スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生さんとの座談会

▽Category : 日常の風景
記事が減りつつある理由の主要因が、PCを持ち歩かずにスマフォで手書きしていること。

「、」や「。」を打つことをやっとマスターした。
相変わらず苦労しているのが
「っ」とかの撥音ビン系や
漢字変換のときと選択相違

となりを押さえてしまうという状況も ようやく押しどころに慣れつつある。

変換ミスや押し間違いが起きたときに頭に浮かぶのが
「乳首を摘まもうとして、腹の肉を掴んでしまった」
というようなシーン


ayashibito004




「ありえない」
と「っぶゃきっっ」←※つぶやきつつ
修正しなければ前述のように大小に困る。

これ、大小切り替えるボタンとかないのかな。

と毎回思う。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ネットカフェ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

とまあ、日常のネタをちょこちょことスマフォで打ち込んでおいて、
週末に、ネットカフェや自宅のPCで編集しなおしてUPしている。

結果からいえば、メモ帳がわりみたいなものなので、記憶装置としては便利だけど
変換作業からいえば、不便である。

「タブレットが欲しいな」
とは思うけど、そんなものを使いこなせる柔軟な頭や、融通の利く時間があるかどうかは激しく謎。

さらにいえば、そんなものをお届けしてくれるサンタクロースが
今の世に存在するのだろうか。


大人向けのサンタ誕生を切に願う。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽最終回のリーダー養成セミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

年度内8回行われたセミナーの集大成版
9回目の最終回に参加した。

今回は、これまでと違って、地元の3つの大学の学生さんも結構な人数が参加されていた。
18~23歳くらいなのだろうか。

オレと比較する意味があるかどうかはサテオキ
ダブルスコアである。

それはサテオキ

最終回のテーマは
  • 第1部「なぜ、部下や仲間が育たないのか」
  • 第2部「人を育てるためのワークショップ」

の2本立て

ざっくりいえば、第1部は
  • 自分の部下は育っているか
  • 人を育てることができるのか
  • 人を育てるということはどういうことか


ということをテーマに考え、

  • 過干渉
  • 放任
  • 過保護

の違いについて それぞれの考えを語った



その時間の中で、恩師を思い浮かべた。
  • 高校時代の担任
  • 大学時代の教授
  • 社会人1年目の支店長
  • その他の思い浮かんだ上司
  • 両親や祖父
  • あるいは恋愛相手などなど

結構な数の恩師がいる。

彼らから直接学んだことよりも
大学時代のゼミでの討論会や、社会人時代のさまざまな厳しい研修などが浮かんだ。



ayashibito044.gif 「苦しい思い。しんどい思い」



を乗り越えた後の、達成感を得た瞬間の場面を回想した。

人は人から学ぶより、リアルタイムの恩師よりも
記憶の中の恩師がプログラムしたシステムの中で成長した。

というのがオレ自身の 育ったバックグラウンド。

干渉や放任、保護などは、One to Oneの関係性
主に、恩師に対してではなく、部下への対面の場面を思い浮かべる
  • あの人には、放任している(任せている)
  • あの人からは、干渉されている(だめだしばかり)
  • あの人には、過保護に対応している(段取りしてあげ過ぎ)
といったように

おそらくは、そういった対人関係においては、
「あなたのおかげで、今の私がある」
などとは、思われないと思うし、そう思って欲しいかといえば、それは思わない。


自分が作り上げたシステムや、チームの歴史で作られたシステムをリニューアルしながら
部下がやりがいを持って、達成感を得て、卒業していく。

そして、卒業後に、「あの時は楽しかったね」
と回想シーンにおいて、オレが今日思ったような場面が、部下の彼らや彼女らが思い浮かべればいいかな。
といったところだ。

どう思われようと、オレの給料は変わらない。 (笑)
けれど、どうせ思われるなら、卒業後に、遊びに来てくれる人の数が、
オレ自身の満足度を満たしてくれる。



ayashibito056.gif 実に単純な 喜びにつながるというオレの脳派。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽育てることと リーダーシップ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「人を育てる」ということと「リーダーシップを発揮する」
ということは、別物であると教授が云う。
  1. ビジョン (万人向け)
  2. コーチ  (個人向け) ⇒やりすぎてもOK、ただ時間を食いすぎる。
  3. 人間関係 (状態を見る)⇒重視・軽視はやりすぎ注意
  4. 民主的に (多数決)  ⇒物事が進まない
  5. ペースセンター(背中を見せてついてこいタイプ)⇒過去の恋愛向け(笑)
  6. 強制   (いわゆる、「ヤレよ」である)

「いずれの教え方を用いているか」
ということに対して、


「強制」

を選択し、挙手をしたのはオレだけだった。

正解も不正解もないが、
この挙手に対して、

「強制」は、劇薬であり、短期的な効果はでるが、
使いすぎると弊害がでる。

いわゆる副作用。


というアドバイスをいただいた。

ふむふむ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽他人を変えることはできない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「他人を変えることはできない」
ということを前提にしたほうが、部下も恋人への接し方もかわる。

いわゆる コントロールしたい相手をコントロールするのではなく、
相手の欲望や要望を汲み取り、相手に気づかせる。
という「気づき」が大事なことなのだと云う。

うっすらとは わかっていたが、あらためて ふむふむ。

そんな流れで、午前中は終了し、昼休憩。
ランチは、K君と近くのラーメン屋に行った。

ラーメン・からあげのセットに、ギョーザを追加。
最近の仕事のアレコレを話したあと、選挙も近いので政治の話と
最近タイムリーな宗教の話(笑)

彼は、カトリックとプロテスタントが分裂する前の史実に強い。
学んだ。

オレは、先日の義理兄から教えてもらった
イスラムのシーアとスンニ派分裂史を披露。

お互いに、
「へ~」
である。

ある意味平和な会話だ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽今時の学生さん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

午後からは、大学の1回生の男子学生、4回生の女学生、主婦の方
の4人で、テーマに沿って議論。

詳細は割愛するけれど、
今時の学生さんに驚かされたことが多々。

まず、オレは学生時代に、課外セミナーなど受けたことがない(笑)




ayashibito014.gifそれにまず、驚いた。



あと、学生時代に結構、勉強も遊びもバイトもしたけど、それでも暇をもてあました。
が、今時の学生さんは、大変忙しいことに驚いた。

話を聞くと、インターネットの登場前の世代のオレからすると、
「手にする情報量が圧倒的に違う」ということ。

それを、上手に分類できる人と、まったく活用できない人の両者がいるとしたら
オレの時代は、さほど、差がひらなかったけど、
今の時代は、情報処理能力によって、圧倒的大差が同年代の格差を生むということ。

正直、感心したし、感動すら覚えた。
年齢差もダブルスコアほどの開きがあったものの、
彼らのひたむきな姿勢に感服した。

彼らのような若者が、これからの日本を支えていくとしたら、
オレのような世代が、彼らのための前座として、環境を整えておかないと
「優秀な学生が 田舎から出て行ってしまう」
という問題は、解決できない。


参加された女性の学生さんの多くが、
「母のようになりたい」
とか
「素敵なパートナーを見つけて 幸せな結婚生活を望んでいる」
という話を聞いて

「最近の学生はしっかりしているな」
と 改めて思ったりもした。

同テーブルの4回生の学生さんが、オレの取り上げたテーマ(育てたい部下)
「ゆとり世代の人たちのことですか?」
と聞いてきたが、

正直、若い方は、「マニュアルに頼りすぎる」「結果を急ぎすぎる」
という以外は、あまり心配していない。

とても素直で、吸収も早いのだ。

むしろ、心配しているのは、オレよりも上の年代の
これからの日本のことより、自分のこと、自分の周りのこと しか考えられない大人たちのことである。

そんな風に、彼らに伝わっていれば幸いだ。


おまけとして、
1回生の学生さんが、
「ブログのURLを教えてください」


教えた。(笑)

くれぐれも、本名を晒さないでくれ」
と添えて。


ははは。



ayashibito049.gif

今日はありがとう。

関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

入力方法

タッチ1つで 小さい文字に簡単に切り替えたりできるよ??
私も詳しくはわからないけど、入力方法の設定をいじるのかな?

ウェブマニュアル

ふだん手書きパッドで やってたんだけど
さっき ウェブマニュアルをみて フィットキーなるものでカスタマイズしてみた。

ひとことでいうと まどろっこしいな ははは。
結局はPCで編集するので細事なんだけど(笑)

今度 練習メールしてみるわ と書いた瞬間に
Cメール先を知らなかったことに気づいたわけだが ははは

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

期末に向かって

片思いと両思い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。