スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛とキスと 第2弾

▽Category : 恋愛理論
『恋愛とキスと』

という記事が最近妙に大ヒットしている。
トップページのアクセスよりも多い。

キスにまつわる動きが世界であったのだろうか。
あまり、このブログには、キスの話は出てこない。

たまには書いてみた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼キスの注目度とこだわり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オトコにとってキスの注目度を
『告白』『キス』『セックス』とした場合、
恋愛のイベントとしては、どれも避けて通れない。

「好きだったら、セックスなしでもいいよね♪」
という女性がいるとしたら
カレー粉の入っていないカレーを奨めるようなものである。

食えなくはないが、美味しいとはいえない。
我慢して食うけど、一生は無理! 
といったところか。

セックスの話は今回はサテオキ



ayashibito003 今日はキスの話。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼キス論
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最初に断っておいた方がいいと思う。

オレはキスの達人でもなければ、名人でも師範でもない。

見習い5級レベルである。

ただ、初恋を除く全ての恋愛において、キスがセットされていたので、
オレの人格や性格や性能面にかかわらず、
オレの唇にはニーズがあり、活躍したというのは事実である。

技能的に使いこなせているかは別問題

キスのあとに、ぶん殴られたこともなければ、ビンタをされたこともない。

だから、うっとりさせたかはサテオキ
キスのタイミングを間違ったという自覚はない

恋愛中であれ、恋愛前であれ。
おまけに恋愛外であれ。
  • 「挨拶」という行為
  • 「握手」という行為
  • 「キス」という行為

それぞれに共通点がある。

しても後悔はしない。という点だ。
しなかったら悔やむシーンもあるかもしれない。

少なくとも、女性にとってどうかは知らないけど
オトコは「キス」という行為に後悔はしないのでは?

と思った。今日たまたまそう思ったのだが。

ちなみに、セックスは後悔が伴うことがある。理由はサテオキ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼キスの重要度と重大度
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

キスは恋愛とセットになっているので重要だ。

だけど、キスしなかったからといってイコール破局という訳ではない。
そういう意味では、重要だけど重大ではない。

想像上で、物申せば、
「キス」に関する注目度って
女性に比べるとオトコは低いように思う。

根拠はない。

なんとなく。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼キスはするものか、されるものか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

キスをした回数は覚えていない。
キスをされた回数は2回。

女性からのキスは「キスイベント」の1%未満なのではなかろうか。

何故?

これは、オトコ心を紐解くより女心に訊いた方が早い。

オトコはキスを恋愛の中で、『自分の気持ちを言葉以外で伝えられる数少ない手段』だと考えている。

恥ずかしさはあっても、
言葉で「好き」と伝えるよりは キス自体の恥ずかしさ度は低い。

女性は、「好き」と狂ったように云うけど
狂ったようなキスはしてこない。

by オレ



女性が、キス自体を自分からするのは、みっともない、はしたない、と思っているかの如く。
訊いたことはないので、本当のことは知らない。

オトコはキスよりも「好き」というほうが、
恥ずかしいし、みっともない、と思っている。

オトコ全般か、オレ限定かは知らない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼キスとその他との関連性
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(1)セックスの前には、必ずキスはセットになっている。
(2)キスの後にセックスが、必ずセットになっているわけではない。

矛盾してはいないと思う。
こんがらがるけど。

セックスOK=キスOK
キスOK≠セックス・・・別判定

オレの経験上、女性にはこんな方程式があるのでは?
と思っている。

若いときは、この違いに苦悩した。

オトコの論理と女性の覚悟が噛み合わない。
『覚悟』という言葉が不適切であれば、女性の『認可・認定』といったところか

早い話、オトコを迎合するタイミング。

今回はその話はサテオキ
キスの話に戻そう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼キスの後の挙動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(1)キス→会話
(2)キス→唇以外に口付け
(3)キス→胸をさわる
(4)キス→スカートの中に手
(5)キス→お尻に手

まあ、バリエーションは人それぞれ

大体、恋愛中であればオレの場合、・・・どうでもいいな。
その情報は彼女だけが知っていればよいとして、

  • 恋愛前
  • 恋愛中
  • 恋愛外
では、キスの次の行動が違ってくる。

理由のうち
(1)相手との精神的なキョリを縮めたい
(2)相手との物理的なキョリを縮めたい


いづれもキョリを縮めたいんだけど
(1)は、恋愛感情=恋愛ホルモン
(2)は、性欲=男性ホルモン

が出ている。

目にはみえない。
自覚症状として頭ではわからない。
下半身は知っている。たぶん.
だけど、下半身にはしゃべる機能はついていない。

(1)は主に、恋愛前と恋愛中に存在し
(2)は主に、全てにおいて存在している

強弱の違いはあれ。

特に恋愛感情とは別の、『性欲だけ』という状態も当然ある。

オレ自身は、『性欲だけ』という状態と『恋愛感情』との区別が、若いときは、わかりくかった。

傾向として、
キス→会話 をすっ飛ばす。ああこれは性欲だ みたいな。
という分類はあるにせよ。

キス→会話 は精神的に余裕がある場合

主に、性欲だけ という時を除いて、恋愛が絡んでいて、自分からキスをする場合、
当然、次のリアクションは想定している。

だから、割と余裕(パニックにならない程度の)はギリギリ分別を保てるくらいはある。
間違っても性欲にまかせて無理矢理ということは、過去に一度もない。・・・ないな。

ところが、相手からキスをされるとパニックになる。
されながら「次のリアクション」を相手に委ねることになる。

ひょっとして、オレがキスした相手もパニックになっていたのだううか。
ふと、今、思った。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼キスすること、されること
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q.キスすること、されることに 違いはあるか?
A.全く別モノである

オレ限定かどうかは、知らない。

キスのことって、ほとんど研究というか、普段の意識にないんだよ。イメージとして
セックスのことは思い浮かべる癖にね。(これはほぼ性欲、恋愛前・恋愛中・恋愛外にかかわらず)

キスに関する男心がわからないのは、
オトコ自体が、余り関心を払っていないからだと思う。

うぶな男心がキスに関心を払うのは、
デートの何回目とか、場所とかを考えても、女性の気もちを想像するには無理がある。

主に、情報不足と経験不足として

  • キスのタイミングは センスと思いやり
  • キスの技術力は、トレーニングと 探求心と 女性の協力



ayashibito011.gif 勝手にそう思った。
関連記事

Trackback

恋愛とキスと

キスという言葉で思い描けるイメージがどんなモノなのか、は人それぞれだけど。 子供の頃に、いわゆる未体験側のポジションにいると、恋愛におけるキスの位置付けは、とても重要な...

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

可愛いと可愛らしい

倦怠期払拭論

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。