スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若さと美しさと相反と

▽Category : エッセイ
美しさと若さと

ネットカフェで映画を見た。
『ヘルタースケルター』

沢尻エリカの熱狂的なファンというわけじゃない。
原作の漫画本(著者:岡崎京子)を読んだことがあった。

当時は、あっけらかんと「面白い」と感じたけど
映像で見ると、なんだか「生々しい」

たぶん あの女性特有のヒステリックな声が苦手なんだ。きっと。と思う。


モデルだとか女優だとか そういった肩書きの女性とお付き合いしたことは
これまでない。
これからもない。

それはさておき
感情剥き出しの女性は 数多く知ってはいるけれど、
野望を抱えた女性というのは 実は知らない。


オトコも女も 野望が潰えた成れの果てというのは
「狂気を経て 抜け殻のようになるんだろうな」
などと 勝手に思い浮かべながら観た。

が オレ自身、巨大な野望を抱えているわけではない。
ささやかな願望に似たもの程度だ。

内容はサテオキ。


冒頭の映画の中のセリフに

「若さは美しいけれど、美しさは若さじゃないよ」
という台詞があった。


ayashibito060.gif腑に落ちた。



男女問わず、美しさというものは、イコール若さではない。
だから、自身が若いときは、美しいものに強烈に惹かれたけれど、
その美しさの閉める割合の中に若さも多く占めていた。

とはいえ、結果論であって、若さを求めていたわけじゃなく、
自分の「お仲間」 いわゆる 同世代の異性を求めていたに過ぎない。


年を重ねると、「美しさ=若さ限定」という感覚は急激に和らぐ。

だから、

「どうせ、若い女の子がいいんでしょ」
という 女性に会うと、瞬間に、そういう感覚を持った女性に冷めることがある。

嫌うのではなく、冷めるという感覚。
嫌悪感というより、価値観のズレのような感じ。


ayashibito003
どうでもいい個人的な情報だけど(笑)

 
となると、年を重ねるごとの美しさって 「なんだろう」ということになる。
ある意味、「美魔女」など 相反するジャンルだけど 嫌いじゃない。 ははは。

だけど、「美魔女」も言い換えれば、
「いい年して、外見だけ美しくても」
という感覚は、同性にとってのヤッカミのみならず、
オトコも同様に感じるものではある。

「美魔女」の存在を否定しているわけじゃなくて。
「外見のみの美しさ」=「その人のお値段」とするなら、
残念ながら、時間の経過とともに劣化、価値の減価償却は避けられない。

たぶん、

時間とともに損なわれない美しい部分。」

そういうものなんだろう。


オレが わかった風に言うまでもなく
世間の多くの人は、気づいていると思う。



ayashibito028.gif



ヘルタースケルター あらすじ

芸能界の頂点に君臨するトップスターりりこ。
しかし、りりこには誰にも言えない秘密があった。彼女は全身整形。
「目ん玉と爪と髪と耳とアソコ」以外は全部つくりもの。
整形手術の後遺症がりりこの身体を蝕み始め、美容クリニックの隠された犯罪を追う者たちの影がちらつく。
さらには、結婚を狙っていた御曹司が別の女と婚約。
生まれついての美しさでりりこの座を脅かす後輩モデルの登場。
究極の美の崩壊と、頂点から転落する恐怖に追い詰められ、現実と悪夢の狭間をさまようりりこ。
疾走の果てに、世の中を騒然とさせる事件へと繋がっていく・・・

関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

恋愛の株価指数

悪魔と引きこもりと黒魔術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。