スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来に誰かがあなたを待っている

▽Category : エッセイ
時折、誰かの記事にメッセージを残すことがある。
世間で言うところの「コメント」

不思議なもので、残したい、伝えたい、と思ったときに
コメントを残せないことがある。

その瞬間の感覚だからこそ 伝えたい
その瞬間の感覚だからこそ いつか変化するだろうから書かない

そういう自己矛盾がある。

ある意味、浮かれた内容で送るメールにも似ている。
後から読み返すと赤面するような。

だから 誰かのところに残っているコメントは
  • 伝えたいこと 
  • 時間の経過とともに劣化しないこと
の二つの要素が確定したような感覚だけ。のもの。

いずれにしても、10年前から現在までにおいて
世間の誰かのところに書いたコメントは ほとんどが消えている。


ayashibito013.gif サイトごと。

この世界で、長く存在を保てることは難しい。
名を変え、場所を変え、仲間を変え、時には恋愛相手さえも。

だけど、自分は変わらないのに。そんなに。
変わりたい自分、変わってしまった自分、がいたとしても、
世界の中では、数ミリ、数グラムの話でしかない。

もっと、自分を、自分らしさを言葉に乗せるといい。
と、自分自身に投げかけてみる。


ayashibito011.gif いうのは タダ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼浮かれた内容で送るテキスト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
恋愛においては それは あるだろう。
恋愛以外では、普通はないだろう。

恋愛と恋愛以外のハザマでならどうだろう。
どっちに転ぶかわからないようなもの。

あってもいいと思うし、あってはならないとも思う。
実際には、ないんだけど。オレの場合。

上記コメントと同様の理由で
伝えたいこと。いつか変化するだろう感覚を 刻むことをためらうこと。

これがいつも邪魔をする。
邪魔なように見えて、正義のブレーキ役かもしれない。


ayashibito001 どうでもいい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼浮かれた内容を書きたいと思える相手
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コレは 望むところである。といえるかもしれない。

ヒトは不思議なもので、言葉をつづるときに、
自分の中にあるものだけ だと、伝えたいことを十分に伝えきれない。

誰かがいて、誰かの言葉があって、
そこからまた 自分の言葉をシェイクしたりブレンドしたりして 

ayashibito053.gif また 言葉が生まれる。


その日、その瞬間、その相手、があってこそ始めて成り立つもの。

確立された彼氏・彼女 という絶対的な存在であればなおのこと。
不確定要素をはらんだ知人と友人の狭間、友人と恋人の狭間。

ヒトは、自分の立ち居地によって、発信する言葉の色が変わる。
ためらいや、遠慮や、気遣いや、後出ししようとして忘れるものや。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼主導権を握ろうとするヒト 心の整理をするヒト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
二人以上の会話には 必ず主導権を握るヒトの存在がある。
意識的に、無意識に。
ヒト対ヒト ヒト対世間 であっても。

「自分は こういう人だから」
という 説明を書き添えるヒト。

「あなたは そういう人じゃないんだよ」
という 消去プレイを望むヒト。

「キミは そういうヒトだよね」
という 同意を得たいヒト。

男性に多いのか、女性に多いのかはわからない。
統計を採ったこともない。
けれど、ヒトにはある種の傾向がある。

他人の目に、他人の言葉に、多大なる影響を受けるヒト。受けにくい人。
整理した言葉を書ける人。言葉を書きながら整理する人。
意味不明な言葉を書いて誰かが整理・分析してくれる人。(笑)

ayashibito003 まあ それぞれ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼考える人 考えさせる人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
考えるということは、生きる上での重要なテーマのひとつ

「なぜ 何のために生きている」という考え方から始まり
「何のために、誰のために生きている」という投げかけに変わり
「何かのために、誰かのために生かされている」ということにたどり着く。


そういった内容の本。

哲学的であるというよりも、精神分析医よりの言葉。
とある本に書いてあった。ヴィクトール・E・フランクル著「夜と霧」

生きる目的を誰もが探し、見つけ、それを軸に生きている。
それが目的化すると、ロストしたときに迷い、ためらい、目的を失う。

そうじゃないのだという。

誰かに触れ合った記憶。今であり、かつてであり、
それを支えに人は極限の中でも生き抜くことができるのだと。

未来に

  • 誰かがあなたを待っている
  • 何かがあなたを待っている


のだという。

戦時中、強制収容所における ある心理学者の体験期。
戦後、8月15日前後には、「戦争」ということをいやおう無く考えさせられる世代。コレはオレ。

毎年、何かを考える。記事に残すということはない。
毎年、変わるから。

戦争は、
  • 武器が引き起こすのではなく、
  • 人の心が引き起こすのだ
という。

戦争はだめなことだよ とわかっていながら
恋愛において戦争を起こす人には おすすめ(笑)

恋愛における戦争にも当てはまる。不謹慎なようでもあるけど事実でもある。

人は極限状態に陥ったときに、悪魔になるか天使になるかに分かれるのだ。


ある意味、宗教的な観念ではあるけど、無神論者であり仏教徒モドキのオレにでもわかる。

そういう見方ができるなら、
オレにも、考える人、考えさせる人の存在はいる。

その人がオレを待っているのかどうかは知らないけど。

ayashibito071.gif  待たれるより 追いかけたい派 所属


第1569回「あなた自身の励ましの呪文」



関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

No title

(o´▽`)ノチワッ!
ブログに メーセージやコメントって大事だし
とても嬉しい事です(私の場合

>意味不明な言葉を書いて誰かが整理・分析してくれる人。(笑)

d(>∇<;)ゆるちて♪私かなw アハッあと誤字もあるよ(///∇//)テレテレ

>「自分は こういう人だから」
と説明というか 言い訳 自分に悪い印象もたれないように必死 (*`艸´)ウシシ

あ〜耳の痛い事だらけ ハハハ(とりあえず笑ってごまかす)

ヤキソバ

うん メッセージやコメントもそうなんだろうけど
つながるってことが うれしいんだろうね。

チビさんが 耳が痛いかどうかはサテオキ。
個人的なことではないので ご安心を。
あくまでも 世間によくあることなので(オレ含む 笑

メーセージが ソーセージに見えて 腹が減った(笑
昼 食べてきます。

No title

アッハ やっちやったね
ソーセージ ィタタタタ
ヤダ〜(゚ε゚)ブゥ
許せハハハハ

明太子入り

ははは 
おかげで 飯食い忘れなくてよかったよ
ソーセージ入りじゃなかったけど(笑

例えば、山登りとか・・

「人は極限状態に陥ったときに、悪魔になるか天使になるかに分かれるのだ。」

そう言えば・・以前、うちのダーリンが
「恋人同士が登山したら、その後すぐに別れるか更に愛が深まるかどっちかなんだよ」

なんてこと言ってました。

男は、何(誰)かを守るために生きている。
女は、何(誰)かを育むために生きている。

なんて、ふと頭に浮かんだのでコメントしてみました。

守るべきものを持つ男と育むべきものを持つ女は無敵だとおもうのです。

どちらも、守り育むために力を合わせる時、必要なのはやっぱり
「愛」だよ。少なくとも「武器」ではないことだけは確か。

ちなみに・・・・

私も休み明けのメールや書類を思うと憂鬱

今の部署に異動して1ヶ月
仕事を押し付ける人を育むのもやっぱり「愛」ですな( ̄∀ ̄)




愛と年齢

「登山の話」

ああ なんとなく わかるような気がするソレ。

二人で登山をしたことも
みんなで 登山をしたこともないんだけど

その人なりの 本性がでそうだね。
もちろん、 オレの本性も(笑 

恋愛の根底に オトコは守る 女性は育む ってのがあるとして
これはきっと 他人目線。客観視。
だから 自分の意識として、守るってのは あまりない。

オレは 恋愛は相手を云々。というより
二人を誇れる。そんな恋愛がしたいんだと思う。オレから見て。世界から見ても。

だから 無敵には なれないのかも(爆)

ところで、部署異動 お疲れ様。慣れるまで大変だけど
あかりなら どこでも大丈夫そうだ(と思うのだが。

仕事は 自分でするほうが早い。とやるより
人に振って 育てていく年齢になったのだと。

「年」ですな。( ̄∀ ̄)

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

恋をしていない時の恋愛の種類

一人の時間の過ごし方を残すこと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。