってときは、まあ無理。

そこらへんは、わかると思うけど。



ayashibito040.gif 話がずれた。




今回は、オトコの態度はサテオキ。

女性が、女性に相談するケースのうち、
『人の話を聞かないタイプの女性』がわーわー、いつもと同じ話をする場合って、
ただ単に、同情されたいのか、共感されたいのか、励まされたいのか
よくわからないんだけど、一緒に答え探しを求めている風には見えないんだよね。



前作の場合。

これ、聞くほうは、たまらんわな。時間と精神力削ってるわけだから。
しかも、云いたいことあったら、ウズウズするよな。

オンナ同士だし。

女性が、「わー」って切れたくなるのは、
その状態をストップさせて、「オレの話しを聞け状態」を望んでいるんでは、と思うんだよ。

オトコであれ、オンナであれ、
目の前の拡声器を止めるために。性別関係なく。

だから、まず、「どん!」と机たたくか、顔をひっぱたくか、コップを机に叩きつけるか、
「話がある!」という意気込みを見せることからだよな。



ayashibito036.gif やるかやらないかは、勢いとして。



ここから先は、オトコより女性のほうが、嗅覚がするどいので、
「どの話題をもっと掘り下げたい」のか。
「どの質問を返して欲しいな」と思っているのか。など、

オトコにはわからない把握能力で、
たぶん、
「うん、そうだね。でもこれはどう?」みたいに進むのか、どうかはサテオキ、
深刻な話題こそ、ダメダシではなく、ポジティブなヒントを陽気に話すことで「気づき」が生まれるのかね。


普通の人なら(笑)


仲のよいもの同士だと、会話の空気を換えるのが、いつも同じ側になりがちだろうから、
「そうだ、それで思い出したんだけど」とか
「これはついでに言うんだけどね」とか

そんな切り出しになるのだろうか。

すでに、オレの妄想。

この『人の話を聞かないタイプの女性』には、
  • ネガティブな意見や、説教・助言系の意見は、大体無駄球。
  • 話が長くなればなるほど、相手がポイントをまとめられなかったりするので、これも徒労。
  • 小難しい話し方も、専門的な言葉も、工夫の割りに、聞き流される。


結局、相手の過去の言葉や、言葉を数値化したものを
「あれ、いってたこと、やってみた?」とか
「そういや、こんなこといってたよね」とか

わりと、相手の言葉で相手を説き伏せていたような気がした。

これは、オレの回想。

人事だから云いたい放題だけど、
大変な友達持ってるよね。女性たちって。

などと、思ってしまうわけだ。
そういう面倒な女性は、恋愛市場に参戦する前に、教育する機関ないのかね。出会いの場に出向く前の。


ayashibito067.gif と、さじを投げてみる。


関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

確かに、

成婚率をあげる教室とか、あればいいんですがね。今までで結婚にこぎつけた人の登録データを見せて、実際にマッチングした人は、どの程度の条件だったのか見せるとか、希望条件と実際結婚した相手の条件の差とか、そういうのを見せて、幻想見ないように。婚活男性の年齢分布とか、年収別円グラフとか見せて、簡単そうに見える条件に当てはまる人がどんなに少ないか、とか、はっきり把握して、条件の見直しをやらせるとかね。
長く登録させて、オプションのサービスを使わせて、お金を巻き上げなきゃいけないんですから、サービス側もあんまり素早く成立させるわけにもいかないでしょうから難しいんでしょう。

女性の友達というのは、グループでセットになっているタイプのがあるんですよ。だから、グループ内に全然合わない子がいても、全員切る気がないなら全員とつきあうことになるんです、はい。面倒、確かに。

優しすぎ

その友人のヤル気・本気がUPするのに、 ←これがその友人のダメさの本質だと思うだけど

・数字が必要なのか
・条件が必要なのか
・そもそも 結婚のよさを知らしめるのが必要なのか。

そのツボが オレにはわからないけど。

金払ってるから、紹介されるのを「ソコソコ待つ」ってのが、「ソコソコ男子」ししかいなくて、
A『「ソコソコ男子」に妥協しろ!』ってことにするのか
B『ソモソモ 本気で 誰でも彼でも、自分で見つけて来い!』って、業者任せにしてるのを目を覚まさせるか。
C グループ力総動員して、独身オトコ片っ端から見合いさせるとか。

そこらへん、一遍通りは Momoさんの仲間内で、やってるのかも、だけど。

当の本人の、本気度。←ここらへんを、確認しようよ?
と思うのは オレがオトコだからだろうか。

Momoさんたち優しすぎて、本人、現状で「まあ いいか。そのうち」になってないのかな(笑)

婚活市場って、当日のイベントで「今日こそは!」
ってハローワークんも求職と同じで、ライバルは当然必死なわけだから

けど、苦しんで必死でやるもんじゃなくて、好きなことなら、参加するのも楽しいはずだから、
すぐに、見つかると思うんだけどなー

世の中、たくさんの独身オトコがあふれかえってるというのにね。

ホント、Momoさんの気苦労お察しします。キレていいと思う(笑)

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

異性の知らない世界

錯覚の世界

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。