スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手をつないだ二人

▽Category : エッセイ
昨夜の帰り道

高校生カップルが、2台の自転車で並んで走っていた。

手をつないで。


ayashibito016.gif


ここ何年も、自転車の二人乗りを見かけていない。
道路交通法かなんだかの改正以前はよく見かけたし、自分もよくしていた。

その当時にすでに違反だったのかどうかさえ知らないけど。

ある意味、野暮な法律だ。

が、60年ぶりに交通事故の死者が少なかった、というニュースを見る限り、
日本人は野暮な安全優先ということなのだろう。
定員オーバーといえばそれまでだけど。


ayashibito009.gif 恋愛も定員オーバーだと アレだもんね。ははは。



ちなみに、車の運転中に手をつないではいけない。
という法律があるかどうかは知らない。
運転中にイチャイチャしてはいけないという項目しかり。

世のカップルに優しい法律が増えれば、
少子化にも一定の歯止めがかかるのでは?とふと思う。

法律の話はサテオキ
微笑ましい二人の姿が印象的だった。



▼『ボールルームへようこそ』
微笑ましいといえば、昨日ネットカフェで読んだ漫画

『ボールルームへようこそ』(著者:竹内友)

冴えないいじめられっ子が、格好いい青年ダンサーに助けられ、
その青年ダンサーの影響もあってダンスの世界へ傾倒していくというストーリー。
レッスン先には、同級生の美しい女性や恋のライバルぽいオトコどもも登場する。
ある意味 少年漫画の王道っぽい



月並みだけど、少年のひたむきさに、まわりの大人が協力を惜しまないという作者の性善説ぽい展開が、
ほのぼのとしていて心地よい。

社交ダンスのことはよくわからないけど 面白かった。

物事にハマルものは、思春期であればきっと何でもよくて、
共通項として、気になる女性にモテタい、注目されたいという願望は、古今変わらないんだなと、ほっとする。

オトコが何かに打ちこんでいる姿というのは、動機が不純であれ、成長のプロセスが滑稽であれ
そのひたむきな姿は、「もっと」というより、せめて「等身大」の努力くらいは女性に称賛されていいと願う。

そういう意味で、男性的な魅力によるきっかけで始まる恋愛より
オトコはオトコ、女性は女性でそれぞれが別々のことに打ち込んで
男女ともにお互いの存在を認めあうことより
張り合ったり、互いの性に無関心だったり
あるいは無関心を装うことが現代風みたいはトレンドになっているようにも映る。

正直、恋愛抜きの人生って
サビ抜きの寿司ネタっぽい。


ayashibito048.gifこれは 大きなお世話だな。


とはいえ、恋愛が面倒なものである側面が存在し不変であることも事実ではあるけれど。


ayashibito011.gifそんな指摘も、余計なお世話だが。


関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

1,000年前の恋愛

恋愛の株価指数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。