スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

office48.褒められるということ

▽Category : Office.
ウィークデー最終日

かつてであれば、仕事にまみれていた自分が好きで、
土日なんて、無くてもいいのにと思っていた。

ゲンキンなもので、忙しさの中にあっても、
自分の時間が自由に使える休日が、やっときた。
という感覚は、ここ1ヶ月程度のもの。

ayashibito060.gif人というのは、こうもコロリとかわるのだ。


9月の新人に、
「今まで積み上げてきたものと これから積み上げていくものは別物。
だから、幾つになっても、真っ白な状態で挑んでほしいと伝えた」

「ふんふん」 
と うなづいてはいたが、見渡せば、伝わっていないようである

だけど、2週間前とは随分と変わっている。
ヒトは1ヶ月もあれば、すっかりと変われる。

仕事のグダグダ話は サテオキ。

昨日、とあるセミナーに行ってきた。3ヶ月で7連続開催の1回目。
某団体主催のリーダー養成講座のような感じの集まり。

中年男子、またはこれから管理職を目指す世代の人が多いのだろうか。
と、先入観を抱えつつ、O君とK君の3人で参加。

ざっと25人くらい来ていた。

午前中は、4人ずつのテーブルに分かれての自己紹介。
自己紹介にもルールがあって、
  • 1.名前
  • 2.今、自分の中で熱い事。
  • 3.セミナーの志望動機
  • 4.どんなリーダーになりたいか

この4点を3分くらいでまとめて、テーブルで順番に行うというもの。
同席のほかの3名は、その紹介を聞いて、2~3行でいいところを褒める。
というルール。

最初のテーブルでは、他の3名が女性。
20代、40代、50代だろうか。実際より若く見積もっているので、本当の年はわからない。

感じたのは、
  • 「他人を褒める」ということの難しさ。
  • 「他人から褒められる」 ということの嬉しさ。

この二つ。


狙いをつけずに、感じたまま褒めた。
  • 一人目には、マイブームを熱く語る姿がうらやましい。みたいなこと
  • 二人目には、明るい笑顔で、聞いていて楽しくなる。みたいなこと
  • 三人目には、しっかりと将来の夢を持っていて、うらやましい。みたいなこと。

たぶん、三人とも、褒め慣れていないのだろうか、
予想以上に、照れくさそう。
初対面の人にいきなり、自己紹介をして褒められるのだから、致し方ない。

一体全体、他人がオレの自己紹介のどこを褒めるのだろうか。
気になった。事前に「褒められる」とわかってて身構えていても。
  • 一人目、20代女性「こんな人が上司だったらいいのにと思いました」
  • 二人目、40代女性「短い時間なのにすごくわかりやすく素敵に話されました」
  • 三人目、50代女性「仕事以外にも充実したマイブームで生き生きとしててうらやましい」

ざっとこんな感じ。
どの、褒め言葉が琴線に触れたかはサテオキ。
あえて、褒められたとはいえ、


ayashibito011.gif 嬉しい限りである。


褒め上手にならなくては、と思ったのはいうまでもない。

次のテーブルでも、同じ進行。
違う相手と同じルールで、自己紹介&褒めあい。

内容はサテオキ。こんな感じの午前の時間。
午前中の講義の最後に、指名をされた。抜き打ちである。
「はるきさん この自己紹介タイムはいかがでしたか?」
いきなり、マイクが渡された。

見渡した25人のうち、男女比1:3。若い女性が多い。
「出来て当たり前の職場にあって、褒められなれしていないので、
ドキドキして、顔が緩みっぱなしでした。
自分が、職場を自分の色や雰囲気に変えられるリーダーになりたいと言ったのに対して、 
女性の方の多くが、「共感されるリーダーになりたい」とおっしゃっていて
共感力などこれっぽっちも思ったことがないこと、持ってもいない自分が恥ずかしいです。
皆さんから、共感する技術とハートを ささやかに盗みたいと思いました。」

みたいなコトを言った。
苦笑い半分、笑顔半分の会場。
堅苦しい場の雰囲気が和らいだ。

昼飯、オトコ三人で、道路沿いのうどん屋へ。
ピリ辛味噌うどん 大盛 950円
洗面器大のようなどんぶりに入ったうどんが出てきた(驚)

写真を撮っておけばよかった(笑)

午後の講義。
ワンピース(漫画)の主人公ルフィを、目指すリーダーに見立てた講義。
内容はサテオキ。

地元の大学の教授。えひめの結婚事情について
  • 4人に一人がバツイチ。
  • 4人に一人が独身。
  • 4人に一人が幸せな結婚生活。
  • 4人に一人が不倫をしている。

愛媛県の不倫率は全国1位。
日本のトップ3は、四国4県のうちの3県なんだと。
理由は、「娯楽がないから」なのだという。

初めて知った。
驚きの一日だった。



関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

No title

こんばんわ(・υ・)/``
人を褒めるって 難しいですよね
しかも 会ったばかりの人を前にして
何を褒めたらよいのやら…

でも 営業とか部下をまとめるには大事な事なんですよね!
今週も お疲れ様でした(*^-^)ニコ

No title

私は褒める方になる場合が多くて、褒められることがめったにないので、
褒められることの難しさ(´・ω・`)ですね・・・・。
人が気づかない細かい点に気づいて動いても誰も気づかないから褒められないっていう何か損してる気がします。
褒められたいから仕事してるわけじゃないんですけどね(´・ω・`)
褒められたらやる気倍になるのになぁって時はありますねw

「ほめてー!ねぇこれやったからほめて!」っていう子が羨ましかったり悔しかったり(´・ω・`)
それなりに言われなくても作業しちゃうので、それが当たり前で褒められなくて、
普段そういうのしない子が自分から作業始めると「自分からやるなんてえらい~すごい~」って空気になって、なんだかなーってなります(´・ω・`)
私いつもやってるわい!って思ったり・・・・。

という愚痴です。
すみません(´・ω・`)

Re:

不倫率って…^^;

正直者が多い県、なんじゃないのかしら?^^

to チビ

初対面の人を褒めるって 現実的じゃないんだよね
見た目ではなく、会話から褒めろなので。

上手に話す人もいれば
ごにょごにょという人もいる

公平に褒めるということ自体が不公平
そんなことを感じたよ。

to chico

chicoさんの感覚はよくわかるよ
オレも できて当たり前
知らなかったら「なんで??」みたいな顔をされるから。

まあ、自分のことはサテオキ。
仕事で それを考えると頭にくるので

恋愛に活かしたいと思います。

to あお

正直者率は どうなんだろうね。
県民性として「本音より建前」という人が多いよ。

顔でニコニコ
中身は「ふ~ん」みたいな
オレがその代表(笑)

不倫率はやはり娯楽がないのと
人懐っこい人が多いのかね。(あくまでイメージ)

あかんわ

愛媛県全国1位で
上の記事がぜんぶ吹っ飛んでもたがね

えーと、なんやったけ(読み直し)
ホメるん得意得意♪ ケナすんヘタヘタ
仕事好きならホメられんでもまだイケルよーCHICOちゃん

…とオネエさんは思いますが、どや?
どおもシツレイしゃしたー♪♪

ピリ辛味噌うどん

美味しそう~(*^▽^*)
でも、凄い量だったみたいね
写メ そうだよ~ 見たかった~(*´▽`*)

ところで 愛媛って そんな何もないの?
道後温泉とかあるし そこまで田舎なイメージはないけれど

to りゅう

愛媛県が全国1位のものって けっこうあるんだよ(笑)
残念ながら 褒めることに関しては上位じゃないけど

りゅう姉さんの住んでる町の事情は知らんけど
結構 この県も やばい1位が 他にもあるかもしれない。

to みこ

2週間ごとに たぶん そこで昼飯を食べるので
次回は 撮ってみるわ

違うメニュー頼むと思うけど(笑)

愛媛ってなにもないわけじゃないよ
田舎ってのは 間違いないけど
今度 遊びに来てみるといい 

いろいろ驚くよ ぷ

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

office49.学生さんと右手

office47.強制終了と塩梅

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。