スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛の意識と無意識の比較論

▽Category : 恋愛理論
恋愛としていた時と
恋愛をしていなかった時の

どの辺りが精神的にリラックスしているか
という話

※長文の予感

ayashibito040.gif

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼恋愛と彼女とのポテンシャル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世間のオトコにとってどうであるかはサテオキ

今の恋愛と過去のソレを比べるかといえば、
表向きは「そんなことはしないよ、失礼だろ?」
というスタンスが一般的だ

実際は、どうかといえば
  • 意識的には本当にしない
  • 無意識にはやっている。頻発ではないにしろ。部分的に。

といった感じ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼サイズの比較
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

胸のサイズ、ではない。ナニのサイズでもない。失礼な。

幸福のサイズ。の話。

恋愛において『多幸感に包まれている』と自覚できるときは、
無意識のうちに、かつての過重だったものや、未発達・未熟だった総体的は恋愛のサイズと比べて
現在の恋愛のサイズが最大級であるなら、幸福を感じずにはいられない。

これは、ほぼ無意識。

逆に、『薄幸感に苛まれるとき』もほぼ同じメカニズム

現在の恋愛のサイズが最小値の場合は


ayashibito014.gif ・・・うわあ ということになる。


あくまで理論上の話
※そもそも、複数の恋愛において、後期にそういったサイズの恋愛は まず、はじめない。


意識的に比べるとしたら、
自身を納得させるための理由につかったり
世間を欺くためだったり、言い訳だったりに使うことはあるかもしれない。

これを恋愛相手に直接的につかうことは、相手を愉快にさせることは難しい。
道義的にも、実践的にも。

結果、自身を貶めることになる。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼スバンの比較
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

何ヶ月続いたか。

「結構長くなったな」と無意識に
「今日で1年だ」と意識的に

これは、ある。

恋愛の長さは、
世間一般との比較より、自分の過去の恋愛との比較であることが多い。

長い短いのどちらに価値があるというわけではない
恋愛の価値は、だらだら期間ではなく、ハイクオリティさによるんだけど。

双方の輝度。とでもしておこうか。オレのナニの硬度とかじゃない。くどい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼クオリティの比較
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

主に、彼女の容貌の比較ではない。

印象付けの比較に近い。

恋愛の記憶は、主にスタート前後の『恋愛ホルモンまみれ』の時の
あの『情熱的で狂ったような感情』が記憶に刻まれる。
ほのぼの系のシーンはボリュームが記憶されることはない。

感情の起伏の上下が、乱高下したことは記憶されるにしても。
大事件系のできごとも印象付けとしては残る。

とどのつまり、
このサイトがよく検索にかかる

「記憶に残る女性」
「忘れられない女性」


というのは、良くも悪くも
激しい恋愛をした相手ということになる。
あるいは、初めてづくしのことを一諸にした相手とか。

だから、容姿ではなく、本質的な部分も含んだ全体の中の強印象さ(ハイコントラスト)が
記憶に残る女の正体なのかもしれない。

期間にかかわらず。
容姿にかかわらず。
出逢いのシーンであれ、終わりのシーンであれ、


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼スタッフの比較
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スタッフというのは、恋愛をサボートしてくれた第三者のことではなく
第三者になってしまった過去の恋愛相手のこと。
そして、第三者になってしまった過去の自分。

過去の自分と今の自分
これは、成長、進化という意味での比較対象。

過去の恋愛相手と現在の恋愛相手との比較
これは全くない。

ほぼ無意識にも、意識的にも、
意味合いを感じないことをオトコはしない。

恋愛の終わったモトカノに連絡をとるようなタイプは
ただの未練であり、絆の確認作業に過ぎない。

今の恋愛との比較ではなく
たんに残留思念によるもの

恋愛につきものの プライドや自信に関係なく。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼現在進行形の恋愛相手を 時系列に比較すること
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「昔は優しかったのに」

このセリフ、オトコはまったく使わない。
冗談で、彼女の真似をするとき以外は。

出逢った時の、恋愛ホルモンによる感情に支配されているときは
何でもかんでも体が動いて、相手にとっては、「気がきく人」認定を受ける。

この時は、一人のときに考えたこと、無意識に思い描いたことがダイレクトに行動につながる。

素晴らしいことだし、ほほえましくもある。
極めて短い期間においてだけどね。


特にO型女性(笑)


例外なく、O型女性の初動とその後のマイペースぶリのギャップは
毎回驚きをこえ、呆れるほどだ。


ayashibito011.gif 



だが、こうして書くと
オレ自身の行動も否定できない。

「ハイハイ!」
と名乗りをあげる人が続出しそうてもあるが、
あくまで、ギャップ差の比較においてはO型女性は他の追随を許さない。ない。くどい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼リアル彼女と妄想彼女との比較
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これは現在進行形の同一人物の中での比較


タイトルを書いた瞬間に、お腹がすいた。


またのちほどにつづく かも




関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

恋愛と記憶の関係性~前書き

オトコの第一印象システム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。