スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛と記憶の連鎖

▽Category : エッセイ
2月の第1週目

仕事の段取りが終わった始業前の8時頃に、喫煙所に向かった。
いつもの顔触れが、同じ時間に揃う。

男の行動は、矛盾を感じさせないほど、日々繰り返される。


隣のビルの銀行の連中も、8時15分の開錠前に来ている。
この日の世間話のテーマは「二日酔い」

2月と8月にある、『人事異動の歓迎会での出来事』の途中だったらしい。

A先輩とテツが話をしていた。
先輩「なに、テツも飲めないのか」
テツ「ええ、いつも死にかけですよ、なあ、はるき」

階段を昇りきったタイミングで、声をかけられたので顔をあげた。

オレ「相変わらずなのか」
テツ「体質はそうそう変わらない」


━━━━━━━━━━━━━━
▼20年前
━━━━━━━━━━━━━━

テツは同郷で1歳年上だが一浪していたので、大学では同年だった。
京都のD大学で、大阪での面接を一緒に受けた3回生の時からのつきあい。

当時は、大学4回生の5月頃には内定を貰ったので、4回生になると暇になる。
オレの住んでいたマンションに、週のうち5日はいた。まるで半同棲生活。


ゼミの卒業論文以外の単位をとれていたので、午前中だけ、ゼミに顔を出して、
学食で友人と飯を食べたあと、マンションに帰った。

2kmほどの距離を250CCのバイクで通学。

夕方頃からマージャンのメンツが、当時のオレの部屋に集まった。
5時になると、テツがパチンコ店からタクシーに乗って来くる毎日。
タクシーでの往復というのは、大学生にとっては贅沢な金の使い方だった。

オレはパチンコに造詣が深くない。

「一発台ってやつがあってな・・・」
テツの云うその仕組みはさっぱりわからなかったが、
勝っても負けても、3~4万使うのだという。

当時のマージャンのレートが、貧乏学生の暇潰しレートで、
交友関係を歪めない一晩の3千円程度だったことを思えば、
10倍近い金を平気な顔をして動かしていたテツに、羨望を抱いていたように思う。

また、年上であるにもかかわらず、偉そうな振る舞いが全くなかったことにも、
親近感を覚えていたようにも思う。


━━━━━━━━━━━━━━
▼ある日
━━━━━━━━━━━━━━

「タクシーの往復3千円って、勿体なくないか?」
と聞いたことがある。

「確かにな、でも夜までパチンコをして、負けて帰って一人で飯を食うことを考えたら、
タクシーにのって夕方から朝まではるきのところで、皆とマージャンをする方が、楽しいからな、
タクシー代は痛くないぞ」

そんな返事だったように思う。
その翌日から、パチンコ店までバイクで迎えに行くようになった。

テツは、タクシー代のかわりに、チョコレートやスナック菓子、
タバコを景品交換した大きな袋を2つ抱えて、後部座席に乗るようになった。

マージャンでは、4人以上いる時は、抜け番といって暇になる。
酒を飲む者、タバコを吸う者、ファミコンでファミスタをする者、毎晩楽しい宴会だった。

オレとテツのふたりは、アルコールを口にしなかった。
コンパでは飲むけど、マージャンの時は飲まない、厳密なルールなどなく、単なる習慣として。


卒業後にテツは大阪支店に配属になり、その店に勤めていた女性と結婚した。
式の2次会で、馴れ初めを聞いた。

「嫁の親父さんが、酒が飲めないのと、毎日、晩飯を嫁の家で食べた後に、
 父母嫁との4人マージャンが楽しくてな。こういう家族もいいかなと思って」

そんな理由だったらしい。
勝っても負けても、態度の変わらないギャンブル好きの男も珍しい。


━━━━━━━━━━━━━━
▼記憶の連鎖
━━━━━━━━━━━━━━

そんな思い出話を喫煙所でしたのち、階段を降りると、不意に肩を叩かれた。

振り返ると顔見知りの後輩、ウッチーだった。

「久しぶりだな、今、どこの店なんだ」
「2月にこの店に」

「ああ、異動か、オレは隣のビルにいるわ」
「じゃあ、また」

短い挨拶をかわした。

この男の嫁は、この話(記憶のインデックス 第7話) のヒロコだ。

世間は、ぐるりとまわっている。


「嫁は元気か」と聞く必要も感じなかった。

けれど、頭に浮かんだのは、当時、
男女4人で車で四国一周をしたときに告白された夜のことと、
小旅行が終わって、当時の彼女に「なんで女の子と行ったのを黙ってたのよ!」
と怒られたあとに、言い訳している自分の姿。


ayashibito001 昔の顔って、どうしようもない記憶をフラッシュバックさせやがる。








関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

恋愛市場の軸

平凡な土曜日(快晴)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。