スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトコが女にぶつかったと感じるとき

▽Category : エッセイ
体当たりの話じゃない。

ayashibito003ははは

恋愛のおけるオトコと女が衝突するよくある話。
  • 一般的に、普通に会話が成立するなら、恋愛も成立する。
  • 一般的に、普通に会話が成立しずらいなら、恋愛は微妙な局面を迎える。
  • 一般的に、普通に会話が成立しなくなれば、恋愛は続けていくこと自体が不思議。

オトコは日々、時系列的な感覚で過ごしている。
悪気もなければ、無駄な気遣いもない。それは恋愛においても。

今回は、こういう、時系列的な話ではなくて。


よくある ワンシーンの話。

女性が
「感情を否定された」
「共感してもらえなかった」

といった場面の そういった瞬間のオトコの話。

一般論で話すと、
「俺は男だけど、それは違う。」とか
「私の彼はそうじゃない。」とか

いちいち面倒くさくなるので、

あくまでも 主観的にオレアングルの話。世界基準じゃない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼共感する力
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
オレは共感する。という意味くらい知っている。
だけど、現実の恋愛で、あるいは、現実の交友関係で、共感力が十分に発揮できているかは甚だ疑問。

これ 大人になると「共感力」を少しずつ理解できるようになってくる。だけ。扱えるかどうかは別。
これ 恋愛においての女性の求める「共感力」←これが、厄介。

椛ママ曰く
「これね・・・結構致命的。」

そう、大体 致命的な事柄については、わかる。 あとからね。 その場ではわからない。


▼若い頃、あるいは未熟だった頃、恋愛にうぶだった頃

共感する < 正直でいる
を優先する傾向があった。

事例(1)のケース

女:「天気がいいね」 
男:「うん そうだね」

こういう 誰が見てもそうだ って言う場合の
  • 1-1:「そうだね」を共感して言える
  • 1-2:「そうだね」を社交辞令みたいなこととして言う
  • 1-3:「・・・」心の中では思っても わざわざ 口に出して言わなくても と思う

こういう事柄って、恋愛を積み上げていけば、1-1で落ち着く。問題にはならない。

問題になるのは

事例(2)のケース

女:「おいしい?」
男:「おいしいね」

こういう 主観的には 「おいしい」 「ふつう」 「おいしくない」 がある場合(爆)
つまり、
選択の余地があり、一般的な答えがなく 女性の中にだけある判断基準に合格・不合格が決められている
とオレが勝手に思い込んでいる場合。
 ←オレがもっとも理不尽に感じること。
  • 2-1「おいしい」とほんとに思える場合
  • 2-2「そうでもない」と思う。
  • 2-3「正直にそうでもない」という
  • 2-4「(社交辞令で)おいしい」という
  • 2-5「おいしくない」という
  • 2-6「おいしくない」とは言わないが顔に出てしまう
  • 2-7「・・・」リアクションができない

実にオトコは複雑である。

たかが、「おいしい?」ということの質問に対して、女性ならコンマ何秒で答えられることが、
オトコにとっては、「2-2~2-7」を選ぶ前に、それ以外のことも考えつつ、ちょっと間があく。

もちろんつねに、「2-1」ばかりではない場合の限定的かつ致命的な話。

『おいしい? かわいい? すき? たのしい?』 こういう分類のもの全般

そのコンマ何秒でリアクションできない場合に、当然、「ヤバイ」とは思っている。
が、致命傷を与えているとは思っていない。

このリアクションは人によっては、微妙なタイムラグがあるだろうし、
オレ自身においても、
『おいしい? かわいい? すき? たのしい?』
の種類によって、回答スピードは違う。

すでに、回答 といっているあたり、相手の
『おいしい? かわいい? すき? たのしい?』
が、質問であることが前提となっている。(事実)

女性は、
『おいしい? かわいい? すき? たのしい?』 が質問などとは思っていない。(妄想)
「なんで この人は、普通に答えてくれないのかしら」くらいに思っているかもしれない。(妄想)
「なんて 共感力のニブイ オトコなのかしら」と思っているかもしれない。(妄想)

が、女性の心理など オトコがわかるわけがない。
言われても理解できないのに。
言われもしないのに、なんでわかってくれないのよ。いや無理だろうそれは。 

いづれにしても
オトコにとっては、(1)のケースと(2)のケースは
共感力を試されていると感じている。試練でもあり、苦行ですらある。

(1)の場合は、オレはあまり苦労してない。世間のオトコは知らんが。
(2)の場合は、結構、痛い目にあいつつもおかげで鍛えられた。

共感力というより、限りなく正解に近い反射神経が。である。
もちろん、時々、その反射神経が余計なお世話をして、間違った解答を選ぶこともある。

そして、致命傷を負う。


ayashibito014.gif 自業自得だ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼世間の女性にいいたいわけじゃない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こういう(1)と(2)のどちらも一緒にして
「共感してくれない」と わめき散らす女が 世の中にはいる。

歴代の彼女にはもちろんいない。と信じたい。封印。パンドラの箱入り。

適度な相槌すら 打てなかった時代の自分なら、そりゃ女性のせいにはしないけど。

(3)自分の 若さというか未熟さ 経験値の低さの問題であれば、オトコが成長する可能性は十分にある。

温かい目で見守っていただきたい。

鍵を握るのは 相手の接し方・育て方
そして 工夫 ←なんの ってのは今回はサテオキ

(4)性格や価値観の不一致のような どうしようもない場合だってある。

こう言う場合、努力だとか願望だとかもうどうしようもない。
続けていること自体が不思議というか、意味がない。

鍵を握るのは 傷つけあわずに距離を置くこと。
時間でおくか、日にちでおくか、人間関係でおくか、
その 選択 ←自分の恋愛なんだから自分で決める。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼オトコの共感力
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オトコって 女性の言葉に共感する力がないわけじゃないんだよ。
共感するポイントが、女性とはきわめて違うんじゃないのかな。

と思う。言い訳めいているなと同時に思いつつ。

共感を伝えるまでに時間がかかるんだよ。色々と。面倒くささを排除しないから。
本当に面倒だったら、共感なんて最初からしない。してるからこそ、時間をくれ。みたいな。


いずれにしても、共感を伝えられるのが、女性の期待する瞬間よりも遅れた場合、
  1. コンマ数秒後
  2. 数秒後
  3. 数分後
  4. 数時間後
  5. 数日後
  6. 数ヵ月後
  7. 数年後

いやいやほんとに。真剣に考えれば考えるほど。

だから 女性からみて「致命的」な結果を生んだ場合でも、
オトコはいまだに考え続けているかもしれない。

しょっちゅうあることじゃないけど。


結果的に
女性からダメダシをくらった場合。

オトコは結果から(3)と(4)に自分で振り分けて納得せざるを得ない。オレの場合。
ほとんどが(3)であったとしても。女性は待てない場合だってあるんだから。


もちろん、終わった恋愛なら 全部(4)に放り込む(爆)
楽だから。考えなくていいから。面倒だから。理由なんてどうでもいいんだよ。

と長々と書いた後にどうでもいいとかいってしまうオレが痛い。
  • 恋愛を人並みにしてきたオレでさえ、
  • 女性の友人が人並みにはいるオレでさえ、その程度の共感力しかないんだ。

世間の男たちに同情するわ。

「アタシに同情してよ!」ってことは 無理無理。だって所詮オトコだもん。


いやいや あらためて たいしたことないわ自分。である。



ayashibito011.gif しばらく旅にでますが、共感力を求める旅じゃないです。ただの帰省。庶民的な。
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

No title

そうだ。
共感 じゃなくて 価値観の一致 だ^^;

いってらっしゃい~^^

No title

( ´ー`)ノコンチャ♪
今日はクロカレさんの反省見たいな感じの内容だね、
私も心の中では思ってもロに出して表現するの苦手
いちいち言葉に出さ無くても分るよね とか勝手に思っちゃう(自分の都合よく)(ノ∀`*)ンフ♪

今日からしばらく会えないんだね(´_`。)グスン
寂しいから早く帰ってこいよ〜〜〜〜(やまびこ聞こえた?)
それでは又 ゆっくり休んでね((*pq'v`*)) 


この記事で思い浮かんだ

「SEX and the CITY」っていう海外ドラマはご存知でしょうか?

お久しぶりです。
この記事を見て、ふっと頭に浮かんだのがこのドラマでした。
シリーズは結構長いので、なんでしたら
映画もございます。

「共感」も「理解」も男女間では50%で丁度よくて

理解できる事もあれば、理解できない事もあるものかもね。

それはそうと・・・

時々、こちらの記事を読ませてもらっています。

すごいね、やっぱり影響力のある言葉がたくさん。

それに、やっぱり面白い。

最近、全く書いてなくて・・

でも、誰かの記事を読むと・・

やっぱり、自分のその時も思いって残したいなと思ってしまいます。

暑いけどお体大事にね、今後も記事楽しみにしてます。





No title

これ、男の人にもいますよw
男「これおいしい!chicoは美味しいと思う?」
私「おいしいねぇ。でも塩味もうちょっとあってもいいかなぁ」
男「注文つけるてことは美味しくないんじゃない・・・(´;ω;`)」
私「え、いや・・・今のままでも十分美味しいけど、もうちょい塩味あればさらに私好みになるかなーって・・・」
男「結局好みじゃないってことじゃん・・・美味しくないって言ってるのと一緒だよ・・・」
という口論をしたことがあります。(元だんなですがw)
素直に感想述べたら怒るんか・・・と思ってそれ以来まずくても相手が美味しそうにしてれば、そうだねって言うようになりました(´・ω・`)

私は・・・食事に関してのみですが「おいしい?」って聞くと、
素直な感想を言いにくいと思うので「どうですか!?」みたいな感じで自由に感想を述べられるように言うようにしてます。
それが自分が作った料理を彼に食べてもらう時は特に意識してます。

>>あおさんへ

デザート

1.価値観が似ていて、共感できるオトコ
2.価値観がズレてても、共感できるオトコ
3.価値観が似ていて、共感できにくいオトコ
4.価値観がズレてて、しかも共感もできないオトコ

どれにしますか。
というか、食えないのはどれ?(笑)

>>チビさんへ

反省文といえば、多いわオレ(笑)
人様の本文にも「すいません」と謝りたくなるタイプ。

口に出さなくても伝わることと
口に出さなければ伝わらないこともあるからね。
使い分けができると一番いいんnだけど。

この田舎にもネットカフェがあったので、
コ一時間ほど。立ち寄ってます。
昨日は 13時間 寝たわ(爆)

>>あかりさんへ

懐かしいな。
そのドラマは観てないんだけど、似たようなタイトルの映画は観た気がする。
女性主役のラブストーリーの映画は 激しいな(笑)
オトコが完全に脇役で。

共感と理解が半々くらいなら、オレにでもできそうだ 恋愛(笑)
ほんとに、半分も もらえればの話だが。

最近、書いていないようだけど、
「あっさりした あかりが食べたい」とかいわれてんじゃねえか 
相変わらずのラブっぷりで ご馳走さま だな。

ラブラブなときは、 昔話なんて残そうなんて思わなくていいぞ
独りになって暇だから書けるんであって ははは。

>>chicoさんへ

こんにちは

味覚について 話し合えるっていいよね。
意外と気を使いすぎて「正直」にいえないっていう態度が出てしまうんだよねオレ。

チラチラ 辛いものがいいとか、うちの家系はミソ・醤油屋だ。などとはいうんだけど
醤油ベースの辛さはいいんだけど、

唐辛子や、塩辛いのはちょっとね、それはさておき。

自分で作ったものは、おいしく食べるのがいいね。
味だけでなく、楽しい会話込みの食事なので。
料理がまずくなる話は、テーブルではしないように心がけてます。

ところで、彼氏の 「根っこと草」ってのは 新しいね(笑)

望むところはなんだろう?

単純な質問の裏に隠されてる、女心を探すのは大変ですよね。

共感も価値観も、すべて一致するってことは、まずないと思うので、そのままの相手を受容しておけば問題はおこらないのではないかと思うわたしでつ。

時には、共感してるふりもありかと・・・優しい嘘でいいのかと。

これは自分は好きじゃないと思っていても、それをストレートにいうよりも、
「キミは、こういうのが好きだよね」とか、本来の答えを
ちょっとすり替えて、君のことをわかってる的な話にしてもいいのでは・・・

ごまかしスルーがうまくなれば、ぶち当たらなくてすむのかな。



あ・・やばい 同窓会に遅れる・・・
では (o・・o)/

>>さっちゃんさんへ

女性の台詞が 質問なのか ただのお話なのかは
なんとなくはわかるんだよね。

ただ その台詞を言った後に
「たぶんこういう展開になるんだろうな」というような
邪魔なナビゲーション機能が頭についてるので

どうでもいい相手なら、適当な相槌でスルーできるようなことが
恋愛相手に「手抜きの返事」をすると すかさず ばれるんだよ

オレがばれやすいタイプなのか、
相手が鋭いのかはサテオキ

ぶちあたるのも恋愛にワンセットになってるので
ぶちあたらない恋愛をさがしたことはないんだよ

痛いのは嫌なのを知っているというのに
そこにオトコのまぬけさがあるんだと思う

同窓会いってら。

No title

いいのよ 共感なんて 真剣にしなくても。


「おぉ~そうか よしよし
大変だな~」


って、テキト~に慰めてくれれば
オンナはご機嫌(ぷ)。


ままま、あまりにテキト~すぎると
それはそれで、真剣に考えてくれてないでしょと
パンチくらうけどね(ぷ)。


共感

基本共感ってのは無理なんだよ 脳みそが違うから
だけど できるだけ 相手が笑顔になるようなことを ひねっては という工夫は覚え始めた

こしゃくだな。とも思う(笑

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

お盆と故郷

綺麗なお姉さん 年下なのに

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。