スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイプリルフール前夜

▽Category : エッセイ
30日

年度末の週末

土日の2日ともネットカフェで休養。
映画と読書、時々 


f5fc3b69.gif麻雀ゲーム。

気分的に、
  • 「何かを吐き出さなければ」という強迫観念もなく、
  • 「何かを詰め込まなければ」という枯渇観念もない。


そんな平凡な過ごし方だった。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼電話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

土曜日の休眠中に3度 電話の着信音で目が覚めた。
いずれも仕事の連絡。

偶然、ネットカフェから200Mほどのキョリにある印刷会社から。

校正原稿書類を取りに出向いた。
残りの2本は幹事から、月曜の新人研修の確認事項とK君の連絡先の問合せ。

他はほとんどずっと寝ていた。

31日

翌日の日曜も似たような一日。

特に世界へ向けて「これを キイテクレ!」
という話題もない。


ayashibito003 まったく これっぽっちも(笑)


こんな平凡で平和な週末も珍しい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼エイプリルフール前夜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ふと、何か考えてみようとしたけれど
結局、ノープランのまま。

今年も、楽しませる側ではなく、楽しむ側で参加するつもり。

うまくだませると 人生楽しいんだろうけど。
笑いのセンスが まるでない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼恋愛で世界が救えるか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「まあ、無理だ。」
ということも、

「いけるんじゃないか?」
と思うことも、

そのどちらも、それなりに選べる自由な世の中になった。

もっと窮屈に、「いける派」を増やすことができたとしても
「恋愛を構成する参加者たち」の恋愛スキルは、多様化していくニーズの広がりに追い付けない。


そんな風にも見える。


わがままと自由の境界線は,当事者の間にしか存在していなくて
そんなパターンの中で、

自由を叫ぶ人 > 調整する人

こんなアンバランスな風景がそこら中にある。

元々、恋愛が男女間の特殊な精神状態で始まり、
  • まともな精神状態に戻ったときに終わりを迎えるか、
  • よりいっそうイカレテしまって終わりを迎えるか、

そのいずれかであるにせよ。
  • よい恋愛だとか
  • 正しい恋愛だとか
  • 人が羨むような恋愛だとか

そういったロールモデルのような恋愛は減って、最近では
映画やドラマ、小説やテレビでさえ、オーソドックスな恋愛よりも、
「奇妙で真似できないようなそんなスタイルを全面に押し出した、変てこで個性的なカップリング」
を取り扱うものが、世の中にあふれてきたように思う。


ayashibito001 普通の恋愛って どこにいったんだろう。みたいな。


人が元々そういったイレギュラーなものや、インモラルなものに
世界が憧憬していたのかどうかはサテオキ

このブログの世界でさえ、ごく普通の恋愛をしている人に出会うことが、
わりと困難になってきているような気がする。


根拠なき、ただの印象なんだけどね。


と漠然と思った年度末の日曜日。



関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

4月の嘘

年度末の風景

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。