スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアンとBAR.2

▽Category : Office.
ここ10年で、オフィスや家庭にパソコンが普及した。
一家に一台から、一人に一台。

ほとんどの人が、手書きで文字を書くということが、当たり前のことではなくなり、
特別な事情がある場合にしか、筆や、ペンを持つことがなくなった。はず。



ayashibito060.gifオレもその月並みな世間のひとり。



来年度の募集の準備に、ハローワークの求人票を作った。手書きで3枚。
あっという間にペンダコモドキのような膨らみが、右手中指に登場。

指が痛いというより、肩と腰が痛い。
姿勢に問題があるのかもしれない。

というより、今年一年、体のどこかしらが、痛い痛いといっているオレ。
むしろ、そっちの『大袈裟に騒ぎすぎ(笑)』のほうが問題である。

いたって、元気である。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼年度末の風物詩
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

休日なのに、仕事の話でかたじけない。


毎年、春と秋にメンバーが入れ替わる。
この入れ替わりの直前が最強であり、
入れ替わった直後が、最弱である。

個人の資質はサテオキ。


▽入社直後~依存期
  • オレがメンバーの個性や能力が掴みきれていない。
  • メンバー自身が、先輩がどうにかしてくれるだろうと思っていた。
  • 新人が緊張や不安が先走って、内向的になりがちだった。
  • オレがリーダーシップを発揮しすぎて、指示まちになってしまった。


▽2ヶ月後~独立期
  • 問題が起こったときに、ひとりひとりが「わけがわからない」ということが少なくなった。
  • 新人が、地に足がついたので、お互いに「こうしたら?」という意見が出始めた。
  • 仲間うちで、いい意味での競争意識が出てきた。特にアニマ。
  • できること、できないことがはっきりし始め、役割分担が楽になった。コレはオレ。


▽半年後~自立期
  • 自分自身が考え、動けるようになった。暴走の心配が無くなった。
  • チームの中で、暗黙のルールやマナーができ始めた。
  • ゴールに向かって、ひとりずつ当事者意識が生まれ、責任感が芽生えた。
  • 後輩の手本となるようなふるまいができるようになる。コレはアニマとレーコ。


▽1年後~卒業期
  • チームの成功が自分のことのように喜べるようになった。これは、みんな。
  • チームへの愛着や帰属意識がでてきたことにオレに気づいた。
  • オレが出張してても、指示は不要だったらしい。
  • チームカラーによって動けるようになった。ひとりひとりが。コレが一番うれしかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼イタリアンでの話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

遅かれ早かれ、毎年、こんな風に変わっていくよね。
「特に今年は楽だったよ。」
という話を、イタ飯のときに話した。


「へー、意外と見てるんですね。いつもじゃらじゃら言ってるのに」
とアニマ

「ははは、今年はいいチームだったからね」
「それ、毎年そうやって オダテテるんじゃない? しょうがなく」
とT君。

「いやいや(笑)来期は、T君軸だから」←ほかのメンバーは卒業
「ボクはアニマさんのように、ガッツリできませんよ」

「いいよ。新人を任せるから、人を動かすの得意でしょ」
「またまたー そうやってすぐその気にさせる」

「でも、ほんと、よく観てますよね。人を」
「どうなんだろ。髪を切っても気づかないタイプだよ。オレは」

「この人、滅多に褒めないけど、たまに、急所を褒めるのが上手なのよ」
「また、はるきさんを 『この人扱い』してる!」
と、最高齢のT君が最年少のアニマたしなめる。

「ははは、一番年下だけど、一番先輩だし。このチームは、年功序列じゃなくて、先輩序列だから」
「でも、『この人』はないでしょー」

ないな!(一同笑)」
「すいませーん。いつも一言多くて。」

「いいよ、客の前でやってなければ。クレームゼロだったから大丈夫だろ」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼BARでの話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年のチームは、クリリン以外、途中下車することもなく、無事終わりを迎えられそうである。
クリリンのエリアを引き継いだ後任のクニミーが、

「クリリンさんって、どんな子だったの?」
と、アニマに尋ねている。

「あの子ねー。ん~。ザ・ゆとりって感じかな」
と、アニマから見たクリリン評。

「そうなんですか?」
とクニミーがオレに振った。

ゆとりってものがどんなものか、語れるほど知らないけど、
退社前に、話し合いの場を1週間ごとに数回持った。

「オレを愛さなくていいけど、チームのことは好きになれよ」
といったら、
「ムリです!!絶対」
と、最後まで云ってたな。

「オレに力不足だったと思うよ。育てるのに万策尽きた!と感じたから」

でも、切り替えの早いのは、若い子の特権でもあるし、
自分にあった水で活躍してると思うよ。

それに、辞めた後も、手土産もって遊びに来るし。
なんだかんだで、仕事以外は楽しかったみたいだよ(笑)

そんな話をした。


明日は、3チーム合同の送別会&オツカレ様会

in 「カリージョを目指せ!」とけしかけた アキの両親の店での宴会予定。


0b780f15.gif  ←こういう飲み会になる予感





関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

滅多に褒めないけど、急所を褒めるのが上手い…?急所を褒める…(ブツブツ)笑
えっと、頑固さを褒められた私は…
急所じゃない(´・ω・`)笑


あとの祭り

実際は、思ったことをクチに出してるだけなので、 
褒めたつもりが無いことがHITしてる可能性もあるのかもね

みこの場合、急所じゃないな。それだけだと。
でも、ほら、素直やん?(笑)←こっちを褒めたつもりだったのだが ははは。

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

いい話と悪い話 遺失と美魔女

イタリアンとBAR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。