スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤラシイことを考える時間

▽Category : エッセイ
「ヤラシイコト」を考える時間は たっぷりとある。
が、年中考えてはいるが、四六時中考えているわけじゃない。

前作の学者の話を基にするなら、せいぜい3時間おきということになる。

24時間÷8回=3時間

これでも ちょっと多いくらいのような気がする。
普段 仕事をしていると だいたい日中に
そんなふわふわ 浮ついた激しい妄想などできない。

せいぜい、視界にとまった女性をみて、
「ああ 可愛いな」
とか

「あらら なんておいしそうな体つき」
とか


ayashibito060.gif この程度である。


顔見知りの女性にはこういうことは考えない。
あくまでも、自分とのかかわりが一切ない異性に対してである。
  • ひん剥いて どうこう だとか
  • 押し倒して どうこう だとか
そういう ハードな妄想は オレの場合 太陽の下では思い浮かばない。

だから 太陽の下で、下着泥棒などという行為は、ありえないし、
手鏡で どうでもいいパンツを見るなどという行為は、オトコ同士でもわかりあえない。

風が吹いたり、角度によってチラリとみえる パンツには

「うお!」とは もちろん思うけど。


普段から 「見るぞ見るぞ 見てやるぞ」

と 構えているわけではないのだ。

が、常に、偶然を期待しているという深層心理はきっとある。だが、それを意識していないだけ。
どうでもいい自己分析である。

満月に狼になるという都市伝説があるとして
オトコの妄想は、夜に発揮されると思う。


ayashibito036.gif 


とはいえ、一人の夜に浮かぶわけじゃなく
夜の街で 女性を見たときに
  • ひん剥いて どうこう だとか
  • 押し倒して どうこう だとか

こういうレベルの妄想ではなく

せいぜい 後ろから抱きしめて ひざかっくん のかわりに 腰かっくん
この程度の妄想である。極めて軽いが、極めてオバカである。といえる。

書いていて猛烈にみっともないと感じている。

ちなみに、女性のいない夜には、妄想はあまりしない。
でも、そういう性刺激の媒体となる本や写真や動画があれば 話は別


腰かっくん どころか 口ぱっくんの世界である。
軽いレベルどころか、とうとう 収まりのつかないレベルである。

事態の収拾を図るために、あとは、手短に、ささっと。例のアレ。
とはいえ、この季節なら 汗をかかずにはいられない。

こんなことを書いている自分にも 冷や汗を感じつつ。
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

office46.ビジネスパートナー

恋愛と欲望とにあてる時間

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。