スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶番ともろもろ

▽Category : 日常の風景
朝マックをしながら ふと思う。

人生は茶番だ
と思える瞬間がある。


ayashibito051.gif




一生懸命にやればやるほど ふと 気を抜いた瞬間に その落差に興ざめする。
仕事においても 恋愛においても 過去のイベントの記憶にさえも。

興ざめするのは そこに存在した自分の姿に対してであり、
そのイベントに対しては、興ざめというよりも、現実があった。という認識にすぎない。
感慨深さではなく、歴史書をなぞるような そういう淡々としたもの。

リアルタイムに 何かを「演じる」という意識は、自分が、普段持ってなくとも
ほんの少し経過した時間から ほんの少し前の自分を 客観的に見れば見るほど 
そこに存在した意識なき「過去の自分」が演じていたシーンを、観て 
流れる記憶ではなく、流れていく映像の中にいる自分が滑稽に映ることがある。

記憶の中にあるイベントと
記憶の中にいた自分 とには
別々の 全く違う感想を抱く。
  • なぜ そんなに必死になれたのだろう 
  • なぜ そんなにがんばっているのだろう
  • 誰のために? 何のために?
といった 具合に。常に過去の自分に対して。

そんなイベントに対して関わっていた「誰か」に対しての「なぜ?」
は、思い浮かばないというのに。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽繁忙期
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
仕事のピークを乗り越えた。
繁忙期における 慌しさはさほどかわらないけど、
頭がイカレルほどの 抱え込んだタスクは過去のものになった。

その中で 一心不乱になっていた自分を振り返ると、滑稽である。
  • もっと スマートにこなせたんじゃないか?
  • もっと いつもどおり できたんじゃないのか?
と。

仕事も 恋愛も 「普段どおり」であれ、「必死に」であれ
さほど スピードも彩りも 結果も そんなに変わったものじゃない
ということを知っている。

それでもなお、「普段どおりではない自分」がそこにいて
「普段どおりに戻った自分」が振り返ると いつも滑稽に映るんだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽過去の自分の姿をした自分
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

たった、1日前に書いた記事にさえ、
あるいは 数年前 さらには もっと過去の、
例えば高校時代の交換日記の中に存在した自分に対してさえ。
  • その滑稽さは 気恥ずかしさ でもあり
  • その滑稽さは センチメンタリズム でもある

笑えるか 笑えないか で決めることではなく、
ほほえましいか ほほえましくないか に近い感覚。

自分に対して「ほほえましいか」と考える人生こそ
茶番である。


ayashibito060.gif


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼夜のネットカフェ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ある意味 恋愛は茶番のひとつである。
けれど、向き合うときには真剣そのものでもある。

相手に。というのはもちろん。恋愛という形に対しても。
ところが、その恋愛の中に存在する自分というのは、
少し離れて自分を見ると、滑稽である。

別に 悪い意味を示唆してるわけじゃなくて。


ayashibito011.gif ←こういう自分に


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼仕事の茶番
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

8月31日

入社式の準備が終わった夕方。
内定者から
「ほかに仕事が決まったので、辞退したい」
という申し出。

O君のEチームの一人。
急遽、準備していたものをを全部やりかえ。
書類も、その他の名簿も、すべて。

1時間ほどのロス。←これはオレ。

けれど、「入社した後なら、もっと手間隙がかかるから」
という理由で、O君をフォロー。
10月採用枠を増やした。←これはO君の手間。


新人4日目。同じフロアに6人。
うち Iチームのひとりが2日目から来ていない。

今日メールが届いた。
「うつが10年ぶりに再発しまして・・・」

結論から言えば、退職することに。
その間 メールの往復5回。

この病気のことをオレはよく知らない。

けど、正直。

理由など要らないから、一回で申し出てくれ。
なんだ、この茶番系の不毛なやり取りは。


ayashibito021.gif と思ったのも本音。

結局、2時間ほどのロス ←これはオレ。


オレは 自分の時間を無駄にされるのが大嫌い


世の中には、いろんな無駄がありすぎる。
世間の誰かに 重要なことであったとしても。

関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

ぁ。わかるかも。

必死だった自分を振り返るとき
確かに、苦笑いするよーな感覚はあるなぁ。。。

アタシの場合、大抵、視野が狭くなっているコトが多いんだけど
時間が経って、振り返った時には
そんな大袈裟なコトじゃなかったんじゃん?とか思えたりして。

無駄だと思えるコトにも
何か意味はあったんじゃないかと思うのだけど
そういう理由付けを探してる時間こそが
無駄ジャン!と、はるき♪には一蹴されそうだ。。(;´∀`)アハハ

同じ部分と違う部分

そう 苦笑いというか 鼻で自分を笑ってしまうみたいな。

女性が意味を求める性質があるのか ミオがそうなのかは知らないけど
オトコって 理由付けを探さずに、自分自身が理由付けするんだよ。たぶん。そういうメカニズム。

アレはアレ、コレはコレと自分で決めて自分で納得。
納得できたらスッキリ。みたいな。
理由付けを探す暇があれば、理由を述べる言葉を捜すよ。多分。

視野の狭さは男女共通かもね。

お疲れ様

とても忙しそうだったから
落ち着いたらコメントしようと思ってたけど
もう、ピークを越えたんだ!
お疲れ様(*'▽'*)

山積みの やらなければならないことを目の前にすると
焦る気持ちが先走っちゃうよね

山あり谷ありまた山あり

越えたと思ったら また山だった
という感じの週末

土日は持ち帰りです(笑)

でもさ もう 息抜きしながらやることにしたわ
いっぱいいっぱいといいつつ 

遊ぶ時間を 差し引いての一杯だからな(笑)
明日は のんびり 仕事と ブログでも書きながらすごすわ

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

恋愛と欲望とにあてる時間

パンクと絶叫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。