スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛を眺める視点

▽Category : エッセイ
何月頃だったのだろう。

特に深い意味はなく、登録のカテゴリーを「恋愛」から「日記」に変更した。

「恋愛」のみを扱うサイトというよりは、
「恋愛」を通して、自分が感じることを気ままに書いてきた。

一方で、一日の大半を、あるいは、人生の大半を
「仕事」を通して「世界を観ている時間」の方が圧倒的に長く深いので、

その世界を通じて、恋愛を眺めた時には、どんな風に見えたり、感じたりするのだろうと、
素朴な疑問を抱いた。


ayashibito060.gif 

果たして、
  • 誰かのアングルを通して、客観的に見える世界があることを改めて知ったり、
  • 誰かの過去のフィルターを通して、客観的な数値化できるデータを頂いたり、

あるいは、
  • 自分が当たり前に感じてしてきたことや、していることに、驚かれたり、眉をひそめられたり。

恋愛は一人で考えるより、多人数で考える方が普遍化することはできる。

個人的には、
誰かのブログを読む時には、普遍化されたものよりは、個人的な書き物の方が


ayashibito041.gif 刺激的ではあるけど。


元来、人様のブログを精読する時間的な余裕はあまりないので
現代の恋愛模様のデフォルトというか、平均的な事情はわからない。

さらに、恋愛系の記事を書く人は、女性が多く、
これは、今も、10年前もさほど変わらないように思う。

時折、逆引きの検索で、「知恵袋」のサイトのQ&Aなどの男性意見や、
「アンケート結果」のような包括的な記事は見かけるにせよ、
  • 「教えたがりの傾向」
  • 「答を出したがる傾向」
が、いつの時代も男性はあるんだな、とほくそえむことも稀にはある。


ayashibito018.gif あいつも こいつも やはりな みたいな(笑)




極力、自分のサイトのコメント位は、無礼講で書くけど、
Q&Aとかの「ベストアンサー」に対して、「事情のわからない相手によくそこまで考えるな」
と、純粋に驚かされる。

模範回答を望む声よりも、
『自分の琴線に触れるフレーズ』や、『自分の漠然とした曖昧なモヤモヤを追認されること』で
安堵や平常の安心感を得たいと思う人は、webでも、リアルでも、ほぼ似たり寄ったり何だろう。

ただテーマが、
「誰にも言えない系」「知り合いにはいえない系」とかだと、webの方がよいのかもだけど。


そういえば、日曜によんだ本の中に、
「人に言えない恋愛」は、昔は、墓場まで持っていったものだというセリフがあった。



ayashibito047.gif 誰にも教えないぜ! みたいな



今の時代って、情報を意図した範囲に留めておく、ということが、凄く難しくなっていると思う。
いっそ、あっけらかんとして骨太に「どうだ!」系の人って、羨ましいと昔は思っていたけど、

今、こうして、仕事と恋愛を絡めて書けるようになって、随分と楽になったように思う。
勿論、プライベートのことをフルオープンってことは、これからも予定していないけど。

人間性とか人柄とかのアピールはサテオキ、
もっと自由に、気軽に恋愛のことを書き続けられるといいな、

と。
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

美しい日本語

新たな周回に思うこと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。