スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトコの「あっ!かわいい」の謎

▽Category : エッセイ
女性の云う『かわいい』に、皮肉が含まれているかどうかはサテオキ
女性は、かなり膨大なジャンルに対して、ひとくくりにする。「かわいい」と。

それは傾向というよりも、正確な伝達の手抜きのようにも映る。乱暴だ。
かわいいと感じた理由を女性に尋ねると、『小さいもの』『丸っぽいもの』であるらしい。

その理由すら、説明になってない。と感じるオレが鈍いのかもしれない。

『そんなつもりはない!』
『それでわからないほうが、おかしいんじゃない?』

ということはサテオキ

オトコの滅多に云わない『かわいい』にも
女性のジャンル分けにはとてつもなく敵わないけれど、少々のジャンル分けがある。

その少々のいづれも、肯定的に使う。

(1)動物全般ノージャンル
(2)恋愛対象内外の女性
(3)こどもたち全般

一般的に(1)と(3)は、口には出さず、相槌程度。そして印象はその場限り。
だから、特に掘り下げたりはしない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼(2)の恋愛対象内外の女性考
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆①左右対称

何かの本で読んだ。
人は他人の顔を見たときに左右が、非対称であるより対称であることを好む傾向があるらしい。
このことについて、強く意識したことがなかった。

日中、辺りを見渡してみたところ、
人の顔を真正面から見る機会は、ほぼ、ないといっても嘘にならない。
斜めからだったり、横顔だったり、すれ違ったときの一瞬であったり。

意識して見渡してこうなのだから、無意識に女性を見たところで、鮮明な記憶に残らないわけだ。どうりで。

たまに、喫茶店やコンビニで誰かが振り返った時に「あっ!かわいい」と思ったり、
レジの女性が顔を上げたときに、「あっ!かわいい」とドキっとするのは、
真正面から見て、左右対称の笑顔に悩殺されていたんだな。
と、勝手に自己追認して納得してしまった。

◆②「あっ!かわいい」

と、思ったもののほとんどが、恋愛には向かわない。
相手から、手ばなしで衝撃を受けた場合には


ayashibito022.gif  本能的に負けた気がするから。(笑)



むしろ、なんとなくマークしていた女性(※この表現は誤解を生みそうだけど)
を、ふと眺めていて、いろんな表情の変化に対して「かわいい認定」を授与する「あっ!かわいい」が、
本能的に恋愛対称の萌芽的感覚のように思う。

ayashibito016.gif 本能的に負けた気はしないから。(笑)

 
オトコ特有のものであっても、オレ独自のものであっても、
女性には、共感は難しいかもしれないけど。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼かわいい認定といいねそれ認定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いくら、オレが面食いとはいえ、顔だけ見て、かわいい、⇒ じゃあ、よろしく。

これは、ない(笑)


◆③かわいいとかわいげ

ayashibito011.gif もはや、屁理屈の世界に突入した感が否めない。



通りすがりのかわいいには、恋愛認定はない。
普段の何気ない仕草やふるまいに潜んでいるかわいげに、オトコはやられる。
このやられ方を恋愛ホルモンだとすれば、通りすがりのかわいいは、オスホルモンだといえる。

こういう明確さは、言葉にすれば認識もできるけれど、日常においては、その判断は視神経だけでは頼りない。


ここのところ、一体何を書きたかったのかわからなくなることが多い。


ほとんどの場合において、話の全体図を描くことなく書き初めていることが、理由のひとつ。
もうひとつの理由は、書きながら視界に飛び込んでくる、自分とは無関係の女性と目が合うたぴ、小テーマが書き変わっていくということ。

いずれにしても、自分の人生に影響を及ぼさない相手であり、一期一会である。
そんな日々のくりかえしが、人生であるとも云えるけど。



ayashibito003
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

酒と右ペダルと棒の悩み

人生を要約すること

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。