スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

office40.草食系男子に捧ぐ

▽Category : Office.
梅雨明けの猛暑。各種スポーツ系の部活は休み。
合わせて、恋愛座談会系の飲み会も、来月末までスケジュール未定。

空いたスケジュールの間に、ちょっと手抜きがちだった仕事を片付けて
同時に、遊びの部分で作った『恋愛同盟』

恋愛同盟の活動は主に、恋バナをただ話すだけのクラブ。ひたすら。意味を求めず。
職場のメンバーで、バド活にも座談会にも加わっていないメンバーを中心に声かけ。

スカウティングと云うより、むしろ目の前でプレゼン。なし崩し的な勧誘。
そんな感じで、どんどん増えてきた。

バド活が、スポーティ系だとすると、
座談会メンバーは肉食系、
この恋愛同盟は、草食系男女に声かけをしている。

ある意味、彼らや彼女を応援すると云う名目の、オレの暇つぶし。
とも云える。多分活動は1か月程度限定。


ayashibito052.gif ハンティング・シーズン?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ボケとツッコミ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  • Kチームはオレがボケ役、女子3人がツッコミ役。
  • Iチームは4人ともボケ役、ツッコミ役はゼロ。

と云うことに、今日気がついた。Iチームは覇気がない。元気がない。
会話が弾んでいないはずだ。道理で。

Iチームのチアキ(31歳) に指令。(会員ナンバー3番)
「3時間ごとに、なんでやねんと云って左手で隣のK君をシバク」
「え~。なんでですか」

「ウム。いい質問だ。職場活性化の一環だな。重要なポジションだ」
「ん~。黒い彼さんにはツッコミやすいんですけど・・・」

と云って、隣のK君のほうをみている。

「なにいってんだよ。K君の腹をみて見ろ。的が大きいだろう。目をつぶっても当たるわ」
「どう云う意味ですか」
と、ようやくK君。

Iチームの新人一人が、どうやら自称鬱病再発で、今週出てこなくなった。
カムバックまでに、明るいチームにしておけよ。という余計な配慮。余計なお世話。
とりあえず、変な気づかいや技術はサテオキ。普段通りの明るさで行こう。といった主旨。
  • 平均年齢が、38歳のKチーム。
  • 平均年齢が、44歳のIチーム。

チアキを除く全員が年上ながら、オレは遠慮ゼロ。
ここの職場は、年齢順ではなく、入社先輩順。いわゆる体育会系絶対順。

誰が決めたわけではない。オレが決めたルール。 ははは。

Iチーム曰く、
「Kチームの女子には突っ込める」
「ツッコミにボケ役が突っ込んでどうするんだ。」
とすかさずクレーム。


ayashibito058.gifこれはオレ。





それはサテオキ。 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼Eチームのゴリさん編 会員ナンバー4番。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このEチームのキャップは、31歳男子:イケメン独身:彼女あり。草食系。
一番、独身男子の多いEチーム。

そのチームの、40代男子に入会勧奨をした。恋愛同盟に。

見た目:
  • 自称ゴリ系男子 通称ゴリ。
  • 大柄、独身、農家の孝行息子、元野球部。
  • 現在は、スポーティな体型ではない。女性経験ほとんどなし。
性格:
  • おだやか。女性には役に立ちそうもないウンチク大好きのB型。

ayashibito056.gif 磨き甲斐がある。 ケケケ




伏線。明日は、某所でバーベキュー大会。オレは欠席。

ゴリ曰く、
「明日は、料理の腕前を披露しようと思います。
黒い彼さんも来て、みんなにダメ出ししてくださいよ。」

「オレ? 料理はしないよ。ペーパー調理師免許だから(笑)」

~中略~

「そうなんですか、実は、昔、彼女に料理を作ってもらった時に、ダメ出しをしてしまって・・・」
「ダメだし? それ、だめだろ(笑)、どんな味でもほめておかないと (主にポーズとして) 」

「だって・・・」
「だってとか、乙女ぶるなよ」

ダメ出しの内容を訊いた。

自分がいいたいことをいってすっきりするタイプの彼。
くだらなさすぎて 一刀両断。



ayashibito0733.gif 


「ダメだしして、味をかえてくれるのは、母親くらいだぜ?」

「どうしたらよかったんですか」
「女子はさ、料理の批評なんか望んでないんだよ。形容詞で褒めとけよ」

「形容詞?」
「そうそう」

女子は、感情表現を形容詞で表す。オトコのダメダシ理論展開。
  • おいしい。
  • あったかい。
  • あまい。
  • まずい。
  • からい。
  • 食べたい。
  • 欲しくない。

だろ?

「これ おいしい」でいいんだよ。 「これ あまいな」でいいんだよ。
  • 調味料がどう とか 云わなくてよろしい。
  • 味付けがどうたらこうたら とか 云わなくてよろしい。
  • こうしてああしたらこうなる なんて 云わなくてよろしい。
女子に対して理屈やうんちく等、猫に小判。釈迦に説法である。

「え~、だって、自分が云いたいこと云わないと、特に食べ物は」
「あーダメダメ。云いたいことなんて、チラシの裏にでも書いとけ」

「そうなんですか。」
「彼女、どん引きしてなかったか?」

「文句言われました」
「そりゃそうだろ」


greenman002.gif


「辛いのが好きなんですけど、どう云えばいいですか」
「物足りないとか云うと、ふくれっつらされるだろ?」

「ええ」
「そうだな。ラブは甘くていいけど、料理は辛いのが好きっていっとけよ」 

ayashibito018.gif オレをトロケサセル気か



「・・・引かれませんか?」
「・・・微妙だな。だが ダメだしよりは、効果あると思うぜ。」

ネガティブな意見も 前向きなキーワードをつかえば たぶん大丈夫的な感覚。

「まじっすか。うまい。まずい。っていうんですか」
「ん~。どうだろう、オレは飯系は、うまいっていわないな」

「え~なんでですか」
「だって うまいって云わない時は、『マズイんでしょ』って思われるのも面倒だろ」

「・・・なるほど。じゃあ なんていうんですか」
「ありがとう いいねこれ。くらいでいいんじゃないか? たとえ、自分の好きな味じゃなくても」

ayashibito033.gifこれは世界共通じゃね?


「・・・納得いきませんよ。すでに形容詞じゃないし。でも 理解できます」
「ははは とにかく、ウンチクだとかダメダシだとか、腕前を上げてもらいたくても
オトコなら、なにくそと頑張るけど、女はがんばらないよ、へそ曲げるわ」

「え~そんなもんですか」
「ああ そんなもんだ。ダメ出しして、ヤル気を出すガッツな女はいない。」

「なんでなんですか。」

「女は理屈では動かないよ。魂を揺さぶれ


「意味がわらかないです」

確かに、意味はない。冷やかしだ。

~中略:以下えんえんとダメ出し~


「黒い彼さん すいません。マニュアルください」
「ねーよ(笑)」

「え~本を書いてくださいよ。」
「無茶云うな。 だが、近頃、恋愛同盟ってのがあるらしいぜ? 今なら タダで お得じゃね?」

「女性会員いるんですか?」
「うむ・・・平均年齢26くらいだな」

「ぜひ 紹介してください」


「・・・いいだろう。特別だ。他言は無用。秘密厳守。」

だが厳しいぜ? オトコに対しての教育は・・・というかダメ出しは ははは



部員 一名加入。


恋愛道を極めるための部活ではなく、
あくまでも、オレの暇つぶしである。


10分後

チアキが、段ボール大の荷物を抱えて、入り口のドアに向かっている。
ゴリに視線を送った。 (ドアを開けてやれのサイン。のつもり)

ゴリさんは きょとんとしている。


結局、オレがドアを開けた。 (オレが物理的に一番近い)

「ほら、コレで、ポイントをためるオトコと、たまらないオトコの差。わかるか?」
「なるほど」とゴリ。

「黒い彼さん。ドアを開けるより、荷物持ってくださいよ。」とチアキ。

ダメ出しをされた会員ナンバー1番。主にオレ。


こうやって恋愛脳は鍛えられていく。 むしろ、自主トレよりストレスがたまりつつ。

ayashibito001 がんばれ 草食系男子



関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

トロケル暑さと脳みそ

自分を褒めるということ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。