スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日と温泉

▽Category : 日常の風景
いつも通りの朝。土曜日

休日を、というよりも休息日が来てほっとした。
という目覚め。

心に引っ掛かりのあることから片付けようと、
コーヒーを飲みながら、持ち帰りの仕事を2時間程度してから、
「温泉に行こう」
と思い立った。

行った。


松山には、街中の至るところに温泉がある。
道後温泉は、世間では日本最古の温泉として名高いけれど、
地元民は、というかオレはあまり足を運ぶことがない。

他県からの来客の接待か、会社関係の行事ごとで利用する程度の距離感。
庶民的とはいえない観光地の位置づけ。


普段、利用するナワバリというか、テリトリーというか
近距離の行動範囲に、3つ温泉がある。

ひとつは、いつもの通り道沿いにある温泉。
3つのうちで一本しょぼい、人があまりいない。
シャンプーもボディシャンプーもなく、持ち込みしないといけない。不便。

けれど、ロビーで座ってタバコが吸える。
のんびりしたいときはここをよく使う。

2つ目は、自宅から一番近い。
シャンプーなど全部揃ってるので、タオル一枚あればいい。
灰皿が、屋外なのが、致命的。
そしてご近所さんが多いので、敬遠しがち。

3つ目が、会社の近くにある温泉。すべて揃っていて、内容も充実。
中も広く、いたれりつくせり、レストランもマッサージも血圧計まである。
タバコも吸える。
いかんせん、風呂上がりの家まで7kmチャリンコというのが萎える。特に冬。
あと、朝のオープンが10時と遅い。

温泉って、一番入りたいと思うのが、仕事前の6時頃。

で、今日行ったのは、ひとつめの温泉。

ayashibito052.gif大浴槽独り占め。


温泉を出ると、仕事のことがどうでも良くなった(笑)


2週間で、読み終えることができなかった本を昨日返却していて、続きを読んだ。

マリアビートル:伊坂幸太郎


以前読んだ『グラスホッパーの続編』の位置づけの作品

東京から盛岡行きの新幹線内でおこる事件
殺し屋、というか、その業界の人同士特有の嗅覚で、「ある人物を送り届ける」「トランクを運ぶ」という使命を果たすために、それぞれが殺しあう。



という話だった。
まあ、「殺しすぎだろ」という感想。しかも長い(笑)

途中、一章ごとにタバコを吸ったり
昼食をとったり、缶コーヒーを飲んだり、
その度に、図書館裏の施設の中庭にある公園のベンチで過ごした。

ここ、穴場なのか、誰もいない。


ayashibito041.gif公園の独り占め。

さすがに、誰もいない公園というのは、少々、人恋しくもなる。
けれど、日ざしが、春の暖かさで、気持ちよかった。

今日は、やたら喉が乾いた一日だった。
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

グズ男とキレ女

人の考えあれこれ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。