スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトコの価値 友人の価値

▽Category : エッセイ
『付き合う女で男の価値って暴落する』
と云う言葉に、言及をされていたとある女性の記事があった。

恋愛絡みの方ではないので、便宜上「青い彼女さん」の記事
とする。

とある男性Aさんの周りにいる女性Bさん。と女性Cさん。
その女性Cさんの友人が「青い彼女さん」=善意の第三者

男性AさんはBさんがお気に入り。
男性AさんはCさんもお気に入り。

CさんはBさんが嫌い。
Bさんを気にいっているAさんの価値がCさんの中で暴落。

その暴落の話を聞いたのが青い彼女さん。
Cさんは怒っている。しかもだんだん怒りはエスカレートする。

女性同士なので、「その気持ちはわかる」のだという。



オレは男なので、その気持ちはわからない(笑)
Cさんの発想自体が、理解できない。
むしろ、男性Aさんの悪びれない生き方のほうが「わかる」。

史上最低の記事の予感。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼自分の立場によってかわる 物言い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆オレが男性Aさんだった場合
  • Bさんへの配慮
  • Cさんへの配慮
は、別物。

CさんがBさんを毛嫌いしている様子は、おそらく気付く。そこまで鈍感じゃない。
CさんがBさんの悪口を他人に云う。この場合青い彼女さんはオレとは無関係。

▼(1) こういうケースの場合、BさんとCさんのいずれも同じような立場の女性なら、
たぶんCさんとの関係は終わりにする。オレなら。

▼(2)Bさんが彼女で Cさんが仲の良い友達であっても同様。
この場合Bさんの中ではオレの株価(=価値)は上がる。
この場合Cさんの中ではオレの株価は暴落。紙屑。オレの存在がクズ。ははは。

▼(3)Cさんが彼女で Bさんが仲の良い友達である場合
このケースは起こりえる。

いわゆる、自分の彼女が、他の女友達の悪口を言った場合、
自分の意志ではないにしろ、Bさんとは距離を置くようになる。
自分のためではなく、彼女(C)のために、結果、彼女(C)と一緒にいたい自分のため。

この場合、Bさんの中ではオレの株がどうなろうと、いたしかたない。測らない。
この場合、Cさんの中のオレの株価はせいぜい、現状維持。さがりはしない。結果オーライ。
そういう決断をしなかった場合のみ、株価は下がる。暴落。紙切れ。というかオレがクズ。くどい。

▼(4)ところで、今回のこの記事。どうもBさんとCさん両方とも彼女?
こういうケースの場合自体がオレにはあり得ないので言及したことを悔やんだ。今さら。

甲斐性の問題と云うよりも、株価が高い男ならあり得るかもしれない。
オレ自体の株価は、平均株価なので、比較の対象とはならない。
そもそもオレが登場する自体が話の主旨がすり変わってきた。
ので、ここら辺りから視点の転換。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼面倒くさい恋愛の形 戦う相手が違うから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

青い彼女さん曰く
  • 株価の高い男だからこそ、腹正しく思うことに同意
  • 株価の低い男(どうでもいい男)なら何とも思わない 
といったニュアンス。

なるほど。

Cさんは 嫉妬ではなく、「勘違いをされて見苦しい女だと思われるのが嫌」
と云う感情から、悶々として男性Aさんに告げられないのだという。

あれれ? 

嫉妬であろうとなんだろうと、告げればいいのに。
その「不愉快である自分が嫌、それはAさんのせいである。」と云う事実を。

告げればオトコは選択する。せざるを得ない。課題が無ければ何もしない。
Bさんを取るか。Cさんを取るか。Cさんを切るか。(笑)

「勘違いをされて見苦しい女だと思われるのが嫌」
なのではなく、
結果として男性Aさんが、「Cさんを切るかも知れない可能性を恐れて言わない」
だけじゃないのかと 思ったりもする。余計な推測。
  1. 切られる自分 < 悶々とした自分
  2. 切られる自分 > 悶々とした自分
  3. 選ばれる自分 > 悶々とした自分

そりゃ、CさんがBさんと戦っているとこうなる。な。

Cさんの戦う相手がBさんだから話がおかしいのだ。
本来、Cさんが戦わないといけないのは男性Aさん。に対して。と思う。

ayashibito040.gif みもふたもない。


女性は嫉妬であるかどうかを、自分に問い、物事を測る。
オトコは、原因が嫉妬であろうとなかろうと、その状態を変化するために行動する。

女性のその時点の感情など、ある程度数値化して。
だから、「女心がわからない人ね」と云われるのかもしれないが、
株価の高い男なら、プロセスよりも結果を問うだろう。平凡なオトコでさえそうなのだから。

もつれている3人よりも、スマートな二人。
選ぶのがBであれ、Cであれ。株価の高い男なら。

株価が平凡で普通の男なら迷い。
株価が低い男なら、BさんもCさんも逃す。

どうでもいい解釈である。

Cさんは嫉妬ではないという。Aさんに向けての。
Bさんに向かっての嫌悪感だという。

どっちでもいい。
そもそも発想が違う。

ayashibito0733.gif 戦う相手が。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼青い彼女さんの立ち位置
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そう この記事は そういう記事であったんだけど。
オトコと女の思考回路の違いを感じた。記事にした。

オレが青い彼女さんの立場であれば、
Cさんが友人。と云うこと。
  1. Cさんの怒りを理解できるだろうか。
  2. Cさんのエスカレートする怒りに付き合えるだろうか。
  3. 青い彼女さんのように、「その気持ちはわかる」と思えるだろうか。

どれもNO. 
  • Bさんと戦おうとするならすべてNO
  • Aさんと戦おうとするなら全力で応援。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼オトコと女の友情が「恋愛相談」「恋愛談議」において成立しない理由
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

気持ちがわからないから理解できないのではなく、
気持ちなどわからなくてもその恋愛自体を拒絶する。人格に関係なく。

気持ちの理解は出来なくても ほつれた恋愛は解消できる。形を変えるだけ。
解消するために一緒に考える。形を今よりましにするために。

それがオトコの思考回路であり
「あなたの意見なんて聞きたくない。聞いてもらうだけでよかったのに」
となるパターン。ゆえん。世界中のスタンダード。

だったら オレに最初から話をするな。
と世界中の男が思う台詞。口には出さないけど。

聴いてほしいだけの時は、女性に。
だけど、女性もイラっとしないのかな、こんなぐだぐだ話を延々と聞かされて。

青い彼女さんの出した結論は サテオキ

BさんがCさんと戦っている話とは別にして。

オトコの場合、
嫌悪感を抱く男性。嫌悪感を抱く女性。の前提条件が、
親友がこのケースの場合、
  • Bさんと戦う友人C
  • Aさんと戦う友人C
のいずれかによって、立ち位置が変わる。
  1. Bさんと戦う友人Cなら、Bさん自体に嫌悪感を
  2. Aさんと戦う友人Cなら Bさん自体はスルーして 
  3. Aさん自体にその価値があるかどうか その価値に見合う価値がCさんにあるか

極めて合理的でもあり まったくCさんの気持ちを無視していると思える。
だけど、それがCさんの友人としての公平な意見ではないかと思う。

だからこそ、Cさんのようなタイプの女性は友人にはいない。おかない。
というよりもオレに近づいてこない。ははは。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼『付き合う女で男の価値って暴落する』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
と云う考え、一見正しいようで、
男性Aさんの価値を暴落させるのはBさんであったとしても、
当事者であるCさんが語ることは、ちょっとおかしいのだ。
  1. CさんがAさんの価値をあげるか。
  2. CさんとAさんが恋愛自体の価値をあげるか。

これが前提でなければ恋愛は、意味がない。

それは嫉妬ではなく、執着だ。ああクチがすべった。みなまでいうな。

Bさんの存在をサテオキ、オトコの価値を下げているのは
Cさん自体の恋愛に向き合う姿勢であるとオレは思う。

『Bさんの存在がなければ、Aさんの価値が暴落しない』
と云う前提自体が、他力本願すぎる。相手は仏じゃない、人なのだ。
Cさん自体の価値ってなに。と思ってしまった。

大変 大きなお世話である。後味が悪い。自分の文章に。
なら書くな。いやいや。たまにはこういうのも。で。4回推敲。たいして変わっていない。


『男と女は見えるものが違うんだよ』 と伝えた青い彼女さん。
ああ、なんて優しい社交辞令なんだ。


ayashibito041.gif オレにもクレ。と思ってしまった。うかつにも。

オレなら
『その男に見合うだけのCになれば悶々は消える』と云うと同時に、
オレが消されるだろう。友人Cの株式市場から。

だからオレは友人が少ない。だけど続く友人とは本音で語れる。
それでいいと思う。

長い時間の中で、恋愛は一瞬である。友人は一生。
だからこそ、友人との関係で胡坐をかけ、恋愛に集中できるのだと思う。

オトコであれ、女であれ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼No title
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世間には恋愛を現在進行形でしている人がたくさんいる。
そのフォームやスタイルはサテオキ。

膨大な種類の恋愛の中で、作者である方、当事者である方、主人公である方、
それぞれの視点がある。
  • 男性が書いているテキストなら、作者視点に立ち、
  • 女性が書いているテキストなら、登場する男性の視点で読むオレ。

だから、書いている女性視点では物事が考えられない。と云うことになる。
女性が描くラブストーリーの中で、登場する男性の立ち位置で物事を考えるから、
その恋人役の台詞や喜怒哀楽が、過去の恋愛に重なったり、現在の妄想に重なったりする。

女性同士の共感や協調とは全く違った受け止め方。が起こる。当たり前といえば当たり前。

こういったストーリーの中で、淡々と描きつづっているのがこの青い彼女さん。
内容は淡々ではないけど(笑)文体が淡々としている。
だから読みやすい。オトコの視点でも。

----ここら辺りから妄想------

こういう人が彼女なら、そこに登場するであろう主人公か脇役がオレと云うことになる。
「いいな」と思う。

恋愛においても、人生においても、男性は女性に比べて寡黙だ。
人生におけるセリフと、恋愛に使う台詞は、全く違う。
シナリオなどなく、その場面、その場面において、撮り直しの利かない台詞を
瞬時に駆使しないとリアルタイムのラブストーリーでは輝けない。

それは主人公の力量でもあり、存在感でもあり
かつ、綴る作者のポテンシャルと云うよりは、素直な視点なのだと思う。

女性が綴る場合、
(1)男性の行動や台詞に過剰なくらい妄想が入り込み、事実をゆがめる場合と、
(2)目の前のセリフを忠実に描写して、その言葉の意味を一生懸命に考える。
その考える際に妄想を駆使したとしても。
そういった場合の、表現力が、自分視点である場合と、第三者視点で冷静に自分を描ける人と、
以前の彼女から習った言葉を遣うなら、神の視点と云うらしいのだが。

例えば、

あの男の言葉にムカついたから、ガチャンて電話を叩き切ってやったわ。
すっとした!!電話は壊れたけど。あ~もう。



電話から聞こえる男の言い訳めいた声、その女のいら立ちが頂点に達した。
壁に投げつけられた携帯電話の液晶がキラキラと光に当たる。それをみて女は笑みを浮かべた。



極端な話、コレくらい同じ話でも印象が違うのだ。

主にオレのその日の気分と、妄想WORLDにいるかいないかで。
で、今日は妄想WORLDの日。

「君の言葉でオレとの恋愛を描いてくれ

告白シーンも、付き合っている前提ということもなく
いきなり要求するあたりがオレの妄想力のポテンシャル。

ayashibito003まったくをもって使えない。というか はしたない。

おしまい
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

立ち位置の違い

Cさんの気持ちは、理解はできない。
理解できないコトを伝えつつ、でも、友達だったらとりあえず「そかそか。」って話は聞いちゃうかなぁ。。。アタシだったら。

時々、女同士でもあるよなぁと思って読んだ。
「Xさんと仲良くしないで」みたいな。(苦笑)


正直、そゆのメンドクサイな。。。(〃´o`)=3 フゥ



でだ。

>長い時間の中で、恋愛は一瞬である。友人は一生。

コレ、ずーっとアタシの中であるんだよね。。。
だからこそ、若い頃から、恋愛に発展しないコトも多かったかも。(苦笑

青い彼女さん

何だか素敵なネーミング。気に入ってしまった。

言いたいことが、たくさん いっぺんに頭に浮かんで
どこから話していいかわからなくなることがあります。
今 まさにそうです^^;

私の考えも黒い彼さんの考えと概ね一致しています。
では なぜ全く違う反応をしているか。
そのあたりのことを また書いてみたいと思います^^

拙い文章に いろいろと考えて下さってありがとうございます(*^_^*)

立ち位置事情

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼Cさんの気持ちは、理解はできない。 理解できないコトを伝えつつ、
でも、友達だったらとりあえず「そかそか。」って話は聞いちゃうかなぁ。。。アタシだったら。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
女性同士でも、アクセルとブレーキは、冷静な友人なら踏めると思ってたんだよね。
職場でも、意外と女子同士が仲良く話してても、
話す人は多いけど、キイテル人間はいないな と思うわ(笑)
アレでよく会話がつづくな と不思議不思議。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼時々、女同士でもあるよなぁと思って読んだ。「Xさんと仲良くしないで」みたいな。(苦笑)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中学生レベルだと思う(笑)思春期レベルといったほうがいいのか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼正直、そゆのメンドクサイな。。。(〃´o`)=3 フゥ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まあ、本人は必死だから(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼でだ。 >長い時間の中で、恋愛は一瞬である。友人は一生。
コレ、ずーっとアタシの中であるんだよね。。。 だからこそ、若い頃から、恋愛に発展しないコトも多かったかも。(苦笑
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
思春期の恋愛の記憶は、やらなかったもの・発展しなかったもの・告白しなかったものが未練となり、
青春時代の恋愛は、やったものだけが浮き彫りになって
大人になると、また、やれなかったものだけを特に思い出すらしい。オトコの場合。(オレ談)

青い彼女さんへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼何だか素敵なネーミング。気に入ってしまった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
仮称の名前を何にしようかと 結構考えたんだよ(笑) 
紅い流星シャアだとか。青い稲妻アリスだっけ 世代なもので

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼言いたいことが、たくさん いっぺんに頭に浮かんで
どこから話していいかわからなくなることがあります。
今 まさにそうです^^;
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
うん。会話しながらリズムつかんでいくのか、後から、じっくり考えるタイプなのかはサテオキ。
コレだけの長文だから 気が向いたときに 牙をむいてください ははは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼私の考えも黒い彼さんの考えと概ね一致しています。
では なぜ全く違う反応をしているか。
そのあたりのことを また書いてみたいと思います^^
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
続編 というかCさんシリーズというか 楽しみにしてます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼拙い文章に いろいろと考えて下さってありがとうございます(*^_^*)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いえいえ 無断拝借の上、オレのお花畑系妄想までお付き合いいただきありがとう。

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

テンションをあげる方法

綺麗事と本音と

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。