スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単語が見つからない

▽Category : エッセイ
とある返事を待っている状態。



どっちかに転ぶ。
というわけではなく。

恋愛には、いくつかの分岐点がある。

ひとりで何かを決めることも、
二人で何かを決めることも。

そして、誰かの言葉を鵜呑みにしたり
過去の言葉に囚われたり、いろいろ。

ただ、恋愛は、感覚的な種類のものなので
言葉を選んでいる間に、往々にして『答えはすでにある。』ということも多い。

自分が気づくか、相手が気づくかのいずれかであれ。

そんな気づいていることを、『正確に伝えられること』が恋愛を安定させる要素のひとつであり、
一方で、それを『正確に受け止めること』が恋愛の継続にとって安定要因の大きな部分を占めている。


だから、恋愛を始めることに対してではなく
恋愛を続けていくことに、
  • 悩まずYes.
  • 悩まずNo
  • 考えてNot Yes.

はあっても、
  • 考えてYes.

これはない。
あくまでも自分史においての話。


友人のままが良かったとか、
またいつか、自分に恋愛する時間がとれれば、とか

無条件から条件付きに、変わっていく恋愛は、恋愛自体の器や形が経年劣化で変わるのではなく、
人の意思によって変わっていくんだ。

たとえ、あとから、ああすれば良かった。こうすれば良かった。と思い浮かべたとしても
「タラレバ」が通用しないのが恋愛の当事者意識

一度、口から出た言葉は、
一度、相手に届いた言葉は、無かったことにはできない。

互いに、相手の言葉で、自身の感覚が180度変わるということは、レアで、
あるとしたなら、その方向転換に自分が気づかず、背を押されたような そんな錯覚。

同じ方向を歩いているときの「のんびりこのまま」と
どっち向いて進んでいるのかよくわからないときに「このままでいいよ」と
云えるのが、同じ優しさではなく、

たんに日を重ね、重ねた日の中に、何かを残せたならと、
何もない昨日を繰り返すことに、麻痺している。


だから、覚悟を決めたとか
そういう季節は、とうに過ぎている。


大丈夫。

という言葉が、世界に向けたものじゃなく
自分に向けたものだと 気づいた日に思う。
関連記事

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

ウキウキする目論見

消耗するオトコ達

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。