スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛における性格としつけの関係

▽Category : エッセイ
ペットを飼ったことがあるだろうか。

子どもの頃に、猫がいた。
とてもよくなついていた。

家猫ではなく、庭猫。
隣の道路を挟んだ向かい側が山と云うこともあって、
腹が減ったら山から降りてくる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼幼少期とペット
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

飯が終わるとさっさと山に駆け上がっていく。
最初は一匹、そのうちに5匹以上になっていた。

小学校2年の時に、初めて猫の死に立ち会った。
泣いた。姉も、母も。親父がどうだったかは覚えていない。

それから何年かして、その猫の兄弟の子どもの代になった。
5匹の子どもがいて、うち一匹は車にはねられていた。
残り4匹のうち1匹が間もなくしてまた子どもを産んだ。
産んだ猫の兄弟達は、山から降りてこなくなった。

そうやって4世代ほど代変わり。

誰に教えられるわけでもなく、本能なのだろうか。
兄弟に子どもが生まれると、どこへともなく旅に出ていき
それっきり戻ってこなかった。

ペットを飼っていたと云うよりも、そこに猫がいたと云う感覚。
しつけなど全くした記憶がない。

せいぜい 乾燥したサカナだとか、キャットフードみたいなものを
足にすり寄ってきたときにだけ渡していた。

恋愛において、しつけなど全くするわけがない。
せいぜい すり寄ってきたときには、愛情を余分に渡すと云うこと。

ayashibito056.gif


猫と女性を比べたいわけじゃなく
猫がいた時の自分と、彼女がいた時の自分の比較の話。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼猫の浮気 気まぐれ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

猫が浮気をするかどうかは知らない。
だが、猫には近親相姦の概念が無い、ということを子ども心に理解していた。

誰に教えられたわけでもなく、なんとなく人間は近親相姦をしない、
してはよろしくない、と云うことを何となく理解して大人になった。

それはサテオキ、

よく人を、犬系、猫系に分けたりする人を見かける。
オレの周りにはあまりいなかったのだが、職場では猫びいきの人が多い。

オレはどちらもない気がするけれど、経験上、犬を飼ったことはない。
だから、犬の習性がよくわからない。
ゆえに、どちら派などと判断ができない。

噂では、飼い主に忠実で、住処の人間に忠実度ランキングをつけているらしいと聞く。
遠く離れた所からでも、家に帰ってくる(サンセットメモリーが主題歌だった昔のドラマ情報)

犬は忠実、猫は気まぐれみたいなイメージがあるように見えて
比較できるほどの経験値はない。

いずれにしても、
  • 人間は犬に近いのか
  • 猫に近いのか

猿と云われると身も蓋もないが。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼他人の恋愛を客観的に眺めると
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  • 実に下らない理由で 喧嘩をしたり、
  • 実に下らない理由で ふてくされていたり、
  • 実に下らない理由で 腹を立てたり、恨んでみたり。

とまあ、恋愛という『イベント』が下らないのではなく、
たぶん、『参加者』が下らないのだろう。と思うことがあるが、大きなお世話である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼すれ違うと云うこと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

例えば、待っていたメールが来ないことに悲しいと云う。
  • メールを送ってほしいと約束があったなら、贈らない相手に問題があり、
  • メールを送ってほしいと約束すらないなら、来ることが当たり前だと思う感覚も厚かましい。

そういうことが云いたいわけではなく。

恋人同士が、メールを贈り合うことが「当たり前のこと」なのか
「当たり前じゃなくてサプライズ」だから嬉しいのか

そんなことが云いたいわけでもなく。

贈ると約束していたメールを贈らない。
  • これって、恋愛が冷めている場合。
  • これって、本当に忙しかった場合。
  • これって、何かあって、携帯やPCが壊れていた場合。
  • これって、携帯やPCは無事でも相手が事故ってたりした場合。

まあ、贈っていない理由はサテオキ、
故意であるか偶然であるか、事故であるかもサテオキ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼取りきめの無い約束事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こういう些細なことの『決めごとに関する取りきめのない約束ごと』が破られ続けていくと、
  • 相手に期待しなくなったり
  • 相手を信用できなくなったり
  • 自分にとって この人でいいのかと疑い始めたり
  • 自分にとって この人は別の人にフラフラしているんじゃないかと妄想したり、

『そういう些細なこと』=『恋愛における当たり前のこと』が果たされない果てには
だいたいにおいて、壊れる方向に進んでいく。

最初から決めておけばいいのにね。と思っても後の祭り。
だから、次の恋愛から、約束事を重ねていく。
多すぎても、ちょっとうっとおしいけど。
細かすぎても、ちょっとしんどいけどね。

こういう約束事や、他にも、例えば、待ち合わせの時間に遅れたりすることも含めて

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼一時的な現象 本質的な事象
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

色々なことが、
恋愛の慣れからくる、いわゆる胡坐をかいている状態(=突発的で一時的な事項)なのか
ただの面倒くさい性分、ルーズな性分、だらしない性分をひっくるめたような(=恒常的で本質的な怠惰)なのか
 
そういう判断って、恋愛が始まる前の冷静な時期であれば見破れるんだろうけれど、
恋愛が始まる前って、細かすぎるより、大雑把なほうを選びがちなのが人間。
恋愛が始まった後に、気が利かない人より、気配りをして欲しいと願いがちなのも人間。

こういうことって、恋愛が始まってから微調整できるものと、
そもそもの育った環境からくる『しつけ不足』によるものとがある。

『約束を守る』なんてことは、
  • 大人にとって
  • 社会人にとって
  • 恋愛人にとっては 
ごく当たり前のこと。

『挨拶ができる』なんてことも同様。

挨拶をしたつもり。
挨拶しなくても見ればわかるだろう。
などと云う大人もいる。

『予定が変わったら連絡を入れる』
『大事なことはきちんと伝える』なんてことも同様。

大人にとっても、子どもですらできること。
社会人にとっても、恋愛人にとっても。 


『当たり前のことが当たり前にできる』
『当たり前のことを当たり前にする』

これができない人は、まず恋愛に向かない。
出来ない人自体が苦労するわけじゃなく、その相手が苦労する。

今どきの若い者も 昔の若い者も 


ayashibito051.gif そう変ったものじゃない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼恋愛における性格としつけの関係
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • 『約束を守れない』
  • 『挨拶すらできない』
  • 『連絡を入れない』
  • 『大事なことを隠す』

などと云う人は、性格の問題と云うより、しつけの問題だと思う。

多くの場合、恋愛は大人と大人の組み合わせ。(恋愛ができる程度の精神年齢と云う意味で)

トラブルが起こった時に、友人は云うだろう。
「それって、きちんと怒ったり、云った方がいいわよ」と。

『それを伝えて出来るくらいなら、云わなくてもできるだろう。』
と思ってる人も。

『そういうことって云わないとわからないのか?』
と思えるような人をみると、

しつけされていないんだな。可哀そうに。と思う。
もちろん、可哀そうだと思うのは、しつけされていない本人もだけど、
その相手をしている彼氏や彼女に対してである。

そういう根本的なところって、多分治らないんだよね。

だから、細かい人と大雑把な人の組み合わせだと、どちらかに負担がかかる。
しかも一方的に。

だけど、細かい人と細かい人の組み合わせでも、
あるいは、大雑把な人と大雑把な人の組み合わせも、
そういう性格的な部分より、もっと本質的な部分で人と人はぶつかってるんじゃないのかな。

その先にある、「こんなはずじゃなかった」
の、『こんな』に気づくまで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼恋愛以前に身につけておくこと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

しつけって、経済的な豊かさや、交友関係から生み出されるものより以前の
もっともっと、初期の段階にある親からの愛情だったり、地域ぐるみで育てる風土だったり
そういった原始的な社会で身につけていくものなのじゃないかと、ふと思う。

恋愛以前に、学んでおくこと、教えておくこと。
きっと、沢山 あるんだろうね。


ayashibito011.gif 
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

オトコと女の関係 セックスフレンド編

平凡な日曜日(4)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。