スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表と裏、そして闇

▽Category : エッセイ
「何を考えているか、わからないイキモノ」がいるとしたなら、それは、だいたいにおいて、
  • 目の前にいたはずの恋愛相手だったり
  • 目の前にいる不貞腐れている恋愛相手だったりする。



実際、
そんな風に、思ったことも、思われたことも、どちらも経験すると、
そんな時に、オトコがどんなことを脳裏に思い浮かべ、何を考えていたかとか、
そんなことを考えているときに、女性がどんな振る舞いをすれば、そんなことになってしまったのか。とか、

そういう話を書くことが、当時、恋愛の「補足説明書がわり」になればという動機で、
ブログを書き始めたように思う。

記憶は自己都合で塗り替えられていく。
だから真実や真相なんてものは、曖昧であるべきで、鮮明であればあるほど、胡散臭く感じてしまう。

人は、そんなに簡単に、自分をさらけ出したりしない。
という、先入観をオレは持っている。男女間においては、特に。




ayashibito049.gif 今夜は 特に意味のない話です。さらっといこう



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼表と裏、そして闇、さらにその先にあるもの
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「あの子って裏の顔があるよね」
「あるあるー」


と、第3者の陰口を叩くのも、裏の顔。
オトコから見れば、低級なオンナ特有の「表の顔」と位置付けしているかもしれないけれど。

一般的に、
  • 表面的な感覚を表
  • 内面的な感覚を裏
と捉えている人は多い。



あるいは、
  • 社会的な顔を表
  • プライベートの顔を裏
だとか、

  • 建前が表
  • 本音が裏

  • 行動を表
  • 思考を裏
だとか、


仮定の話として、
  • 他人に語れない過去ログ的なもの
  • 忘れてしまいたいけれど忘れられない記憶や出来事
  • 無かったことにして欲しい歴史など、
そういった表に出せないどころか、裏の部分においても出せないものを「闇」と位置付けるとしたなら、

  • それが、本当にオドロオドロしい人
  • それが、意外と神秘的に映る人

他人と自分の視点は、必ずしも一致しない。滑稽なほどに。


ayashibito041.gif 稀に まぶしく見えたりするんだけど。主に錯覚。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼得意な役割
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

かつての恋愛の始まりにおいて、そんな闇を抱えている人を
「憂いが神秘的」=「魅力的」
に感じて、一歩前に、踏み込みたくなったことがある。


この感覚が、オトコ特有のものなのかどうかはしらない。


ある意味、冒険心からくる感覚だとしたなら、男性的だともいえる。

女性が抱く「闇」の部分というものは、オトコにとって、
  • 恋愛開始前なら、ひとつの物語として淡々と聴けるけれど、
  • 恋愛開始後には、自分不在の物語として、一気に他人事の話でしかなくなる。

時によりけり、不快に感じることも。
それは、嫉妬かもしれないし、当時に何もしてやれなかったことへの無力感かもしれない。

物理的に、出来なくて当然だとしても。

いずれにしても、恋愛後には、愉快な話題ではなくなることがわかっているから、
女性は闇として位置付けている部分なんだろうけど。

ところが、恋愛が始まる前って、オトコは実力以上に役割を担う。
  • 大雑把なくせに、細やかになったり
  • めんどくさがりのくせに、マメになれたり、
  • 感情表現力が乏しいくせに、詩人になったり
  • 小心者のくせに、大担なことをしてみせたり
  • 表情が乏しいクセに、ニコニコ顔を連発したり
  • 自称、経済感覚がしっかり者の財布が弛んでしまったり。

そんなこんなの「表と裏、そして闇」など関係なく、ずんずんと、あるいは、ズカズカと。

その先にある力を発揮しつつ、恋愛に突入する。
それが実力なのか、ただの初期動作不良だったのかは、言うに及ばず。

いずれにしても、
「オマエって 闇の顔があるよな」
「あるあるー」


こんな会話は、オトコの妄想の中にだけ存在する。言葉として世には出ない。
不思議なのは、オトコの恋愛のほとんどが、妄想から始まっているんだ。


ということ。



ayashibito016.gif ビバ 妄想。


関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

さらけ出さない

思っていないことは口に出さないけど、思っていることでも口に出さないこともある。
オトナになったら 口数が少なくなったような・・・「闇」が増えたせいかしら?(笑)
「そんなこと言われてもね~」って思われる気がして。でも、時々壊れて 「あっ、言っちゃった」も。元々の性格は直しきれないのかしら・・・

言っちゃった系

>>思っていることでも口に出さないこともある。

これ、オトナになったということなのだろうか。
ゆんさんの闇の部分が増えたのか、自分のセリフに飽きたのかはサテオキ(笑)

>>「そんなこと言われてもね~」って思われる気がして
この脳内シュミレーションは、きっと、同じ会話を繰り返している同じ相手に作用するよね。
ゆんさんが、「言った後に気づくタイプ」なのかどうかもサテオキ

オトコ相手なら、むしろそれ 言ったほうがいいような気がする。
オトコは「闇」に気づいても、「間」は読めないんだよ。

「わかってよね」系とかは、まずムリだということを前提でお願いします。
「誰に?」ってことはサテオキ。

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

繋がるということ

とある恋愛座談会

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。