スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採用結果と鍋

▽Category : Office.
11月9日 金曜日

1ヶ月に1度 Kチームの会議のため県内から メンバーが集まる
11月は 大型のイベントが14日にあるため 10月25日以来続けての集合

業務についての連絡事項とイベントの役割分担等が主なテーマ
内容はサテオキ

この日の朝 基準監督署から 予定外の電話がかかる

先週の東にある事務所の臨時職員の採用の件
筆記と面接が終わった時点で、最終面接は現場に引き継いでいた。
内定と不採用通知の書式を送り、履歴書を現場で渡した。
こういう事務処理をしていた職員さんが辞めるということもあり、
事務手順に一抹の不安を感じていた。

「基準監督署の○○ですが」
「はい」

この事務所の採用は 最終選考で4名を残して
結果24倍の競争率を勝ち抜いて決まったKさんが第1候補だった
オレの中での 2番目に押していた人 1番目推しの方は筆記で落選。残念。

ハローワークの担当者が事務的なトーンで話を切り出した

「電話で 来なくていいと言われたと Kさんが窓口にお見えです」
「え?」

一寸 なんのことか理解しかねた。
すぐに 現場が採用結果を電話か口頭で告げたのだと 脳裏によぎる

「Kさんは なんとおっしゃってますか?」

担当者が説明した
  • 採用が決まり、関係書類を渡されたこと
  • 11月5日に出社を命じられたが、都合が悪く7日に変更となったこと
  • 7日の午前中に業務を命じられたこと
午前で退社したため 週明けの今朝
「もう来なくていいから」
と通告され、その足で基準監督署にきたということ
  • 復帰の意思はないので 厳しく指導してほしいという依頼

会議中であったこともあり
「現場に確認したうえで、事実を連絡差し上げたいのですが」
といったん電話を置く。

ボスは別の会議に出かけており、昼に帰社予定
現場のトップから電話が入っていたものの、
「折り返し出かけるから 会議終了後にコールバックと伝えておいて」
と対応させた

知り合いの労務管理のトラブルに詳しい 先生に相談した。
  • 雇用契約があったかどうかの確認
  • 雇用条件を提示していたかどうかの確認
  • 労働が発生したかどうかの確認
  • 契約前であれば日雇いという対応
をするように言われた

昼前 ボスが帰社
事務所前でみかけたので 声をかけて その場で簡単に報告した
「そういえば 今朝方 現場で別の人を雇うと連絡があった」
のだという。
すでに ボスの手は離れている案件。

「この件、一任させてもらっていいでしょうか」
「任せる。」

現場の所属長に電話をした。
「基準監督署から連絡がありましたか?」
「あった。」

「どんな話をされたか、教えてください」

聞いた。
  • 本人が月給制だと思っていて給与体系の質問を受けたこと
  • 残業について 面接ではほとんどないといわれたが実際はあると初日に聞いたこと
  • 振り替え休日について質問を受けて明確に回答できなかったこと
  • 初日 午後から帰ったこと(無断ではないが当日の昼に私用で外出の申し出)
  • それを 理事に諮ったところ「別の人にしなさい」といわれたとのこと
その便で 「本人に来なくていいと告げたこと」

一通り事情を聞いたあと 質問をした
「雇用契約書などの書類一式をお送りしていましたが、契約は交わしましたか?」
「いや 書面は出ていない」

「採用は文書で内定を通知しましたか?」
「いや、第一候補ということで 文書は渡していなかった」

「内定前に 業務を命じたのですか?」
「・・・翌日の会議の資料組みを頼んだのだが、まずかっただろうか」

「もう一度伺いますが、来なくてよいという告知前に、採用を伝えたのですか?」
「12日に(正式に採用)来てもらうということで、いったん帰ってもらったが事情が変わって・・・」

「事情とは、理事の決定ですか?」
「理事にいわれたら どうしようもなくてね。今 次の人(第2候補の方に)来てもらっている」

「・・・その方の話は、またあとで。」
「・・・。」

「Kさんに 雇用条件はどのように話されましたか?」
「応募の職安の資料を基に、日給の記載の箇所を見逃していて月給だと思っていたらしい」

「残業の件は、月5時間程度と聞いておりましたが。」
「それは、能力次第で、最初はほら、仕事がたまってるから、その代わり休みを与えると」

「その振替について、代替日が指定できないといわれたと」
「・・・」

ちぐはぐというか 首尾一貫していない対応
これでは 労働局に駆け込まれても致し方ない

「事情はわかりました。この件は、こちらで引き受けます」
「・・・助かる」

「お手元の履歴書他一式をこちらへ送っておいてください」
「わかった」

この書類が その後1週間たっても届かない
わかってねーよ とキレたことは サテオキ


基準監督署に電話をした。
昼休みということで担当者不在。

その間に報告書を作成。
午後からの会議の進行をハルカに引き継いだ。

1時ごろ、基準監督署から電話。
現場の対応を事実どおり伝えた。
朝方の電話の後、基準監督署から現場に電話した内容と一致。

この後の対応を、単刀直入に聞いた。
  • 11月12日が正式契約という双方の合意があること
  • 契約前にした労働は、合意前であることで応募条件の労働には当たらないということ。
  • 本件は、日雇い契約にあたるため、賃金規程上の日当支払いをするべきであること。
  • ハローワーク書式の選考結果(内定)については、契約前のため、無効となること。
  • 本人と速やかな心情的解決を図ること。
を言い渡された。

Kさんに電話をした。
2回 不通。
夕方、折り返しで電話がかかってきた。

まずは、契約前のすったもんだの非礼を詫びた。
  • 契約前の労働をさせたことについて
  • 12日契約前の内定取り消しについて の2点。

Kさん本人も、
  • 出社時期について、前職の離職の関係であいまいにしていたこと。
  • 応募条件の給与条件を見落としていたこと。
等、基準監督署から指摘されていろいろと考えた上で非があったことを申し出た。

感情的な衝突は避けられそうな雰囲気になったところで、
半日、業務に当たってくれた分を、契約前なので、日雇い賃金として倍額の1日分を支払いますので、
ワダカマリなくお受取いただけないかと 申し出た。

「わかりました。それで結構です。」
「恐れ入ります。ここからは、私見ですが・・・」

本当に申し訳ないことをしたということと、
ダントツで優秀な成績であったので、ぜひ一緒に仕事をしたかったこと。
また、どこででも活躍できるはずなので がんばって欲しいと伝えた。

「色々と大変ですね、はるきさんも」
と 緊張感が解けた受話器の中で 逆にこちらが励まされてしまった。

受話器を置いた後で
「もったいないことしたなー」
と 思わずつぶやいてしまった。

現場に電話を再度して、Kさんとのやりとりでひとまず落着したことを伝え、
日当分の支払いを通知した。
基準監督署にも、Kさん本人とのやり取りを連絡し、担当者に迷惑をかけたことを詫びた。

最後に、ボスに報告書を出して口頭で説明した。
「ご苦労さん」
とねぎらいの言葉。

ある意味、サラリーマンはこの「ご苦労さん」と同時に肩の荷が降りる。

2時間押しの会議に途中から参加。
内容はサテオキ。

会議後は6時からメンバーの一部で モツ鍋パーティをした。
FK宅は松山空港近くの 豪邸と呼ぶにふさわしい家だった。
  • 庭にはテニスコート3つ分の畑があり
  • 玄関を開けると、左手に華道師範代の看板に 日本間。ふすまの上には見事は彫刻。
  • 正面玄関奥には ワビ・サビを表現した小さなミニ庭園。
  • そして みたこともない 巨大な猫。
アメリカンショートヘアーらしい。 ビッグアメリカン!

その腹回りといえば オレといい勝負。もやは床につくレベルのメタボっぷり。

鍋の仕込みをFKとアニマがやっている間に
T君は ビールをグビグビ。
オレは リビングにおいてある20年ほど調律していないというピアノをBGM代わりに弾いた

そうこうしているうちに モツ鍋が完成。
乾杯後に、みなで箸をつつく。
「こういう団欒って 本当に経験が乏しいんだよね。」
「年齢的に パパがT君 ママがFKさん あたしが娘?」
と アニマがいう

「でも 年齢的に はるきさんが一番中途半端ですよ」
30代と50代に 囲まれると 確かにそうである

「じゃあ 一家団欒にお邪魔したサラリーマンがあがり込んだという設定で」

何はともあれ 美味しい鍋だった。



関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

ピンチのときの振る舞い

ネズミ年生まれの女性

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。