スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛と記憶の関係性~前書き

▽Category : 恋愛理論
平均寿命の半分を折り返したなら、
人生の夢が 何をしたいのかを語る夢よりも
人生の残りを どう生きるのかと考え 行動していくことにシフトする

それを 仕事の定年後に考えるのもよし
現役のときから考えるのもよし

同様に 恋愛寿命の折り返しを越えたなら、
こんな恋愛をしたい というありえない夢を描き続けることも
こんな恋愛をする という意思を持って行動することも

ひと それぞれによし

何もしないことは 一番いいように見えて 同時に最悪でもある
何も残せないことへの 一番の近道という意味において

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼恋愛について考えるときに 記憶から引っ張り出すもの
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の恋愛を 時折思い出すことが ヒトのとって健全なことか不毛なことかはサテオキ

恋愛は、経験を通して、記憶装置に詰め込まれていく。
見たこと、したこと、やったこと、やらかしたこと。

それを、後から引っ張り出して言葉や歌や、絵や映画や
いろんなことで再現すること、再生すること。

何の意味があるかはサテオキ、
ヤレないよりは やったほうがよいかもサテオキ

デジャブのように、「以前にもこういうシーンがあったよな」
ということが、恋愛においては多々ある。

同じ相手に対してであれ、
違う相手に対してであれ。

そんな経験を通して、記憶と再構成したり、再構築しながら、
テキストに変えること。を、ここ何年もしている。

若かりしころのほうが記憶は鮮明かもしれないけれど
年を追うごとに、表現力や再現力は上達するかもしれない。

そういう意味では、年をとることも悪くない。とは思う。

時折、自分自身にgoogle検索システムが使えればいいのに。
と思うことがある。

漢字が出てこなかったり、言葉自体が思い出せなかったりするときなど。
あと、こんなくだらない記事を書いているときでさえ(笑)

時々、「あれ?このテーマで書いたことあるよな。」
と思うことがある。

ayashibito004



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼記憶と恋愛の 関係性
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

普段の恋愛においては、当事者間のエピソードを記憶していく以外の必要性を
誰かが感じるかどうかはサテオキ


朝、本を読んでいると(最近マイブームの伊坂幸太郎:陽気なギャングが地球をまわす)
『ヒトの記憶は3種類ある』というような一節がでてきた。

オレの中では、記憶は記憶であり、種類わけというかカテゴリーわけなどしたことがなかった。
ブログ上では、せいぜい、現在の恋愛の記憶、過去の恋愛の記憶、恋愛自体に対しての思考の記憶。
こんな種類わけでしかない。


実際、その本を参考に、記憶を仕分けしてみた。
  • 体の記憶・・・体でおぼえる
  • 頭の記憶・・・知識、理解
  • 体験の記憶・・・ストーリー、エピソード


━━━━━━━━━━━━━━
▼体の記憶
━━━━━━━━━━━━━━

梅干しを見るとすっぱく感じるように誰かを見ると胸が痛む
自転車や竹馬ののり方・逆上がりに前まわりを覚えたように、恋愛で転けなくなるし、
オトコののり方も、暗闇でも体が棒と穴をほにゃららうんぬん。

一度できるようになると、体の形状が変化しない間は忘れない
ヒトが浮気を繰り返すのは、このせいなのかもしれない。


━━━━━━━━━━━━━━
▼頭の記憶
━━━━━━━━━━━━━━

青は進め、赤は止まれの信号
車も列車も恋愛も、一斉に進み、止まる。
信号を無視すると事故が起きるのは恋愛も同じ

道路は左側、フォークも左側、
胸を触られたのも左側からなら、たんにオトコが右きき

男は浮気する、女は嫉妬する
間違いだらけのミニ知識も頭の記憶のうち

ヒトが浮気を繰り返さないのは、このせいかもしれない。

━━━━━━━━━━━━━━
▼体験の記憶
━━━━━━━━━━━━━━

普段の生活の中で目に映る風景
恋愛で経験した思い出
楽しかった、辛かったなどの感情で覚えたものや
喧嘩をした、泣いた、エピソードで覚えたもの
美味しいスイーツ、感動した夜景など場所で覚えたもの

人は、配分はサテオキ
否応なくこの3パターンで恋愛を記憶していき、忘れてゆく。

ひょっとすると恋愛に限らず、人生全般においても。

記憶だって、
無意識に思い出すものと
意識的に思い浮かべるものがある

そんな記憶と今を比較しようと、重ねようと、人の自由である

だけど、人は他人の記憶にさえ嫉妬する。
記憶がえてして、高輝度・高解像度・高品質として保存されていることがありがちゆえ。

ヒトが浮気をしなくなるのは、このせいとは無関係であるように思う。

━━━━━━━━━━━━━━
▼記憶の美化からつながる磨くということ
━━━━━━━━━━━━━━

物事を美化できることは、素晴らしいことだ。
過去の恋愛であれ、今の恋愛の初期のころであれ、
そしてそれが「今まさに」というタイミングであれば、なおのこと。

「そんなもの」=物事を美化できる力=物質をデコレーションする能力

ふと思う。

女性は自分の女子力向上のために外見や持ち物を磨くのに
自分のオトコを磨く人と磨かない人にわかれるのはなぜだと。

それは女子力じゃなく研磨力だと言い放ってしまうと台無しだな。


ayashibito003 

━━━━━━━━━━━━━━
▼おまけ
━━━━━━━━━━━━━━

この記事を喫茶店で書いた後、ネットカフェにきた。
記憶に関する記事をいろいろと読んでみた。

記憶には階層があることや、
記憶の過程があることなど、
今度、じっくりと 『記憶と恋愛との関係性』を考えてみようと思う。

★参考としたもの

タルヴィング:記憶システム論、
手続き記憶、プライミング記憶、意味記憶、短期記憶、エピソード記憶
の順に、左の記憶ほど原始的で、生命の維持に直接関わり、右の記憶ほど高度な記憶になる。


ということらしい。
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

漫画から受取る男女の恋愛観の違い

恋愛の意識と無意識の比較論

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。