スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

容姿と性格との関係不等式

▽Category : エッセイ
▼容姿と性格の関係

会社の同じ敷地内にあるビルの一階に、地元の銀行が入っている。
夏の人事移動で大学時代からの友人がその店舗にきた。

ほぼ毎日、彼と顔を合わせると、喫煙所で話をする。
日に、2~3回。

「オマエ、丸くなったよなー。」
というセリフが、体形のことか、性格のことか、どちらも当てはまるので、


ayashibito001 苦笑いするしかない。



「まるで別人だ!」
といわれても、当時のオレも今のオレも、まぎれもなく本人である。

そんな話をしていて、ふと思い浮かんだのが、
『恋愛における容姿と性格の関係』


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼第一印象と第二印象
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第一印象って、凄く大切だと思う。ほんとに。
恋愛であれ、恋愛外であれ。

女性との第一印象が、オレの場合、9割方、その後の恋愛に影響してるのでは?
と思うくらいに。

第二印象で、もし、
(1)恋愛対象から対象外へ
(2)恋愛対象外から恋愛対象へ

とするなら、
(1)は5割以下
(2)は1割以下

だと思う。
あくまでも オトコ側、オレ側から女性をみての話

女性から男性をみた場合は、全然違うか、似たようなものかは知らない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼第三印象以降の話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ちなみに、第三印象って、
第一印象90%+第二印象10%の100%の情報を、一人の時に考えて
  1. 考える場合、恋愛対象
  2. 考えない場合、恋愛対象外

3回目のコンタクトは、自身の判断の確認みたいなもの。

ayashibito016.gif この人は。多分こんな人という イメージの固定。



つまり、3回目以降の会合では、ほぼサプライズは起こらないし、
オレ自身のふるまいも、容姿も、性格もかわらない。

相手も同様に。

かわるとすれば、二人の物理的な会う頻度や、精神的な互いの距離感。
あとは、互いの中で、それぞれに進展していく恋愛感情。つまり相性だとかフィーリングだとか

  • 一進一退であれ、
  • 右肩上がりの直線であれ
  • 半円に近い放物線であれ

その後に
  • 告白が先か
  • デートが先か
  • 友達のままか
は、大部分はオトコの行動次第


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼容姿と性格の不等式
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本では、『美人は、性格が悪い』とか
『可愛がられるから性格がいいはず』だとか、
いろんな噂も事実もある。 

オレもどちらの美人も知っている。

性格は、美人に附随してるというより
一人一人に附随してるものなんだけどね。あくまでも恋愛以前の性格の話ね。


オトコは、容姿と性格からのみ恋愛のスタートの条件としているわけじゃなく
フィーリングだとか相性だとか価値観だとか
めにみえないものまで引っ張りだして恋愛を検討する。

頭で、というより、本能で。

好みの、あるいは理想のイメージがあるにせよ。

第一印象~第三印象くらいでは、きっちり正確な、性格や相性は計れない

計れるのは容姿だけである。

あくまで3回までの条約として。

不思議なもので
◆スタート前の比率は、
容姿 > フィーリング > 性格

◆告白する時期になると
容姿 = フィーリング = 性格

こんな風に変化していく。

こんなふうに変化したから、告白だとか、恋愛認識するのかもしれない。
行動が先か、意識が先か、まあ 盛り上がって、盲目になっているので意味はわかっていない。


◆実際、恋愛が始まると
フィーリング > 容姿 ≒ 性格 ・・・恋愛順調


つまり、
◆容姿と性格が2流でも、フィーリングがバッチリ1流だと、恋愛は順調に進む。はず。

フィーリング < 容姿 ≒ 性格 ・・・恋愛ギクシャク

容姿と性格が1流でも、フィーリングが2流以下だと、恋愛はギクシャクする。はず。

時系列で見ると、

◆恋愛のスタート時
あれほど こだわった容姿は、時間の流れとともにその重要性は、変化して


見た目の美しさ重視 < 表情重視

となっていく。

◆恋愛の上昇中、安定中は、
外見も性格も相性も、さほど気にとめなくてもよい。はず。

◆恋愛の倦怠期
そこから、倦怠期へ影響を及ぼすのは、
フィーリングに含まれた性格から綻びはじめる。

性格からにじみでたネガティブな表情にも。
性格からあふれでる傍若無人なふるまいからも。

◆倦怠期から終期
ここら辺りから終期にかけては、
自慢の美貌もくびれも、世間並の容姿も驚くべき体形も、恋愛に与える影響は少ない。
ほとんど無関係。

世間では、価値観だとか相性だとか云うけど
本当は、『性格の不一致』のせいにしたがる、そのいい加減な性格のせいだと思う。

オトコであれ、
女であれ、

そしてオレも例外なく。

・・・とんでもない結びになってしまった(笑)



ayashibito061.gif タバコを1本吸った。



性格っていう、どうしようもないものから でてくる行動・言動は引き金に過ぎず
最期は『最後のふるまい』が、『臨界突破』の決定要素のNo.1

ということで、どうだろう

「うん。」

自分が納得したところで



ayashibito027.gif おしまい
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

恋愛の引き際

文学と道後温泉と

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。