スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛の悪戯

▽Category : エッセイ
『恋愛』を擬人化して、その視点からヒトを観察したなら

ヒトが、自身の恋愛の傾向を知るにあたって
  • 体験から感覚的に「傾向」を導くことも
  • 統計から理論的に「傾向」を浮かび上がらせることも
どちらがどう、ということではなく

生まれてから、あの世へ、ヒトが転籍するまでを、一生涯とか、人生とかいうように

ヒトが他人を気にするようになってから、
ヒトが他人を気にしなくなるまでの間を『恋愛』と呼ぶなら
ヒトはその期間に恋愛世界の名簿に名を連ねることになる。参加表明みたいな。

人生において、後世に名を残す者は現れるけれど
恋愛において、後世に名を残す者はいない。
研究者としても、参加者としても、傍観者としても。

恋愛で後世に名を残した人 の検索結果 (引用符なし):
恋愛の研究者で後世に名を残した人 の検索結果 (引用符なし):



他人が羨む、恋愛のロールモデルがあったとしても
多くのヒトは、恋愛が何かの通過点であり、アクセサリーであり、娯楽であり、
おおよそ人生における余興のひとつにすぎない。

ヒトがカタログ通り、華麗に服をきこなせないように
レシピ通りのみた目になっても、味が同じだとは限らないように

出来ないこと、出来なかったことを語らせれば、ヒトは雄弁になる。
出来たヒトは無口にもなるし、恋人をレンタルすることもない。

ゆえに、よりよい恋愛のサンプルがこの世に量産されないはずだ。

昨今の情報化の時代にあっても、ガラクタ箱も宝箱も、相変わらず開けてみなけりゃわからないのは、
嘘と隠し事でヒトがヒトの本質を覆っているからとも映るし、
本質に辿り着くまでの諦めの早さににおいても、人間らしさが十分に発揮しているし、
辿り着いてハズレを引くヒトの失望感で、世の中は溢れかえっている。

そんなガラクタのロールモデルばかりが
世の中を賑わせたり、騒ぎたてたりするもんだから、

「今ドキの恋愛」にありがちな、プロトタイプやマニュアルユーザーが増えれば増えるほど
「恋愛はその程度のもの」と思ってしまいがちに、参加者も年々減っていく

完成品を求めるヒトが増え、作り上げていくというヒトが減ったように

便利な世の中になればなるほど、合理的ではあるけれど、
多幸感も規格化されていくようでもある。


偶然、誰かと誰かの間に光臨するものではなく、何の変哲もなく居続くわけもなく
こんがらがりながらも、ハンドメイドしていく時に 「有形の恋愛」をして現れたり
「冷えたり、熱くなったり」と きままに温度を変えながら登場するんだ。


果たして。

ayashibito018.gif


素敵な恋人のレンタル はじめました。とか いってみたいな。
 カレたカボチャ頭に変えて 魂を抜き取らせていただくけどね。みたいな。






関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

平凡な土曜日(快晴)

オトコの恋愛観の体系化(プロット)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。