スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛と本能と

▽Category : エッセイ
「腹が減る。」「眠くなる。」「誰かを好きになる。」
文化や生活様式が多様化しても、普遍的なことがある。

世界共通の本能。

そういった、「食事」「睡眠」「恋愛」のイメージは、古今東西、時代や場所が違えど、
意識的に思いうかべたり、無意識に思い浮かんだりする。
ある一定の条件下の人類共通の本能のイメージとして。

『恋愛』について、ひたすら書くことに、
他者からみて、とても奇妙にみえたり、逆にしっくりときたりするのは、
それぞれの人の、その時の恋愛事情によりにけり。

ayashibito004 

世の中には、たくさんの『食』に関するブログやレシビやマニュアルや写真がある。

料理の腕を上げたい人は、食材や調味料や調理の工程を調べ
料理を楽しみたい人は、美しい盛り付け方や皿や器を探すかもしれない
その料理にあう、酒やデザートまでも。

人が何かを調べたり、探したり、やってみたりするときには、必ず動機がある。
日々の食事に満足していれば、調べたりしない。

『睡眠』しかり、
熟睡できない人は、酒をのんでみたり、本を読んだり、羊を数えたり、枕を買い換えたりするだろう。
熟睡できている人は、睡眠について、深く考えたりしない。

そんな風に考えれば、オレ自身は、食や睡眠に関係する他人の記事やレシピやマニュアルや写真は、全く見ない、
もしくは、目に写っても、興味をもって、深く関わることはない。

そういう観点と重ねて考えれば、恋愛のブログやレシピやマニュアルにニーズがあるのは、
その瞬間の恋愛に多少なりとも不満や物足りなさや、向上心や好奇心や、
いろんな動機が世の中にあるのは、頷ける。

同時に、恋愛に満たされた人や無関心の人と接点があまりないことにも納得。

『恋愛』が『食事』や『睡眠』と違うのは、
食べることも、寝ることも、ひとりひとりのそれぞれの工夫で、なんとかできるということ。一般的に。


もちろん、他人との共同生活となれば話も本能的な動機から、文化的・意識的な行動に変わるといえるけど。


『恋愛』が、本能的なものであるのは、
はじまる頃の話であって、あくまで、ひとりの手の内にある、萌芽的な時期において。
人として、『恋愛』を誰かと二人でするなら、文化的・意識的な行動をしなければ、当然、誰かと衝突する。

ただ、そんな当たり前であるはずの『恋愛』の風景が、
他人様の恋愛模様を観る限り、何時もかつも何処かで誰かが大騒ぎしている。



ayashibito009.gifたまたまであれ、わざとであれ。





現在進行形の恋愛の行方が、安定感があろうと、不安定であろうと、
常に不満を抱えて居続けることは、困難で
常に満足感を得続けるとこうことも、現実的ではない。

人が100%のうち、善悪が、100対0にならないように
恋愛も100%のうち、善悪も、良不良も、苦楽も100対0にはならず、
なにかしらの本能から生まれる感情の部品で構成されている。

恋愛は、感情の部品を繋ぎ合わせて、理屈ぽくこうであるとか
結果論に似た論理を展開できるけれど、感情抜きには、存在しない。

感情の部品のような、無意識に訪れる「過去の元恋人話への嫉妬や嫌悪感情」から気づかされたり、
ふと「街行くカップルを見たときに喚起された誰かの偶像」に自分と誰かと重ねるような妄想を
切に実現したいと望む自分に気づいたり。

世間で鈍感だと云われる人でさえ、恋愛感情に気づくわけだから、
恋愛と本能って、つくづく理不尽だな、と思う。


そんな火曜日のひとりごと。
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

恋愛と嘘

酒と右ペダルと棒の悩み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。