スポンサーサイト

▽Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

office30.自分らしさ

▽Category : Office.
  • 自分が思う『自分らしさ』より
  • 誰かが思う『自分らしさ』のほうが 
パーツごとの分析が強調されて 実態に近いのかもしれない
と思うことがある

もちろん 『自分らしさ』のすべてを誰かが把握していると云う意味ではなく
  • Aさんの抱く『自分らしさ』の一部分の解釈
  • Bさんの描く『自分らしさ』の一部分の理解
  • Cさんの・・・
といった 積み木のように積み上げた『自分らしさ』である

画家の描く絵のような ある部分が強調され
強調されたところのひとつひとつにテーマが存在する
と云った感じなのだろうか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日 アニマから
「私って 話しかけにくいタイプだと よく云われるの」
とのテーマが 突然 降臨

「アタシは 見た目が猫 中身が犬とよく云われる」
と 相乗りしてきたのはクリリン



ayashibito009.gif その両方を耳にしたのが オレ


「あ~ それ わかるわかる」
と  アニマ


オレにはよく理解できなかった
  • 見た目が猫で 中身が犬?
  • 可愛く見えて 中身は従順?
  • 気まぐれで 中身は人懐っこい?

頭の中でピースをつなぎ合わせるかのように組み立ててはみたが
ayashibito051.gif よくわからなかった


一方 アニマの話しかけられにくいタイプ
というのは 何となく理解ができる 
  • 人を寄せ付けないオーラというより 
  • 無駄話を寄せ付けないオーラと云った感じ
と云えば 想像できるだろうか

ただ その切り出しに クリリンからのツッコミは無かった

こんな時には 
  • 「そんなことはないですよ~」と 否定するのだろうか
  • 「そうですよね~」と同意するのだろうか

いずれにしても 返答の難易度は高そうだ

なので 直接的な突っ込みはせずに たとえ話をした

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
オレのよく行くネットカフェに新人が入った
その彼女が アニマそっくりなのだ
見た目で 『妹』だと云われても 10人のうち7人位は信じるだろう
だが 掲げている名札の名前が違う

確かに その子も 無駄話拒否オーラを放っている
いわゆる ビジネスライクのマニュアル発言的な

他のスタッフとはすでに1000回以上(通算)行っているので
ごく自然な感じか フレンドリーなのだが と云った話をした

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「それ 妹じゃないです」
「うん」
「だって アタシは旦那の姓なので」
「あ そうか 名前は当てにならないんだよな」
「そうですよ~」

そうですよ と云われても ポイントはそこじゃないのだ


ayashibito014.gif 名前の話じゃない 


『話しかけにくいタイプ』がテーマだっただろう?

だが アニマの場合 気がついたところはどんどん ツッコンでくるので
話が いつ本題に戻るのか と思って待っていても おそらく 無いだろう

結局 『話しかけにくさの謎』は 迷宮入り

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「でも オレさんは 話しかけられやすいタイプですよね」
「ん? そりゃそうかもしれないが 自覚症状はないよ」

その会話の瞬間のオレの頭の中

その 『でも』ってのは おかしいだろう
A=A B=B なら『でも』でもいいのだが
A=謎 B=B だと おかしくね? 
と 頭に駆け巡っている 

しかしながら
ポイントはそこじゃない オレも本題に乗れないタイプの同類項らしい
ポイントは『話しかけられやすいかどうか』だった

空気が読めないと云うより
会話の流れがつかめない と云った感じか

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そんな話をしているときに 2階から流石さん(Rさん)が降りてきた
「流石さん!」
オレが呼び止めた


3日ほど前に オレが2階に上がった時に久しぶりの再開
「あ オレさん 少しやせましたね?」
「ん? いや 変わってなんだけど そういえばケーコにも云われたわ」

その夜 夢を見た
流石「オレさん あたしが痩せたでしょ って言ったら 
   君もやせたねって いわなきゃだめでしょう」
オレ「・・・すまん 確かにそうだな 気が利かなかった 申し訳ない」

ayashibito072.gif 夢の中で平謝りである


で この日

「流石さん 少しやせたんじゃないか?」
「やせてません(即答) それは 嫌味ですか?」
「いや・・・むしろ夢のお告げとか」
「なんですか また 夢ですか」



ayashibito069.gif その夢の話をした


実はオレ よく仕事の夢を見る しかもリアルな
だから 睡眠不足の時は リアルの話だったのか 夢の中での話だったのか
結構 混在して確かめるときがある 


アニマ「流石さんが オレさん取扱説明書をつくってるんですか?」
オレ 「まあ 2年も一緒に仕事をしたからね」

流石さんが ドアから出ていった

3秒もたたないうちに 上半身だけがドアから覗いている

流石「オレさん やせましたね?」
オレ「やせてねーっつうの あ 違うわ 流石さんもやせたな!」

アニマ「変な職場ですね」
オレ「まったくだ」

流石「それ オレさんのせいですから」
と 何故か片目をつぶり オレを指差す


まったくである オレの『自分らしさ』など 
この程度であると 認識させられる瞬間でもある
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

Information

恋愛についての アレコレ

はるき♪

筆者:黒い彼//HN:はるき♪ 
世の中の恋愛には 
まったく役に立たない
どうでもいい話を 

オトコ目線で 
思いつきの長文で 




黒い彼series
Copyright © Hammy All Rights Reserved.

Menu

monthly title

comment

openOpen closeClose

list of articles

article search

読めば読むほどコンガラガル そんな恋のお話

平凡な土曜日(曇)

office29.女子力と男子力の相違点

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。